人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


9月定例議会・予算特別委員会質問に立ちます。内容等事前報告

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

直前のブログ(といっても、数週間前になりましたが・・・)では山形県の庄内・最上地域を中心とした豪雨災害の話題でありました。

その後も北海道での地震、相次ぐ台風とあって、災害列島日本であることを思い知らされます。

そのような中ではありますが、恒例の私・渋間の議会質問のブログ事前報告です。

事前、といってもわずか数日しかありません。

県内での自然災害に対しての国政や県政への要請活動をはじめ、ヒドイ日程で入る活動もあって間近の事前報告になります。

自然災害が続発したこともあり、災害対応も含め予算特別委員会で質問に立ちます。

その概要について、以下。


日時:102日(火)午後100200

場所:山形県議会予算委員会室

内容:以下の大項目です(項目名は変わることがあります)


1 河川施設のハード対策における災害想定の見直しと、原形復旧が原則とされる災害復旧の弾力的運用について。


2 「やまがた森林(モリ)ノミクス」=川上:林業活性化、川中:製材業振興、川下:県産木材利用促進 施策の川中対策について。


3 祝日の考え方について。


4 年次有給休暇の取得について。


5 仮称・親学の推進について。


少し詳しく記します。

1の災害想定の見直しは、もはや「異常気象」が異常でなく常態化している中、50年に1度の想定で建設されている河川施設を、想定を一段高い段階に設定する必要がある、との考えです。


2の川中対策は、川上、川下への対策に多くの質問がある中、川中は少なかったようです。しかも川中対策として山形県との対策として重大な欠陥がある事柄について質問します。


3の祝日の考え方というのは、県が6月に祝日がないから、という理由等で政府に6月に祝日を創設するよう提案しました。

その内容は、相当オソマツで政府に提案するには恥ずかしいものと感じたので、祝日というものをどう認識しているのか問うものです。


4は3の祝日の考え方に関し、国際的にみてみても、日本は祝日が非常に多いものの、有給休暇は著しく少なく、このギャップを埋めるために質問するものです。


5は、児童虐待が後を絶たない中で、文字通り親学の必要性を求めるものです。


関心のある方、ない方も含め、議会はどんなところだろう?見てみたい方、誰でも簡単な手続きで可能ですので、ぜひ議会傍聴にお越しください。

お越しになれない方も、山形県議会ホームページから中継でご覧いただけます。

あるいは、当日パソコン上でも時間的に難しい方は後日、録画中継でもご覧になれますので、いずれにしても県政にご関心いただければとお願いいたします。



傍聴、中継、録画などいずれの媒体でも、 ⇒⇒⇒  県議会に関心を持とう!と思う。

(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください



by shibuma | 2018-09-30 21:58 | Comments(0)

2度にわたる最上地域の豪雨被害<現地調査・視察>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

直前のブログでは、米沢・置賜地域の渇水について記しました。

同じ山形県内にあって、南の米沢は渇水で、北の最上・庄内地域は大雨による大きな被害があったことも記しておりました。


県南の渇水は、8月下旬の降雨により、回復されたところです。

一方の県北の最上地域は、8月上旬の大雨被害に続き31日に再度、大雨が同地域を襲い、更なる被害が拡大しました。


先に記した渇水の状況はなくなり、一方の大雨による被害は拡大とのことで被害の状況を視、そして報告しなければとの思いで94日、自民党県議団の有志で、最上地域を選挙区とする地元の加藤鮎子衆議院議員とともに被災地を視察してきました。


はじめに鮭川村の被害を、鮭川村長をはじめ鮭川村議会議員と一緒に視察しました。

多くの箇所を視てきましたが、いずれも山が崩れたり道路や河川の被害とあわせて田圃へも土砂が流れ出していて、収穫を控えた田圃が大きな被害が出ておりました。

d0129296_10444743.jpg

土砂が家屋脇の小屋に入り込む被害もありました。

被災された家族の方は、小屋をはじめ敷地内の土砂のほか、自宅に通じる道路さらに道路わきの水路を自らあるいは家族で片付けられておられました。

d0129296_10445275.jpg

次に大蔵村の被害です。

ここも、多くの箇所を大蔵村長と村議会議員とともに視て回りました。

大蔵村も道路、河川、山林が崩れ、そして農業被害と多数あったほか、スノーシェッド(雪崩防止のためのトンネルのようなもの)まで、えぐられるような被害もありました。

d0129296_10470111.jpg



さらに、ため池が崩壊し、一部でなく数十メートルにわり農道が崩壊しているところもありました。

d0129296_10480925.jpg

坂本議員の案内で地元である新庄市の被害箇所も視、ここも大きな農業被害を確認したところです。

d0129296_10475843.jpg

さらに舟形町へ向かい、町長はじめ町議会議員とともに多くの箇所を視て回りました。

河川堤防が崩壊し、田圃に大きな岩や大木もあり、被害の大きさを物語っておりました。

d0129296_10480455.jpg

いずれの町村も河川、道路、山林が崩れ、それが農地にまで被害が及んでおりました。

しかもそれが何百か所もあり、被害の把握だけでも困難で、復旧はなおさらです。

d0129296_10481592.jpg

農地の復旧は、ある程度の補助はでるものの自前でしなければならず、町村長は異口同音に農家の営農意欲が失われることを相当心配しておられました。

被害に対し、県として対応が必要であることは言うまでもありません。

自民党山形県連として対策本部を既に設置しており、対策本部で対応を協議することになります。

国などにも要望活動を展開していく予定です。

ただ、国の災害規定に該当しないこともあるとしながら、災害が異常でなく、日常的になっている昨今、この規定の見直しを含めて国に要望していかなければならないと考えているところです。



災害が異常でなく日常になっている昨今、 ⇒⇒⇒  規定を見直す必要がある!と思う。

(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください



by shibuma | 2018-09-06 10:58 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line