人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


異常?通常?気象状況に思う <ダムの偉大さ・置賜広域水道・笹野浄水場視察>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

相当に久しぶりの投稿になりました。

言い訳とか理由とか四の五の言わず、まずは本日の活動から思うところを記します。

本日828日、置賜広域水道・笹野浄水場へ仲間の市議会議員とともに視察に行ってきました。

なぜ今、浄水場への視察か?・・・・・

d0129296_22530944.jpg

d0129296_22531684.jpg

今年はとても暑い年で、夏の早いうちから暑く、全国的にそうだったということは、報道からうかがい知れます。

「暑いですねぇ」などと人と会うたびに言って挨拶のようになっていたくらいです。

「危険な暑さ」とも報道されたほどで、熱中症にかかる人も多かったようです。

暑さそのものもそうですが、暑いことに伴う大雨という厄介なものもありました。

7月には西日本豪雨では甚大な被害がありました。

85日には、山形県でも最上・庄内地方での豪雨で河川や道路の崩壊、土砂災害がありました。

被害にあわれた方に、改めてお見舞い申し上げます。

豪雨による土砂災害は大問題で、大きく取り上げられて当然のことです。

ただ一方で、豪雨被害があった同じ山形県内で、米沢・置賜地方は例年になく雨が降らず、渇水という状況は、静かなる大問題なのです。

静かなる大問題ゆえ、米沢をはじめ東南置賜の水がめである水窪ダムと綱木川ダムの貯水率が20%ほどまでとなり、夏休みの子供たちが楽しみにしているプールの使用禁止の措置が出されたり、節水を呼び掛ける事態になりました。

これも暑さによる影響であり、豪雨も大変ですが、ある意味、大変な事態であるのです。
だから、水窪・綱木川の両ダムから米沢・置賜地方に水道水を供給している笹野浄水場への現地調査をした、という次第です。

ダムの貯水率が20%ほどと記しましたが、笹野浄水場の視察をしようとした先週10%台という危機的状況で、その危機に対し、浄水場としてどのように対応しているのか、また今後どう対応していこうとするのか調査する必要があると判断したからです。

今週に入ってから、具体的には日曜日26日から雨が降り出して、少しほっとしたところですが、本日浄水場に視察して、しれでもダム貯水率1%程度の微増であり、事態は安心するまで至っていません。

ただ、現場の声と取り組みは、最悪の事態を招くことのないよう最善を尽くしていることが伺い知れました。

河川利用の各団体への理解を求める必要がありますが、ダムから河川への放流を制限しようとしたりしておりました。

適当な降雨に期待するしかありませんが、われわれ市民にできることとして節水に心掛けるとともに、普段は気づかない水というものに関心を持つことだろうと思います。

いずれにしても、異常気象です。

この異常気象という言い方も、どうかと思うようになってきています。

毎年毎年、所は変われど、日本国内で「異常」といわれる気象状況で被害が出ており、異常というより日常・通常になっているようです。

異常ではなく、通常にどこでもいつでもあり得る、という認識に立たなければなりません。

そこで重要になるのが「備えあれば、憂いなし」ということでありましょう。

今回の視察の主眼としたダム。

改めて、ダムとは偉大な存在であることに気づかされました。

渇水時にも、豪雨時にも、ダムは大きな役割を果たし、われわれの生命と財産を守ることに大きく寄与しているのです。



渇水時にも、豪雨時にも、 ⇒⇒⇒  ダムは大きな役割を果たしている!と思う。

(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください



by shibuma | 2018-08-28 22:56 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line