市民と議会が一体となり「おしょうしな乾杯条例」制定!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

秋の様相も深まる10月のスタート1日は、米沢における乾杯条例の施行日であり、それを祝う記念祝賀会がありました。
なお、10月1日は「日本酒の日」であり、タイムリーな条例施行日と祝賀会になりました。
d0129296_1234657.jpg

小ブログでも何度か報告していたように、米沢における乾杯条例の制定に向けて活動してきました。
というか、米沢における乾杯条例制定を!という言い出しっぺでもあったので、条例ができたことや、その施行日に記念祝賀会が行われたことに感慨一入(ひとしお)であります。

具体的には、今年3月定例議会の一般質問で提言をしました。
参考記事=和食の世界遺産を契機に1<乾杯条例の制定を>

参考記事をご覧いただけるとわかりますが、質問当時での市長サイドとのやりとりの中で、行政側は乾杯条例の制定にやる気がなかったし、もとより議員提出条例にすべきと思っていたので、議会内で担当委員会を産業建設常任委員会に決定し検討することになりました。

運よく担当委員会に所属していたので、その後、条例制定に向けてどう進めるのか?委員会で話し合いました。
私・渋間としては、議会側だけで決めるのではなく、市民の皆さんの意見を取り入れながらつくるべきとしました。

市民側として関連団体の代表者十数名をお招きし、条例制定の検討委員会をつくり、協議を重ね、この9月定例議会でできたのが「米沢市地酒による乾杯を推進する条例」であります。
協議に参加していただいた市民委員の皆様の真摯かつ参考になる意見の数々があっての条例制定であり、ここに感謝申し上げます。

県内各地に乾杯条例がありますが、米沢の条例は特徴があります。
市民の代表者と協議を重ねてできたのは、おそらく米沢の条例だけでしょう。
さらには、地酒とあわせて郷土料理の推進もうたっているのが特徴といえるのではないでしょうか。

また、おそらく米沢市議会では初となる議員提案による政策条例といえると思います。
(議員発議の条例はこれまでもありましたが、議会内部のことを規定する条例であり、市民全般に関わる「政策条例」はこれまでなかったように記憶しております)
d0129296_1241044.jpg

本日3日の山形新聞に掲載されておりましたが、米沢の条例の特徴などがあまりなかったために、上記の経過や特徴をお知りおきいただきたく報告する次第です。

なお、この条例には通称があり、米沢弁でありがとうを意味する「おしょうしな乾杯条例」としたところです。
おしょうしな乾杯条例の制定を機に、市民の皆様、観光客の皆様、ぜひ米沢の地酒と食を堪能してくださいますようお願いします。

さっそく小野川温泉組合が乾杯条例にちなんでお得なプランをつくったりしていただいております。
市民と一体となって今後一層の米沢市政振興のため頑張る想いになったところです。


市民と議会が、⇒⇒⇒ 一体となって市政振興すべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-10-03 12:04 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line