人気ブログランキング |

素晴らしい和製漢字 「国」

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

議会のそれぞれの委員会の審議も終わり、本会議を残すまでとなりました。
委員会がある日から、毎晩のように会合などが続いており、今後も続く日程です。

先月、先々月は何かと出張が多く留守がちでしたが、今月は議会もあり地元にいる時間があり少しはゆっくりできると思っていました。
しかし、続く忘年会やクリスマスパーティ、反省会で相変わらず、です。
ブログの更新も今頃になってしまいましたが、思うところを本日。

この間、ブログで日本語について記してきました。
文字と言葉のところでは、相当数の日本が和製漢語をつくり支那へ輸出していることについて触れました。
和製漢語のみならず、日本人がその独特の感性で漢字そのものをつくっています。
今回は日本人が考え出した漢字を紹介したいと思います。

まず凪(なぎ)などは、海洋国会・日本ゆえに考え出された漢字といえるでしょう。
躾(しつけ)は礼儀を重んじる日本人そのものといえるかもしれません。
働く、これは最たる日本人気質でしょう。

他にも栃(とち)、畑・畠(はたけ)など日本人が考え出した漢字があります。

どれも日本人らしさが表れていて感心するところですが、私・渋間が最もそう思えるのは、「国」です。

支那では「國」と書いておりました。
漢字が日本に導入されたときは、日本でも國と記しておりました。

しかし、国構えの中にある文字は「武器」を表しており、武器で守るのを「國」としているのです。
これは日本にはなじみません。

そこで日本が日本たる所以(ゆえん)である、天皇陛下でもって守られている国、ということで「国」としたのです。
だから国構えの中は、王でなく玉なのです。
(玉音といえば天皇陛下の声ということからもおわかりいただけると思います)

これには皇帝を抱く支那も驚き、感心し、支那でも「国」を取り入れたという次第です。

やはり日本人が考え出した「国」は素晴らしい漢字であり、素晴らしい「国」が日本国なのです。


日本人が考え出した「国」の漢字⇒⇒⇒日本らしさを表すものであり、素晴らしい!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 

by shibuma | 2013-12-15 12:43 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line