<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「政党の公認」ということと「デマ」

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。


統一地方選挙に向けた活動の最中です。
選挙の準備期間ともなると、さまざまあるものです。

デマもその一つで、よくある話です。
私・渋間というか、政党というものに関し、デマがありました。

デマを流した方が負けるという、国会議員秘書時代も含め長い政治・選挙の経験則からあてはまることで、良い傾向だと思っております。
ただ、個人的には良い傾向だと笑っていても、こと政党に対するものに関しては、やんわりと事実を述べなければなりません。
政党の公認というものを、ブログ読者みなさまと考える機会になればと思います。

政党の公認とは、どの政党であれ、それら政党が責任をもって信頼を付与するものと考えております。
間違った人選をすれば、その政党の信頼にかかわるものになるからです。

もちろん、最初から政党の公認を要請せず、無所属で臨む候補もおり、それは正しい姿です。
政党の公認を申請して、ハズレて無所属になる人もおります。

私・渋間は、自由民主党の公認を得ました。
その責任を痛感しております。
米沢市区の場合、もう一人が自民党公認となり、責任政党として党公認2人の必勝体制で臨むことになっております。

ここで、デマです。
自民党公認どうしを分断するようなデマです。

つまり自民党公認の私・渋間と無所属が一緒に活動し、もう一人の自民党公認を追い落とそうとする、というものです。

ありえません。

友党や自民党公認どうしが組むことはあっても、正しい姿の無所属であれ、どんな無所属であれ、まして他党と組むということは断じてありません。

政党の公認というのは、そんなに生易しいものではありません。
政党の公認を得ることによって失うものもあるかもしれません。
その覚悟があっての公認なのです。
公認を得た者同士の強烈な覚悟なのです。

繰り返し述べますが、政党の公認とは、間違った人選をすれば、その政党の信頼にかかわり、どの政党であれ、それら政党が責任をもってその人に信頼を付与するものなのです。

以上が私・渋間の政党観です。
私・渋間の政党人としての基本的なスタンスを知っている人ですらデマを信じさせるのですから、ある意味、天才詐欺師的な者がいるものだと、有権者にとっては「振り込め詐欺」くらいの注意を払って政治・選挙情勢をみていくしか正しい判断はありません。

公認を得た者にとっては、デマを糾弾し、勝ち進んでいくしかない!そう思えております。


選挙準備活動中によくあるデマは、 ⇒⇒⇒ 糾弾し、勝ち進め!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                
[PR]

by shibuma | 2015-02-20 23:51 | Comments(0)

感謝!!<紀元節と雪灯篭祭りとバレンタイン>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

朝は辻立ち、日中・夜は招かれたり主催者になったりしての会合続きの毎日です。
だからといってブログ更新が遅れ遅れになる理由にはなりませんが、これまであった会合や出来事などを時系列で報告します。

2月11日は紀元節、建国記念の日は恒例で、上杉神社で奉祝祭に参加してきました。
宮司の挨拶は毎回そうですが、心打つものがあります。
心打つ話は相当の紙面を使いそうです。
一言で言うなら、遠く先人に想いを寄せ、今があり、今を生きる我々は感謝しかありません。
d0129296_23375117.jpg

ただ他愛のないことかもしれませんが、宮司がおっしゃった「全国各地で紀元節の奉祝祭が行われておりますが、大雪の地域で行っているのは米沢・・・」という話は、なるほど、と思うものがありました。
もちろん、大雪でも紀元節に行う、という明確な意思があることは言うまでもありません。
d0129296_23381322.jpg

ただ、「雪灯篭まつり」と同時期、ということも大きい要因ではないかと思えました。
紀元節でお伺いした上杉神社周辺は、雪灯籠つくりの最中であることが物語っているようです。

そして2月14日の雪灯籠まつり。
米沢青年会議所も素晴らしい事業をしておりました。
d0129296_23383797.jpg

農業委員会による婚活事業で参加者が雪灯篭をつくったところにお邪魔しました。
カップル誕生になればと願いました。
d0129296_23385563.jpg

折しもこの日はバレンタインデー。
娘が手作りしたクッキーをいただきました。

クッキーには文字が・・・
泣けてくるくらい嬉しいものがありました。
d0129296_23392062.jpg

お父さん、頑張る!ありがとう。

脈絡がないようだけど、私・渋間の中ではつながっている紀元節と雪灯篭祭りとバレンタインデー。
どれも「感謝」しかありません。


いろんな行事や主催会合は、「人」が介在していて ⇒⇒⇒ 感謝しかない!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                
[PR]

by shibuma | 2015-02-17 23:39 | Comments(0)

市議会・一新会との懇談会でますます強まる県政への想い

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。


毎朝、同志とともに街頭活動から始まるという工程表のような日々の中、変化もあります。
市議会議員時代に所属していた会派・一新会との懇談会にお招きをいただきました。

市議辞職してから2か月程度とはいえ、久しぶりのように感じたのは、いつも一緒にいたことの証のようです。
しかも、県政を目指すにあたり、市政の現状を知る必要があるだろうという、涙が出るような配慮です。
改めて一新会のみなさん、ありがとう。

さて、この時期は3月定例議会を控え、提出予定議案などについて報告があり、それに基づいて協議会や勉強会が開かれております。
とりわけ3月議会は「予算議会」とも呼ばれ、平成27年度の米沢市政を占う重要な議会でもあります。

だからこそ、市政の現在の様子を知るいい機会をつくっていただいたと思っています。
ただ、予算案の内容を聞いて、愕然としました。
伺った範囲でいえば、そんな予算案では閉塞感ある米沢は、ますます閉ざされてしまいそうです。

米沢市政運営はマイナスですが、プラスの発想でいけば、市政の現状をお知らせいただいた私・渋間は、県政に行かなければ!と、ますます想いが強くなった次第です。
さらには、市議との連携をうまく取り合える仲間がいることは、何よりのプラスのいい点です。
市の足らざるところを県で補わなければならない!そう思える機会になりました。

現在の市議の皆様は、3月定例議会で予算案が提出されるにあたり、1月2月と協議会などで現状をもっともよく知る方々です。
この間、2か月もかけた協議を無駄にすることなく、協議から審議に移る3月定例議会では、まさしく議論の場として、職責を全うして欲しいところです。
問題の多い予算案だからこそ、なおさらそう願わずにおられません。

「義」を「言」うと書いて「議」なのですから、3月定例議会ではこれまでの勉強会などをもとに大いに議論をする議会になるだろうと、そう感じた一新会との懇談会でした。


義を言うのが議⇒⇒⇒ 議論をする議会であるべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                
[PR]

by shibuma | 2015-02-10 23:43 | Comments(4)

将来への明確な意識で県政に挑戦<政談演説会報告>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

ブログ更新が大幅に遅れてしまいました。
2月に入ってから朝の辻立ちをしており、夜も変わらず会合が入っていたりしておりました。
朝、見かけたらぜひ、ご声援のほどお願いします。
d0129296_2354336.jpg

さて、政談演説会のご案内を小ブログでさせていただいていたため、その結果もまた報告しなければならないと思い、今頃になりましたがその報告です。

林英臣先生との演説会は、お陰様で多くの人にお越しいただき、会場は満員でした。
しかも、こういった演説会には珍しく(?)若い人々の姿が多く、他の多くの演説会にも弁士として演説している林先生も、若い人が多いことに驚かれているほどでした。
d0129296_236318.jpg

私・渋間からは、県政に臨む決意と想いを述べさせていただきました。
子育て・青年世代を代表して臨もうとしているこの度の県政を目指す戦い。

紛れもない事実として少子化の問題が言われております。
間違いなく人口減少するから経済も何もかも縮小する、というような暗いイメージがあります。

しかし、だからといって縮小傾向の施策では夢がありません。
人口減少と地方経済活性化の二つの課題を同時に解決しようとする地方創生法があります。

ただ、法ができたからといって課題を解決するものではありません。
地方が独自に総合戦略の計画を立て、実行に移さなければならないのです。
その計画が特徴なきものであれば、その地域は生き残れない、という厳しいものなのです。

特徴ある地方創生のためには、我々若い世代が声を出していかなければなりません。
人任せでは、我々の子供の世代が成人したときに、「あの時、親父たちの世代は何をやってきたんだ?」などと言われかねません。

だからこそ、子育て世代を代表して責任ある対応をしていかなければならないと思うのです。
もちろん先輩世代にも、子育て世代の至らぬところを補っていただかなければなりません。

日本しかないものとして、家族の間で呼び合う時、一番小さい子供にあわせて、それぞれを呼び合っている姿があります。
自分の父親だけど、小さい子供にあわせて「じいちゃん」と呼ぶのは、おそらく日本だけでしょう。

よって小さい子供にあわせて考える習慣があることから、それこそじいちゃん世代も小さい子供を思い、若い子育て世代を補って応援していただきたいのです。
そんな私・渋間の政談演説の一端をブログで報告させていただきます。

林先生の講演は、リーダー論です。
小ブログにしては少し長くなりましたし、林先生の講演を端的に記すのは浅学菲才の身には困難です。
後日改めて記すことができればと思っております。

いずれにしても、少なくとも私・渋間は、政策と将来への明確な意識をもって県政への挑戦に臨むのだ!との再認識した政談演説会になりました。


渋間よ、お前は⇒⇒⇒ 将来への明確な意識をもって県政の挑戦に臨め!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                
[PR]

by shibuma | 2015-02-05 23:07 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line