<   2014年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


発想の転換と元氣で未来を切り拓こう!<担手経営塾>


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

年度末の土日は、さまざまな団体の総会に参加したり、さらには友人の結婚式までもありました。
認定農業者会議の総会の直後、「米沢市農業担い手経営塾」があり拝聴してきました。

3人の講師による講演とパネルディスカッションで、そのうちの一人、観光カリスマ工藤事務所の工藤順一代表とは、青年会議所時代にお世話になった方で、久しぶりにお会いする機会になりました。

他の講師は、社団法人JC総研の松岡公明理事と農事組合法人・村木沢あじさい営農組合の開沼雅義組合長です。
なおJC総研とはJA総合研究所と 協同組合経営研究所が合併して発足してできた、元農林水産省所管の団体で、青年会議所のJCとは異なります。

そのJC総研の松岡理事の話も、開沼組合長の話も農業事情のみならず、地域づくりにとても参考になり報告したいところですが、字数の都合上、別の機会をつくり記すことにして、今回は旧知の工藤代表の話を紹介したいと思います。

工藤さんは観光カリスマの称号を持つほど、これまで奇抜なアイデアで主に寒河江・村山地域でさまざまな事業を展開し、成功させてきました。
りんご風呂やさくらんぼの種飛ばし大会(今となっては普通になっていても当時は、種を飛ばすなんて!と煙たがられたそうです)、経営が悪化したホテルの改善などなど多数の実績を誇ります。
d0129296_8324962.jpg

『「発想の転換」と「元氣」で未来を切り開く』と題しての講演は、バシバシ心に響きました。
コンビニの原点はおにぎりを売りだったことを考えれば、まず元気でなく「元氣」とすべきである、と言います。

さらに、自分が変わる必要があるとして、「あいさつ」を挙げられました。
あ・・・明るく
い・・・いつも
さ・・・先に
つ・・・続ける
挨拶に限らず、自らを元氣に、何事にもあてはめて「あいさつ」をしていくことが発想の転換に至る意識改革になるということです。

また知恵を「智慧」に変え、お客様目線で地産地消ならぬ「旬産地笑」で、「笑売」することが顧客獲得につながるということです。
ともすれば、「傷売」をしているように見受けられる店もあり、それは消えてしまう「消売」になり、やはり儲けも出して「笑売」をすることだということです。

かつてサクランボの自由化で米国産の脅威がありましたが、工藤さんは当時から「アメリカからは絶対に勝つ!」と言い切ったのは「旬」のものを好む日本人の特質を見抜き、笑売に徹していたそうです。
とにかく日本語も発想の転換をして事業に臨むべきという話です。

もうここまで来ると、感激するばかりでした。
というのも、私・渋間のこれまでの一般質問で「志は氣の帥(すい)なり」というように、元氣や勇氣、根氣など全ての氣の大本は志であり、中学2年生で立志式をすべきだ、と言っていたりしました。

また昨年の6月議会で高齢社会を、9月議会で少子化を、いずれも「発想の転換」で乗り切る提案をしたところです。
さらに12月定例議会では、英語教育もいいけれど日本語の重要性を言い、日本語は言霊というように言葉には魂が宿るから、発する言葉・日本語は重要と申し上げておりました。

言っていたことを観光カリスマから代弁していただいたような、お墨付きをいただいたような、そんな気持ちになり感激した、という次第です。
パネルディスカッションでは、松岡さんから「6次産業というけれど、志農工商であり、志が中心にあって農工商の連携で6次産業が完成する」と志の話までいただき、私・渋間の主張のお墨付きも完成した感じがしました。

ともあれ農業担い手経営塾でありましたが、農業に限らずあらゆる産業に通じる講演であり、「発想の転換」と「元氣」で未来を切り拓くことができるのです。


発想の転換と元氣で、⇒⇒⇒ 未来を切り拓こう!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-31 08:33 | Comments(0)

長く続けると、見失う。<権力は腐敗する>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

年度末は特有のものがあります、というか時期時季に特有なものがあるのが日本であり、やはり日本はいい国だとつくづく思います。
年度末でいえば、この時期まで書類をそろえなければならない多くの作業に追われています。

さらにこの季節は送迎会があります。
議会主催による市の幹部職員の送別会がありました。
長年にわたる職務に敬意と感謝を申し上げます。

送別会の中で、これまでをふり返り、職務を全うするにあたり一つ、というか大きな指針にしてきたものがある、という話を聞きました。
それは「行政は法律に基づき,かつ法律 に違反してはならないという原理」です。

それゆえ先の2月臨時議会で指摘した安部市政の法令違反は、ゆゆしき事態であり、提訴されたら相当に「ヤバイ」状況だったといえます。
さておき「行政の法律に基づく原則」を守り、日々の仕事をしていくのが彼ら公務員だったのです。

だった、と過去形にしているのは「今は」違う、ということです。
全ての市職員というわけではなく、ほとんどの職員は法令順守しております。

ただ使用者から直接なり関節的に指示されれば、動かざるをえなかった職員がいる、ということです。
新文化複合施設を法令違反もかまわず、やみくもに進めようとした姿が「行政の法に基づく原則」をゆがめてしまったのです。
そして職員に責任を押し付けてしまうとは・・・

「権力は腐敗する」とは至言です。
長くその立場にあればあるほど、権力を持っている人が意識していなくても、周囲が腐敗していくものです。

退職する人が残そうとした心からの言葉から、思い至りました。
今の状況を変えなければならない想いです。


権力は、⇒⇒⇒ 腐敗する!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-28 23:25 | Comments(8)

議決とはいえトンデモ理由での賛否

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

3月定例議会が終わり、待っていたかのように行事が続きます。
市民の関心が高い新文化複合施設について、3月定例議会でどのような議論があったのか、遅ればせながら本日。

先月は急に2月臨時議会を開き、施設建設予定地に地下残存物の撤去費用を求めてきました。
既に小ブログで記しているように、事前着工つまりは法令違反をしており、法令違反を認めるような議会はありえませんし、事実そうなりました。

さらに2月の臨時議会の反対討論で述べたように、賛成できない他の理由は、
1 撤去作業の工法について、複数社から見積もりを取り、経費を適正に示すこと、という理由がありました。
2 市長が責任を取り減給すると言いながら、その規模も時期もわからず、責任の取り方として明確でないこと。

さて3月の定例議会。
今度は、「法令違反の疑いを払拭して提出しました」と市長が述べ、議案を提出してきました。
調査したところ今度はまともな手続きをしてきたようです。

そして撤去作業の経費は複数社から見積もりし、500万円ほど経費削減につながる予算案を出してきました。
さらに、特別職の減給処分については、報道のとおり市長は1か月50%の減給、副市長は1か月30%の処分という案が提出されました。

2月臨時議会で反対理由で求めたことは全て提出してきましたが、要はその内容です。
特に市長の減給処分については、驚くことに「減給をする必要がない」と公言する議員がいて反対する姿もありました。
多額の経費をかける割にはどうかと思われる減給処分の内容ですが、反対して「減給の必要なし」とされるのはありえなく、市長の減給処分は当然としたところです。

撤去作業の違法性ある手続き、市長の減給内容、撤去作業の工法の見積もり、いずれも2月に反対としたことはクリアし、反対する理由は見当たりません。
単純に反対して工事を止めることも考えられますが、何も残らないものに違約金など8億円以上の経費がかかり、現実的ではありません。

そうはいってもこれまでも巨額の費用をかけて、市民感情からしてもこれ以上の経費をかけるのはありえない、という意味で付帯決議を提出することを条件に会派として認めることにしました。
つまり予算内で事業を完工せよ、という条件です。

行政当局は、予算内どころか契約内の経費で事業を完工することは当然としており、議会が行政より“ぬるい“判断するはずがない、と思っていました。

ところが・・・!!!
その付帯決議は賛成少数で否決されました。
いわば行政にフリーハンドで新文化複合施設の建設を議会が許したようなものです。

付帯決議を何度も提出するのはどうか?などという意味不明な理由で反対もありました。
付帯決議を何度も出さなければならない状況をつくった安部市政に言うべき話なのですが・・・

市長の減給の必要なしと言ってみたり、付帯決議を否決し条件なしに、いわば市民の税金の使われ方がどうでもいいと思っているような議員がいるのが米沢市議会の現実の姿です。
問題が多く、どうかな?という安部市政ですが、議員もだらしがないと思われるかもしれません。

自分自身の考えは、こうしてブログで表していて、もちろんその考えに反対する市民もいるでしょう。
市民も多様でいろんな意見があると同様、議員も多様でいいのだけれど、誰がどのような言動をし判断をしたのか、せめて市民として知りたいところだと思います。

市議会ホームページから動画が配信されておりますので、特に議論の中心である委員会の様子をぜひご覧ください。
やはり市民による不断の議員チェックは必要なのです!


市民の議員チェック⇒⇒⇒ 必要だ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-26 23:40 | Comments(4)

自ら気付かなければ、人は行動に移さない〈木村俊昭氏講演会〉

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

3月定例議会が終了したその晩、米沢青年会議所主催の公開講演会にお伺いしてきました。
講師は木村俊昭さんで、小樽市職員、内閣府出向さらに農水省大臣官房企画官、現在は東京農大教授などの経歴を持ち、超プラス思考で“熱い”人です。
d0129296_21291243.jpg

『「できない」を「できる」に変える実現力 繋がることで地域を元気にする』という演題でのお話は、全国各地の自治体や商店街、集落等を実際に元気にしてきた経験に基づき、説得力があり納得や気付きが多いもので有意義でした。

自治体や集落など大きな単位でなくても、個人の会社であれ店であれ言えることは、
「一言でいうと、どんな店にしたいのか?」ということに一言で答えられるものにしなければならない、ということです。

また、「自ら知り、気付かなければ、人は行動に移さない」ことに納得しながら、ともすれば命令口調になったりしていて実際はなかなかできずにいることにも気づかされました。

成功事例の商店街や集落、自治体は「急がず、焦らず、慌てず」じっくり一つ一つ成し遂げてきた、といいます。
これも成果を急ぎ過ぎて、禍根を残しそうなことが実際に市政で起こりつつありそうで警句のように感じられました。

「一言でいうと」「人が行動に移すということ」「急がない」ということはつまり、講師の木村さんが言う①情報共有 ②役割分担 ③事業構想ということになりそうです。
とても小ブログでは紹介しきれないほど充実したもので、自分自身のことも含め、相談されている事案へ大いに参考になる講演でした。

自分で気付けば、⇒⇒⇒ 自ら行動するもの!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

先の3月定例議会・一般質問「和食の世界遺産登録を契機に施策の展開を 1乾杯条例の制定を 2農業技術の表彰制度について」が動画配信されました。
ぜひご覧ください。
渋間かすみ一般質問動画

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-25 21:31 | Comments(4)

今ある事業は先達の「想い」<祝!新栗子トンネル貫通>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

昨日は新栗子トンネルの貫通式があり、本日の地元新聞や中央紙の地方版でもそれら報道がありました。
さらに本日は町内会の総会もあり、懇親会の中でそのトンネルの話も出るほど関心が高い内容です。

開通すれば日本で5番目に長く東北では1番長いトンネルになります。
福島(福島県)と米沢(山形県)を結ぶトンネルであり、単に地域を結ぶものではなく人や物、文化もつながるものである重要な道路です。

トンネルの重要性が存分に発揮されたのが前進である「栗子隧道」です。
栗子隧道の重要性については過去のブログにも記しているのでそちらをご覧ください。
明治天皇命名「万世大路」を歩く
「道」は開ける!
残し伝えたいもの!<万世大路開通130周年>

栗子隧道の歴史の延長にある新栗子トンネルの貫通式はめでたい話であり、関係者がお祝いに訪れた様子がFBや新聞にあり、嬉しい限りです。
あくまで貫通であり、開通までもう少しで本当の喜びは今しばらくです。

ただ、貫通に至るまでに多くの人が、長いトンネルだけにそれこそ長い時間をかけてできたトンネルであることを忘れてはなりません。
その意味で、努力というか汗を流した人がメインにいないことは、当人たちはいざ知らず、私・渋間には何かしら違和感がありました。

折しも貫通式の前後に2人の国会議員が我が家へ訪問されました。
貫通式に出席ということは知らずのことだったので、その辺の事情は話しませんでしたが、単に国会議員だから呼ばれて出席したという意識ではなく、先達の努力があってできたトンネルということを忘れてはならないと思うのです。

先達がどれだけ苦労苦心して、どれだけ汗を流して、どんな経緯(いきさつ)で貫通の運びとなったか、逐一知らないまでも、その経緯と気概や気持ちくらいは知ってほしいものです。

一大事業のみならず、今ある大小さまざまな事業の背景には、先達があってでき、その当時のその先達の心意気があって成し得たものであることは、国会議員のみならず我々地方議員も含め、その気持ちをもって臨まなければならないものと肝に銘じて活動しなければならない想いです。


今ある事業は、⇒⇒⇒ 先達の想いの継続!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 


先の3月定例議会・一般質問「和食の世界遺産登録を契機に施策の展開を 1乾杯条例の制定を 2農業技術の表彰制度について」が動画配信されました。
前半13、14分だけでもぜひご覧ください。
渋間かすみ一般質問動画
[PR]

by shibuma | 2014-03-23 20:50 | Comments(2)

「わかりやすい行政コスト表示」で新たな政策目標を!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

議会も終盤というか、残すのは議案の採決がある本会議だけになりました。
3月定例会は予算議会と言われるだけに、予算特別委員会での質疑応答について思うところをブログに記してきました。
この間、卒業式はじめ会合などありましたが、小さなことですが大きな意味があると思っていることについて報告します。

それは「広報よねざわ3月15日号」に掲載されていた「わかりやすい行政コストの表示」です。
これは2年ほど前の6月定例議会で、私・渋間の一般質問で提言しました。
d0129296_120847.jpg

行政上のことだけでなく市民として、自分が利用している行政サービスが、利用料より多くのコストがかかっており、そのコストは自分も含め誰かの税金でそのサービスが受けられる、ということを知りえる機会になります。
人はひとりで生きているのではなく、生かされて生きている自分に気付くことにもなるのです。
といった考えのもとでの質問でした。

その当時の答弁から前向きなもので、実行に移されました。
わかりやすい行政コスト表示が実際に市報に掲載されて昨年から今回で2度目になったという次第です。

2年ほど前の提言したときと今回を比較してみます。
市営プール利用者一人当たりのコストは、 
2年前・・・12 00円
今回・・・・2855円 と悪化しているようです。

放置自転車対策では、
2年前・・・8634円
今回・・・・2827円 と改善しているようです。

なお算出方法が異なったりしているかもしれないので、単純に悪化、改善と言い切れないところがありますが、一応の指標になるというものです。

また提言した時点で、
このコスト表示は、市民にとってもわかりやすいほか、数値を知ることによって新たな政策目標にもなります。
と言っていたように、どの施設や施策に努力が必要なのか、良くなったのはどのような改善策を展開したのか、などと政策に活かされるのです。

改善されたところがあるだけでも、提言して良かったと思って見た「広報よねざわ3月15日号」でした。


わかりやすい行政コスト表示で、⇒⇒⇒ 市民としても行政としても課題が見えてくる!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-21 12:00 | Comments(0)

計画倒れの障害者スポーツ振興<パラリンピックで思う>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

予算委員会の続きです。
商工費では、山形ディスティネーションキャンペーン(DC)の取り組みについて市民の周知と協働について伺い、さらに消防費では、消防団員の処遇改善を私・渋間からも言わせていただいたうえで、常備消防と消防団との連携強化について質しました。

教育費で、道徳教育の教科化の取り組みについて、社会教育部門ではコミニュティセンター老朽化について、それぞれ質問を通じて考えるところのあるべき姿について申し上げました。

字数を割いて報告したいのは、教育費の中の保健体育費における障害者スポーツにいて、です。
ソチでのパラリンピックも終了し、日本人選手もメダル獲得するなど活躍の姿が見受けられました。

健常者でもあのような急な斜面を上手にスキーができるものではないのに、車イスならぬスキー椅子というのでしょうか、それで滑降する姿は感動しました。
障害者のスポーツ振興は、生きがいになるものと思います。

民生費でも保健体育費でも障害者のスポーツ振興予算が見当たらなかったために、どこにあるのか、振興しようとしているのか質しました。
答弁は、民生費の中に大会参加費助成費があるという程度で、とても障害者のスポーツ振興のためのものではありませんでした。

何も大会に出場するだけでなく、純粋にスポーツを楽しむような、ほんとうに生きがいになるようなものが、スキー椅子購入補助などのようなものがあっても良いはずです。
米沢市スポーツ振興計画には、障害者のスポーツ振興がうたわれております。
なのに予算措置つまり実行が伴っていないのです。

計画倒れでない、計画の実行が求められているものと考えています。
障害者スポーツ振興のみならず、市にはいろんな計画があり今後は注視していく必要がありそうです。


障害者のスポーツ振興、⇒⇒⇒ 計画倒れにしてはならない!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

先の3月定例議会・一般質問「和食の世界遺産登録を契機に施策の展開を 1乾杯条例の制定を 2農業技術の表彰制度について」が動画配信されました。
前半13、14分だけでもぜひご覧ください。
渋間かすみ一般質問動画



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-19 21:01 | Comments(2)

連続性がある山と里と街<有害鳥獣対策は市全体で>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

予算委員会の続きです。
米沢市の街中にもイノシシが現れ、大騒ぎになったことは報道でもありました。
米沢の有害鳥獣対策事業は主に猿による被害に対するものがほとんどで、議会でも何度となく質疑が繰り返され、対策事業費も増加してきました。

しかし今度はイノシシと、新たな対策も必要になっているところです。
そこで先進事例ではレモングラスというハーブの香りをイノシシは嫌い、効果があるうえ、ハーブを特産にするといった一石二鳥の対策もある、という提言をしました。

なによりも大事な視点を述べさせていただきました。
というのは、有害鳥獣には農林業費で対策が講じられておりますが、農業の問題だけにせず、市全体の問題にすべき、ということです。

今のところ山や里山の農地の段階で有害鳥獣を止めていますが、街中にも現れているのは本市も最近あったばかりです。
近くでは数年前に長井市で熊が小学校に入ってきたということもありました。
そうすると、やはり有害鳥獣対策は市全体の問題として捉え、予算措置も事業も行わなければならないと思うのです。

もとより山と里、里と街の間には壁などなく、連続性があるのです。
上流から下流への「水」の連続性があることを考えればわかりやすくなると思います。
動物も同様であり、こと有害鳥獣ならばなおさら市全体で取り組む必要があります。
というより当然のように市全体で取り組まなければならないのです。


山と里、里と街⇒⇒⇒ 連続性がある!と思う。
有害鳥獣対策は、⇒⇒⇒ 市全体で取り組むべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

先の3月定例議会・一般質問「和食の世界遺産登録を契機に施策の展開を 1乾杯条例の制定を 2農業技術の表彰制度について」が動画配信されました。
前半13、14分だけでもぜひご覧ください。
渋間かすみ一般質問動画


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-18 14:36 | Comments(3)

内部でチェックできないなら・・・<監査委員>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

予算委員会は終わりましたが、今週は今日の中学校の卒業式と火曜の小学校の卒業式、それに春分の日もあり、委員会の審議などはあと2つだけ残すこととなりました。
やはり4月からの新年度予算審議は重要で、直前のブログの他にも取り上げた内容について報告したいことがあり、その都度記すことにします。

総務部門では、市報の在り方について広報費で質し、また統計調査費で以前の一般質問で提言し実行の運びとなった地籍調査の実施について経費のかからない調査の仕方を再提案しました。

民生部門では、子宮頸がんワクチンの危険性について保健衛生費で質しました。
生活保護費は今年度ですでに9000万円以上の減額補正となり、新年度予算でも前年比より7000万以上減額になったことは、受給世帯が減少したことによるもので、いい傾向です。
自立支援の充実を継続するよう求めたほか、生活保護費がパチンコなどギャンブルに使われることによって自立を妨げてはならない旨、申し上げました。

予算書の前半では上記のようなものですが、字数を要して報告したいのは監査委員費です。
議会でもあまり触れられることがないのが監査委員費です。
なぜ監査に触れたかといえば、先の2月臨時議会で安部市政は「法令違反の可能性を否定できない」と言っており、そのような運営している行政に対して、議会・議員よりも詳細にチェックできるのが監査だからです。

しかも安部市政においては法令違反の指摘を受け、再発防止策を策定することにしております。
予算額に対して契約額との請負差額があり、その差額で工事を進め、差額以上の工事費を使ったことから違法性が出たため、今後は行政側として契約額内で工事をする!としたのが再発防止策の一つです。

そのような防止策ならば、契約外のおかしな物品購入などないか、なおさら監査の役割は重要になり、今後の監査の意気込みを尋ねました。
すると・・・前例踏襲や手続き論のような話で、とても再発防止策を意識したものではない答弁でした。

議会選出の監査がいるので、そこに期待するしかありません。
ただ、行政の違法性について、監査は本来もっと神経質にならなければならないところですが、質疑などもなく神経を尖らせている様子がなかったのが気がかりです。
(我等が会派・一新会はありえませんが)議会も慣れあいになってチェック機能が働かないならば「外部監査」を米沢市に導入するしかない、そう思えた予算委員会の一場面でした。


内部でチェックできないなら、⇒⇒⇒ 客観的な外部からの目線が必要!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-16 15:24 | Comments(0)

被糞公害に悲憤慷慨(ひふんこうがい)

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

1週間かけ予算特別委員会も最終日です。
款項目を1日単位で区切って会派質ごとに疑応答をします。
例えば1款・議会費、2款・総務費は1日目、3款・民生費、4款・衛生費、5款・労働費は2日目・・・というように、それが会派の人数に応じて時間配分されます。
d0129296_1743568.jpg

昼などの休憩をはさむ時は、秒単位で残り時間が示され、シビアなのです。
会派の人数が多ければいいというものではありません。
会派内で時間配分したとしても、予定より多く質疑する同僚がいたりすると「おい、コラ!」ということなり、ある意味大変なのです。

さておき、そのような経過で1週間かけ、4月からの大事な市民サービスを実行するための予算委員会は終了しました。
議員によっては一つの事柄に時間をかけることもありますが、私・渋間は時間内で端的に数多くの質問をすることに心がけました。

行政には多くの「気付き」を与えられたものと感じているところで、今後の行政運営を注視していくことになります。
それでもブログでは絞って報告しなければなりません。
タイトルのペットによるフン公害について、です。

ペットを飼うのは子供にとって、自分の経験からもいい経験です。
ペットを飼うことの素晴らしさ、癒しを理解できるからこその苦言です。
特にペットのフン公害は、雪解けとともに顕著になります。

4款・衛生費において、ペットの飼い主が散歩をする際は、フンの後始末をしなければ衛生的に問題であり、6款・農林費、7款・商工費、8款・土木費にも影響し、皆が迷惑するため、取り組みについて質しました。

後始末のために袋をもって散歩し、始末をするのは「当たり前」。
後始末のための袋などを持っていないのは、もとよりモラルが低い人と言えます。
さらに、袋を持ちながらも、その袋はカモフラージュで実際に始末をしないのは、なんというか「人としてどうかな」と、それこそ始末におえない人も見受けられます。

そこでペット税を導入している自治体は、フン公害対策にどのくらいの予算が必要になったときに導入しているのか。
税導入というのは、一部の人のせいで多くの人の負担になり、慎重になるべきです。

ただ、税を導入している自治体は、一部でないと認めたので導入したのでしょう。
よって心無い飼い主の割合がどの程度でペット税を導入したのか、清掃費用がどれくらいになったから導入したのかなど研究すべき、と質しました。

行政当局でも困っていたようで、研究はじめ、できることから対応していくと珍しく前向きなものでした。
財政に関わる話など、もっと本質的な質疑もしたところですが、ブログという性質上、市民とともに街をよくしていくための話題として取り上げてみました。

こう書いたりすると、仲間からは「有権者にはペットの飼い主がいるから、損をするからやめておいたら」などとよく言われます。
しかし、国民におもねた政権は結局、国をダメにする姿を目の当たりにしてきました。
街を良くするのは政治に携わる者の役割であるのは当然で、それだけでなく市民としても良くしていくものだと思い、述べ、行動していくつもりです。


市民として、⇒⇒⇒ 自らの街を自らの手で良くしていこう!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2014-03-14 17:08 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line