<   2013年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


「久しぶり」もいいものです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

先月は出張が多かったことを小ブログで書いておりました。
今月は比較すれば少ないと思っていましたが、結構あり11月最後の出張は東京でした。
東京へは羽田や東海道への通過点として来ていても、滞在ということでは久しぶりのような気がします。

あちこち行くと東京は近く感じてしまいます。
その感想は、私・渋間のみならず関西地方の仲間も同じようであり、いかに東京へのアクセスが整備されているか思い知らされます。
今後の日本の課題は、横のつながりをつくっていくことだと考えられます

さて東京へは高校の同窓会で行きました。
といってもそれだけではもったいないので、個人的に国会へ行き要請や提言などを済ませてきたところです。

東京での高校の同窓会へなにゆえ参加したのか、といえば我々の卒業学年がジュニア幹事学年になっており、学年として締めの応援歌のリーダーをしてくれ、という話があったからです。
なお我々の学年は魁成会(かいせいかい、平成元年の卒業ということで平成に魁(さきがけ)る、という意味)といい、私・渋間は当時の応援団長をしておりました。
なによりも母校は来年、創立130周年を迎えることになり、その前年から盛り上げていかなければなりません。
d0129296_1334105.jpg

東京同窓会の場所は東京ドームホテルで、周囲の環境もとてもいいホテルでした。
地元の開催では見かけない「おいしい山形」のマスコット「ペロリン君」も来たり、山形の芋煮ブースなどもあり、違う感覚になり面白かったです。
d0129296_13343354.jpg

応援団の後輩といっても在京の学生で現役に近い後輩たちも、応援披露がありました。
d0129296_13351118.jpg

私・渋間の出番は、締めの応援歌斉唱のリーダー役。
どうにか務まったようです。
d0129296_13355757.jpg

務めも果たし、旧友と杯を交わすのは格別でした。
どこにいても、仲間はいいものです。

久しぶりの応援団リーダー、久しぶりの仲間との出会い、久しぶりの東京・国会と、久しぶりのこともまた良いものがあると感じた出張になりました。

久しぶりも ⇒⇒⇒ 良いものがある!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-30 13:35 | Comments(0)

英語もいいが、むしろ日本語をしっかり学ぶべき!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

定例議会が始まっている自治体もあると思います。
米沢は12月2日から始めることなど、段取りを決める議会運営委員会がありました。

一般質問の順番も決まりました。
他の議会では提出の順番という所もあるようですが、米沢の場合、くじ引きで決めます。

私・渋間は6番目、一般質問初日のトリということで、12月4日(水)午後3時ころとなります。
恒例により何を質問するのか、事前報告します。

今回の質問の大項目は、「日本語教育の重要性について」というものです。
具体的な項目として「外国語教育も良いが、むしろ日本語教育をしっかりとすべきではないか」さらに、
「行政の外来語=カタカナ語表記について」という項目で質問します。

小学校5年生から英語が必修となりましたが、これはこれで良しとするものの、だからこそ母国語たる日本語をしっかりとする必要があるのではないか、と思います。
英語に限らずさまざまな教科で共通するのは、国語がしっかりしていると理解度が高い、ということです。
ゆえに国語なのです。

さらには、日本語のルーツや意味合いを知れば知るほど驚きの凄さがかわります。
林塾で学んだことの一部でもご理解いただけたらと思います。

また以前、NHKがカタカナ語の表現や表示が多くてニュースで情報を得ようとしても逆に苦痛を感じ、損害賠償請求されたということがありました。
行政もまた然りです。

言葉は時代とともに変わりますが、あまりにも軽率な外来語引用は能力がないものです。
かつて明治政府は文明開化を国是とし、西洋文化を取り入れましたが、言葉まで外来語=カタカナ語表示にはしませんでした。
ピープルを人民と訳し取り入れたのは日本人です。
そういう意味では現在、支那で使われている人文科学の漢字の7割は和製漢語なのです。

面白い話があって、かの支那は中華人民共和国と名乗っておりますが、「人民」「共和国」は日本人が考え出した漢字であり、「中華」しかオリジナルは残らないのです。

こういう先人たちの努力があって、漢字の国に輸出までしたことを思い浮かべ、安易にカタカナ外来語を使うのではなく、少し考えるべきではないか、と思います。

もちろんすっかり日本語になっているカタカナ語もありますが、真新しいものを何でもカタカナ語にするのでなく、年配の人でも誰にでもわかるように、特に行政は気を付ける必要があると思い、正していきたいという質問です。

改めて、渋間かすみ12月定例議会一般質問

日時:12月4日(水)午後3時ころ
場所:米沢市議会本会議場
内容:日本語教育の重要性について
   ①外国語教育も良いが、むしろ日本語教育をしっかりするべき
   ②行政における外来語=カタカナ語表記について

どなたでも簡単に傍聴できます、ぜひお越しください。


英語もいいが、⇒⇒⇒ 日本語をしっかり学ぶべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-28 12:03 | Comments(3)

ブーメランで返り討ち<特定秘密保護法審議で思う>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

特定秘密保護法案が衆議院を可決し、今後は参議院での議論になります。
報道は強硬採決のような言いぶりですが、ちょうど委員会審議を見ていたので感想をいうと、強硬採決のように見せかけていた、というのが率直なところです。

民主党の近藤何某(山形県関係者ではない、名前忘れた)は問い詰めようとしたがかえってブーメランを食らっていたというのが印象的でした。
つまり東日本大震災直後の福島原発事故で大事な情報を秘密にしたではないか、という近藤氏に対し、安倍総理は、そもそも秘密保護法がない時点のことであり、当時の政権(民主党)の判断で秘密にしており、国民を信じて公表すればよかった、というような発言をし、ブーメランで一本取られた感じさえしました。

むしろ法の制定で、時の政権のように何もかも秘密にするのではなく、何を秘密にするのか法で明確にする効果があるのではないか、とさえ思えてきた委員会でのやり取りでした。

そもそも民主党も維新の会も対案を出すくらいですから、大局的には特定秘密保護法の必要性は認識しているようですが、またパフォーマンスに走る姿が見透かされております。
さらに酷いのは、ニュースで反対デモの姿がありました。

東京しかも国会にいる私・渋間の仲間から、それらデモの参加者には北教組と革マル派がいた、という情報がありました。
思い出すのは最近記したブログ「強い労組の弊害<JR北海道に乗って思ったこと> 」です。
デモの前にまずは北海道で市民・乗客の安全を確立したほうがいいんじゃないか、と思えてきます。

更にニュースで、それらデモに参加した人へのインタビューを紹介しており「知りたい情報が入らなくなる、危機だ」などと言っている人がおりました。
この人は、防衛上の作戦などの情報を知りたいのでしょうか?

報道といえば当初、特定秘密保護法案について「民主主義を壊すもの」などと言っておりました。
ほとんどの先進国は特定秘密保護法を持っており、そうするとアメリカはじめ特定秘密保護法を持っている国は民主国家でない、という理屈になります。

もっと言えば、尖閣諸島での領海侵犯し日本の海保船に激突した支那の漁船の映像が公開されたことについて、当時の多くの日本人は絶賛しましたが、とある新聞(大手2社)は、秘密を明らかにしてケシカラン、という論調でした。

2社の新聞さんは今、特定秘密保護法に反対のスタンスですが、尖閣での衝突漁船の時は映像を秘密にすべきという立場だったわけで、どっちですか?2社の新聞さん?
ここでもブーメランです。

国家機密はあって然るべきと考えます。
しかし何もかも機密にしてしまう、という懸念に対しては第3者機関を設置することによって懸念を払拭しようと、その方向で安倍首相も検討しております。

日本はスパイ天国と言われ世界各国から狙われており、大きく国益を損なっている、という視点を忘れてはなりません。
針小棒大に騒ぐマスコミや北教組や革マル派のデモをよそ目に、われわれは大事なことを見極めなければならないのです。


見極めないと、⇒⇒⇒ ブーメランで戻ってくる!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-27 09:07 | Comments(0)

未、初、珍の写真紹介。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

定例議会を控え議案の調査や一般質問の準備をしながらも、地域のことや行事などが続くこの頃です。
議会を控えている今頃のことや行事のことを書くのは、新たな感想があれば記したいところですが、恒例行事になって同じ感想になり、しかも固いブログ記事にいつもなりがちです。

よって時事的なものでも固いものでもなく、時間を戻して以前撮影した写真で見たことがないもの、珍しいものを紹介したくなり、そうすることにします。
いつもブログやフェイスブックで報告しようとして気になるものを写真にしておりますが、出張が重なったりして、タイムリーに載せられなかったのを今、ようやく日の目を見ることになり嬉しいものです。

まだ1か月もたたない前の今月はじめ(11月2日)に、農業委員会のそば打ち体験のブログを記しました。
南原・関地区が会場だったので、帰り道に近くの「トトロの森」に寄ってみました。

トトロの森は季節ごとに味わいがあり、秋のトトロの森も見るべきと地元の方に教えられていたのです。
確かに、紅葉し秋ならではのトトロの森になっておりましたが、展望台の直前にはなんとヒマワリの花が咲いているではありませんか!
しかも蝶々がヒマワリにとまっている!
d0129296_2353866.jpg

11月にヒマワリの花はかつて見たことがありません。
異常気象ではないか、そう思えてきます。

さらに時間を戻してみます。
7月は参議院議員選挙でその手伝いで動き回っておりました。
特に自民党県連青年部は首相など応援弁士が来県すると、触れ込み遊説など機動的な役割を担います。

ちょうど安倍首相が村山市にみえたとき、ふと天を仰ぐと太陽を中心とした雲というか影というか虹みたいなものがあり、撮影。
d0129296_236676.jpg

気象庁によれば気象現象であり異常ではない、と翌日の地元新聞に掲載されておりました。
が、私・渋間にとっては見たことがなく、珍しかったので掲載します。

夏の参院選はそんなことで青年部長として何かと慌ただしくしておりました。
県内各地を移動するにしても、依頼した出前が少し遅れてしまい、行儀が悪いですが移動しながら車内で冷やし中華を頂いたりもしました。
d0129296_2364274.jpg

そんな人を見たことがないということで隣に乗った方が笑いながら、車で出前の冷やし中華を食べるの図、として写真を撮られました。
自身、初めて移動中の車で出前の冷やし中華を食べることになったし、時間が迫っていて仕方がないことですが・・・

見たことがない、珍しい情景を写真にし、ここに皆さんと共有したくご報告いたします。
あまり意味のないブログで大変恐縮です・・・


たまには⇒⇒⇒ 意味のないブログもいい!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-25 23:08 | Comments(0)

社会の弊害を取り払え!<大覚院の火祭に臨んで>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

11月23日は勤労感謝の日ですが本来は新嘗祭であり、新穀を捧げ感謝する意味合いがあります。
美味い米をいただけるのを当たり前と思わずに感謝の気持ちが必要だとこの日があることで思い起こされます。

その新嘗祭に毎年、地元の上郷地内にある天王山・大覚院で秋の火祭りが行われ、久しぶりにお伺いしてきました。
火祭りでは護摩を焼き八方除を行うもので、ブログ読者にもご利益が授かりますよう、ご報告いたします。

大覚院の八方除は、日本古来の修験道=山伏の総本山である京都の聖護院に伝わる最高秘法と大覚院に伝わる家相上の八方守護の火祭りです。
来たる新年の八方位から生ずる障りから守るという日本でも珍しい伝統行事です。
d0129296_1549547.jpg

弓矢を放ち八方を清めたり、ついた餅をいただいたりと様々な儀式が行われ、いよいよ護摩を燃やします。
d0129296_15492646.jpg

最初は煙が立ち込めて風の向きによっては相当煙いです。
しばらくすると煙が炎になり、天気は良かったのですが風が強く、寒さを感じる中、火にあたり暖かく感じました。
d0129296_15494745.jpg

それにしても多くの方々が火祭りを見守っております。
参加者も護摩を火の中に入れる時は、結界の中に入ることができ、私・渋間もそうしてきました。

護摩供は諸々の悪因縁を焼き払う意味もありますが、私・渋間は政治や社会で弊害になることを取り払わなければならない、そんな意識の大覚院の火祭り参加になりました。



大覚院は人々の悪因縁を焼き払い、⇒⇒⇒ 政治に携わる者は社会の弊害を取り払うべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-24 15:51 | Comments(0)

強い労組の弊害<JR北海道に乗って思ったこと>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

北海道に行き北海道を少しは満喫したかったのですが、翌日に議会・委員会を控えそうできなかったと恨み節のような直前のブログになりました。
が、北海道をとても意識した出来事や会話があったので、本日そのことについて。

千歳空港からJRで札幌駅に向かう途中、なぜか電車が停止。
アナウンスで「事故のため緊急停車しております」とありました。
d0129296_1575375.jpg

JR北海道といえば、事故や不祥事が後を絶たず、いろんなニュースになっております。
レールの検査ではデータの改ざんもあり、乗客の命などは後回しのような対応をしている姿が明らかになりました。

私・渋間の遭遇したのは踏切人身事故でしたが、緊急停車のアナウンスで、否応なくJR北海道のデタラメぶりを思い起こされました。
それらのことは会議のあった会場でも話題になり、自民党北海道連の青年局長などは労働組合が強い北海道しかもJRということに起因している、との話には納得でした。

JR北海道の不祥事について、普段はあまり見なく、たまたま付けてあった報道ステーションという番組で、JR北海道の労働組合について報道されておりました。
あまり見ない報道ステーションですら取り上げるくらいだから、北海道そしてJRの労働組合のヒドさは目に余るものがあると、容易に推察されます。

その後、注意して報道等をみてみると、JRそして北海道の労働組合の非道ぶりは、推察でなく確信となってきました。
運転士がアルコール検査を拒否している事実もわかり、もう解体的な出直ししかJR北海道の信頼回復の道はないでしょう。

それにしても地元の自民党北海道連の青年局長といい、党本部から来ていた宮下青年局次長(山梨県選出)の話といい、労働組合が強いところは大変な様子です。
山梨県は日教組のドンみたいなのがいて政治介入は当然と公務員法違反を黙認しており、北教組の問題では、国会議員が辞職しております。
組合が強いところに共通する弊害について、良く聞く機会にもなりました。
d0129296_1584597.jpg

(↑写真;会議で山形県連の報告と提言をする私・渋間、そして座長の北海道連青年局長とその隣に党本部・宮下青年局次長)

特にJR北海道は、北海道という組合が強い地域柄、そのうえJR労組は革マル系という、なんとも恐ろしい労組と地域柄とのダブルパンチがもたらした非道ぶりということがわかりました。

組合の意義はあるものと思いますが、あまりにも強いのは大きな問題です。
適正な勤労に、適正に応えるよう求めるのは当然です。

しかし、権利ばかりや協定を縦にとって「働かなくても報酬はいただく」「自分さえ良ければ乗客はどうでもいい」といった風潮ができてしまったのが、JR北海道の不祥事であり、強い労組の結末と思えてきます。

北海道を別の意味で満喫した出来事になりました。


強い労組は⇒⇒⇒ 人命の危機になる!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-22 18:07 | Comments(3)

先進事例の情報共有化<視察報告会>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

北海道での東北・北海道ブロック自民党青年部長会議について報告しておりました。
滅多に行かない土地なので、ゆっくりしたかったところでしたが、翌日に議会で所属委員会があり、すぐ米沢に帰りました。
今度行くときは、ぜひ北海道を楽しみたいところです。

この度の委員会は12月定例議会を控え、委員会で審議される提出議案の説明があり重要です。
ほかにも重要な要素があります。
というのは先月の委員会による管外行政視察について市当局と先進事例を共有すべく、視察報告会があったのです。

視察した3つの都市のうち1つが私・渋間と同じ会派の斎藤千恵子議員とともに報告しなければなりません。
我々は出雲市での取り組み「いずも空き家バンク」について報告しました。
なお、いずも空き家バンクについては、かつてのブログにも記しておりますのでご覧ください⇒いずも空き家バンク制度 <神在月の出雲にて>

さて報告は、実物投影機を使いながら行いました。
これだとパワーポイントを作成しなくとも、いただいた資料をダイレクトに使えます。
d0129296_2241561.jpg

とはいってもポイントを報告し、質疑応答で深めようとしました。
とりわけ関心がある空き家に関する取組だけに、他の都市の事例より職員からの質問が多くありました。
いざ受ける側になると、なかなか答弁とは難しいものだと感じました。

報告し質疑をし、答弁することによって、お互いに理解が深まったものと思います。
総じていえば市当局とも先進事例の情報を共有することは、大事なことです。
そのことがより良い米沢市政につながることになればと思う次第です。


議会と行政が先進事例の情報を⇒⇒⇒ 共有すべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-21 22:44 | Comments(0)

日本は日本らしく<自民党 東北・北海道ブロック青年部長会議>


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

自民党の東北・北海道ブロック青年部長会議が北海道札幌市で開催され、山形県連を代表してお伺いしてきました。
北海道は2度目で、行っているようでなかなか行けない場所ときており、タイトな日程の中でしたが、意を決して行ってきました。

仙台空港から千歳空港そしてJRで札幌駅へ。
駅から二条市場まで歩いて昼食に行き、途中、大通り公園とテレビ塔を見ながら少しは観光気分にもなれたところです。
d0129296_15323362.jpg

さて、青年部長会議。
党本部から松本青年局長、宮下次長も参加しての東北・北海道の代表者が各地の青年部の今年度と次年度の活動について報告と、全国の青年部としての事業など多岐にわたることについて話し合われました。

自民党本部では「日本を元気にする国民運動」を小渕優子本部長にして始動しております。
デフレ経済下での閉塞感を解消するのが狙いであり、東京オリンピック・パラリンピックの決定で、明るい兆しがある今こそ、アベノミクス効果を全国津々浦々まで波及させようとするものです。

山形県連として私・渋間は、経済的な効果も必要ですが、それに伴い日本らしさもまた復活させなければならないのではないか、と提言させていただきました。

日本らしさとは「おもてなし」の精神をはじめ、秩序や礼儀正しさ、勤勉さなどであり、これまで日本人が当たり前に持っていたものが失われつつあります。
もとより世界中から絶賛されていたそれら日本人の精神であり、日本は日本らしくあることが世界の規範になると思えてきます。

日本を取り戻す必要があるのです。

党本部でも研修事業などを企画しているとのことで、日本が日本らしくなることを再確認できた青年部長会議となったところです。
その意味でも、また久しぶりに行った北海道という空気もあいまって大変有意義な会議となりました。


日本は⇒⇒⇒ 日本らしくあるべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-20 15:33 | Comments(0)

支那と韓国は放っておくに限る。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

日々の身の回りの出来事についてブログ更新することが多かった昨今、以前から書こうと思っていた時事的なことについて本日。

最近目に余る支那と韓国の日本への嫌がらせ。
東京オリンピックの招致にいたっては韓国による妨害工作さえありました。
他にも情報戦と称して、ありもしない日本の嘘の姿を世界各国に広めようとする両国はみじめです。

日本の毀損を許すまじ、との思いはあります。
嘘を広められたらカウンターを打たなければなりません。
しかし、国内においてはシナ・韓国は放っておくに限る、という認識になっております。

日本そして世界から見たら、みじめなほど嘘を塗り固めている両国。
怒りもありますが、ここにきて日本国内の雰囲気も変わりつつあるので、むしろ良い方向ではないか、とさえ思えてきます。

まずは日本国内がまとまらなければなりません。
両国のお蔭でその状況できつつあるようです。

地政学的に朝鮮半島は日本ののど元に突き付けられた刃であり、半島にまともな国が必要です。
が、日本国内で日本人による反日勢力や政党があり、国内に半島を抱えているような状況を解消しなければならないのが、まず先に立つものと考えます。

国際的には日本への毀損へはカウンターを打ち、国内においては支那・韓国は放っておくに限る、という結論です。


支那・韓国は⇒⇒⇒ 放っておくに限る!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-18 22:11 | Comments(0)

地方議員だからこそ見えてくる国の姿 <部分観より大局観>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

12月定例議会に提出される議案はじめ運営についての協議をする議会運営委員会が本日ありました。
この度の定例議会では、39の議案がありそのうち29件が消費税増税に伴う利用料等の改定のための議案です。
d0129296_22411390.jpg

政策的な議案は少なく、いわば消費税増税に対応するための議会となります。
消費税増税については、かつてのブログの通り増税する時期にない、というのが私・渋間のスタンスです。
デフレ経済下での増税は本末転倒であり、経済が過熱気味になってはじめて消費増税であるべきです。

しかし増税が決まってしまってからでは、増税そのものよりも、どうやって経済成長をしていくか、ということに専念しなければならないと今となってはそう考えています。
一方で、あれほど消費増税をあおっていながら、現今のマスコミは経済成長が鈍化、消費増税の影響懸念、などと言う始末。

おいおいどっちだ?

こういった消費税の話など、国政の課題を地方議員が言っても仕方がない、とはよく言われることです。
しかし、現今の国政の携わる人の話には、なぜか国政全般にわたる話などなく、部分的な話ばかりです。

内閣にあっては大臣など、国会にあっては委員長など、党にあっても誰もが言うのは「私の仕事を全うしたい」といういわば部分の仕事です。
ある程度の理解はできるものの、やっぱり部分観でしかありません。
大局を見て国会に携わっている人は(携わっていた;過去形も含め)知る限り数人しかおりません。

地方にいるからこそ見えてくる国の在り方、ということもあります。
この度の議運に提出されたほとんどが消費税関連の議案にみるように、地方に、市民生活にダイレクトにかかわってきます。
基礎自治体で市民に最も近いところにいる地方議員だからこそ、国の施策というものに無関心ではいられないのです。

専門でないから、などと言い訳ができない、むしろ何でも地方に降りてくる状況だからこそ大局が見えてくるのが地方議員のように思えます(もちろん、地方議員が皆そうとはいえませんが・・・)

今定例議会でも国の在り方というものを意識しながら臨んでいきたい、そう思えた議会運営委員会になりました。


部分観でなく、大局で政治を見る⇒⇒⇒ 地方議員が必要!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-11-15 22:43 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line