<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


昭和天皇の御思いが息づく町内会の作業

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

大型連休は鯉のぼりの竿立て作業でスタートし、その後、山形市議会議員の浅野やすし君の結婚式に御祝いにお伺いしてきました。
遠くのテーブルの人が見えないくらい盛大な結婚式で、ゆっくり話せなかったため、改めて申し上げます。
浅野君、おめでとう!明るく賑やかな家庭を築いてください!
d0129296_12382288.jpg

翌29日は恒例行事です。
我が家の前が県縦断駅伝大会の中継地になり、町内の河川清掃、そして浅川地区の観桜会というパターンがずっと続いております。
特に町内の河川清掃について、思ったところを・・・
d0129296_1239748.jpg

100軒超の坂町町内において、ほぼ全員が出ての河川清掃です。
河川はみんなのものであり、みんなでキレイにしようとする気持ちで取り組んでおります。

4月29日に河川清掃をする意味があるものと強く感じました。
ご存知のとおりこの日は昭和天皇の誕生日であり、昭和天皇は緑をこよなく愛され、環境にたいへん関心をもたれておられました。
よって「みどりの日」として祝日になり、今は「昭和の日」となっております。

新緑の中、河川をキレイにし(=公・おおやけ)のために、みんなで活動する。
まさしく昭和天皇の御思いが息づいている町内会の作業であると感じたところです。


昭和天皇の御思い、⇒⇒⇒  引き継がなければならない!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-30 12:39 | Comments(0)

変わらないために新たにしていく<鯉のぼり竿立て作業>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

この時期は転退職者に感謝し、転入新任者をお迎えする歓送迎会が続いております。
いずれにしても新しい局面を迎える皆様であり、新天地での活躍や活動を期待するところです。

「新たなこと」を意識する昨今ですが、変わらないこともまた必要なことです。
変わらないために新たにしていく、新たにしたことを変えずに続ける。
逆接的で哲学的なものすら感じますがが、そう思えてなりません。

昨年と変わらないこととして、また我が家の「鯉のぼり」を揚げました。
木製の13,4メートルはある竿なので、人手が必要で、仲間やご近所にお手伝いしてい
ただいております。
声をかけることが地域コミュニティー再生の一つになれば、という思いもあります。
d0129296_10152380.jpg

手伝いの要請をしても、みんな快く引き受けていただきました。
子どものための作業ですが、子どもよりむしろ大人の我々のほうが楽しんでいるようです。
連休前の「変わらない」作業でありながら、ウキウキして新たなものを迎える気持ちになりました。

元気に泳ぐ鯉のぼりをみながら、自主憲法制定などはまさしく、変わらないもの(=世界に貢献する日本)のために新たにしていく必要がある!と強く思う連休初日になりました。


変えないために、 ⇒⇒⇒  新たにすることもある!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-28 10:20 | Comments(0)

林芳正・農林水産大臣にモノ申す!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

経団連の米倉弘昌会長と林芳正農林水産相とが会談し、農地の集約による生産現場の強化など、農水省が打ち出した「攻めの農業」を推進する方向で一致した。
米倉会長はTPP交渉参加となり、さらに農業改革は喫緊の課題になっている。
食料自給率の向上や担い手の育成などに向けた官民一体の取り組みの重要性を改めて強調した。

というような報道を見聞して「本当に現場を理解しているのだろうか?」という疑問が残りました。
あえて林農水相にモノ申します。

(自民党はこの点、若手がベテランに対して党内で大いに議論できる風土があり、恐ろしい教条主義の政党との違いは明白です)

「攻めの農業」というと聞こえはいいですが、日本のブランド農作物は海外に高く売れるので、それを伸ばすというように聞こえます。
逆にいえば、海外の安い農作物を輸入すればよいとも聞こえるのです。

最近のブログにも記しましたが、日本農業には、国産の安全で安心な農作物をできるだけ安価に安定的に提供する使命があるのです。
いわば地産地商の視点が抜けているように見受けられます。

さらに、農業は単に産業・経済活動という側面だけでなく、農業の営みそのものに、洪水防止機能、水源涵養機能、土砂崩壊防止機能など多面的機能があり、無意識のうちに我々を災害から守っているのです。
農業の価値を換算する試みでは、(洪水対策のための堤防建設、水源涵養のためのダム建設など)森林も含め、国家予算に匹敵するほどの莫大な価値があります。

おそらく経団連は、農業をひとつの産業としか捉えていないでしょう。
しかし、述べたように産業・経済活動だけでない価値が農業にはあるのです。
これを経団連に教える必要が、林・農林大臣にはあると思うのです。

農地を集約するのは良いでしょう。
しかし中山間など集約しにくい所はどうするのか?むしろ中山間ほど、農地の多面的機能が存分に発揮される場所はないのです。

細かいところも含めて、林・農水相には言いたいことがたくさんあります。
林大臣は地方や現場の意見を聞いてから経団連との懇談をした、という形跡はどうも見当たりません。
ぜひ、地方・現場の声を聞いてから臨んで欲しいものです。


地方や現場の声を聞いてから、 ⇒⇒⇒ 政策形成や合意すべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-24 23:59 | Comments(0)

憲法改正悪玉論者は、国民を信用していない!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

2年ごとの議会人事の時期に差し掛かっております。
会派は政治行動を共にし、同じ理念や考え方の人たちが集まるものと考えております。

そんな話をしていると、憲法の話にまで及びました。
そこで昨今いわれている憲法改正について、思うところを記したいと思います。

憲法改正というよりは、自主憲法制定といったほうが適切です。
自民党は結党以来、自主憲法制定を党是としていきました。
だから国民の支持を得、政権を担うことになれば当然、憲法制定に着手しなければならないものと思っております。

報道では、憲法改正のための96条の改正は、平和憲法でなくなるような論調やコメントをする愚かな著者、コメンテーターがいて驚きます。
96条改正を悪玉にする人は愚かというか、国民を信用していない、と断言できます。

憲法改正の手続きは、国会議員3分の2の賛成と、国民投票によって半数を得る必要があります。
ダブルのチェックが必要なわけですが、これほど厳しくしている国はありません。
何十年も憲法が変えられない先進国はありません。

せめて国会議員の半数で憲法改正の発議がなされ、あとは国民投票という形で国民に委ねる、というのがスジだと思うのです。
つまり96条を現行のまま厳しくし、現実的には国会議員による議決をさせないというのは、国民に判断をさせない、ということに他ならないです。

憲法改正や96条改正を悪玉にするのは、国民を信用していない、といえ、「国民」という視点が抜け落ちているのです。
報道では国民という視点が抜け落ちているか、あえて取り上げていないようです。

私・渋間は自主憲法制定しなければならないと考えております。
そう考えていても、最終的な判断は国民にあり、国民が自主憲法制定NOというならば従います。
しかし、国民の判断に委ねる前の段階で、事実上ムリというのはおかしな話です。
だから96条改正をしなければならないのです。

まして政治家が改正悪玉論者ならば、なおさらで酷い話です。
国民を信用していない政治家が、国民から信頼される政治家になれるはずはないのです。
何度も言いますが、憲法改正や96条改正について悪玉論を述べる人は、国民を信用していない、ということです。


96条改正悪玉論者は ⇒⇒⇒ 国民を信用していない !と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-23 13:20 | Comments(0)

いついかなる時も! <雪の“春季”消防演習>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

今冬の大雪であれほどあった残雪も、すっかり溶けて消え、春の様相も見え始めていたこの頃で、車のタイヤも替え、庭の雪囲いも取り外しておりました。

雪や冬は終わったと思っていた矢先、大雪です!
そのような中、「春季」消防演習がありました。
とても「春季」といえる気候でなく、とても寒い中の演習です。
d0129296_1713498.jpg

早朝からの演習で、今回は西部地区で行われました。
火災防御訓練は、地区にあるグループホームから出火という想定でした。
施設の皆様にもご協力をいただいた演習は臨場感あるものでした。
d0129296_1714896.jpg

また延焼もあったとの想定で消防団による放水もあったところです。
施設はじめ地域の皆様にはご協力ありがとうございました。
d0129296_17142968.jpg

西米沢駅前通りからの消防団と婦人防火指導員、常備消防・車両の分裂行進は、雪が強くなる中、頼もしく思えてきたところです。
d0129296_17144560.jpg

西部地区から移動し、今度は松川河川敷公園で演習になります。
河川敷公園は雪が積もっており足元の悪い中、さらに場所がら風が強くて寒い中、それでも小隊訓練はこれまた整然としており、安心感を得られるものがあります。
d0129296_17151888.jpg

雪、雪、雪と、雪を強調しての消防演習について記しましたが、強調してもしすぎることはないくらいです。
観閲するわれわれは、防寒着のままでもすごく寒く感じたぐらいですから演習参加の団員たちは、われわれの想像以上の寒さだったでしょう。

それでも消防団長の話は心打たれました。
寒いとか、季節はずれの雪とか、それも想定しておかなければなりません。
いついかなる時、火災・災害が起きるとも限らないことであり、これも訓練、というのです。

そうはいっても、米沢市消防団、米沢消防署のみなさん、寒い中、雪の中、風の中、市民の安全安心のための演習、ご苦労様でした!また、ありがとうございました!

私・渋間としては、行政上のこととして、想定外も想定のうちにして危機管理に臨まなければならない想いに至ったところです。


消防団のみなさん! ⇒⇒⇒  「いつも」ありがとう!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-21 17:17 | Comments(0)

統計調査員の活動はまちづくりの基礎!感謝!<総会祝辞>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

米沢市統計調査員連合会総会にお招きいただき、祝辞を述べてきました。
d0129296_21443964.jpg

統計調査員の皆さんは、行政情報としての客観的かつ基礎資料としての統計調査業務を滞りなく遂行されておられます。
業務のほかにも、さまざまな事業参加があり大変なご労苦があるものと感じております。

お忙しい中の業務であり、また昨今の個人情報保護法などで調査環境も厳しくなる中、感謝するばかりです。
ここでも個人情報保護法が「足かせ」になっているようです。

守秘義務がある民生児童員が、地域の独居老人を守るために行政情報を得ようとしても、行き過ぎた個人情報保護法を盾にお知らせしようとしません。
個人情報保護法はある意味必要ですが、地域の人々を守り義務もある民生委員などにもとなると、運営面に問題があると強く感じております。

かつて一般質問で指摘し、それ以降、議会でも多くの議員に認識が深まりつつあります。
それが統計調査員にも影響を及ぼし、風通しの悪い、息苦しい世の中になっているようで、改めていかなければなりません。

それにしても統計調査員の皆様には頭が下がります。
高度情報化社会といわれる中で、行政情報の基礎資料になっているのは、ひとえに統計調査員の皆様のおかげであります。

議会での議案、政策判断にしても、執行部の計画策定にしても、統計調査に基づく資料があるからです。
統計調査員の皆様の活動があってこそ「まちづくり」ができており、調査員の皆様を誇りに思います。
誇りをもって、今後とも活動されますよう期待します。

おおよそですが、以上のような内容で祝辞をのべたところです。
祝辞をそのまま、統計調査員の皆様への感謝と私・渋間の活動報告といたします。


統計調査員の活動は、 ⇒⇒⇒  まちづくりの基礎だ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-19 21:45 | Comments(0)

老舗企業が多い国・地域は、良い国・素晴らしい地域!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

いろんな行事が続き慌しくしている中、政務活動もしなければなりません。
以前、老舗企業について議会で一般質問をし、老舗企業には多大な関心を持ち続けております。
そこで米沢市内の老舗企業を調査することにしました。

なにゆえ老舗企業に関心があるのかといえば、老舗企業が多い国や地域は、良い国であり素晴らしい地域であるといえるからです。
そこで、老舗企業を顕彰すべきとした以前の一般質問について以下、簡単におさらいしておきます。

日本は老舗大国であり、世界中で1000年以上続く企業は日本にしかありません。
さらに200年以上続く老舗は世界に7000社あり、うち半分近く3000社が日本にあり、第2位のドイツは800社です。
日本の老舗起業数は世界で圧倒しているのです。

歴史がある国というイメージがありますが、実は支那で200年以上続く企業はわずか9社、韓国は皆無、ゼロです。
なぜ、日本に老舗企業が多いのか?

ひとつには地政学的に恵まれていて、他国からの侵略を防ぐことができたことです。
現在の、領土領海を守らなければならない問題に、相通じるものがあります。

また、額に汗して働き、継続することを尊いとする価値観を日本人が持ち合わせていることです。
確かに支那でも継続の文化がなかったわけではありません。
しかし、共産主義化されてから、古いものを蔑(さげす)み、破壊すべきという考えが浸透し、文化大革命の名のもとに、伝統や文化が徹底的にズタズタにされてしまい、結果的に老舗が極端に少ない、ということです。

さらに、老舗は守るべきことのために、改革を続けていることが挙げられます。
保守したくば改革せよ、の理(ことわり)どおり、保守政治の考えそのものです。

老舗企業についての一般質問をおさらいしてみても、改めて老舗企業そして日本の凄さが実感できるというものです。
老舗、つまり「続ける」ことの凄さ、続けられる環境や人間性があることは、多くの人に知っていただきたい事実です。

なお、山形県は老舗企業率で全国1位です!米沢にも多くあります。
だからこそ、地元の老舗企業を調査することにしております。
行事や議会活動の合間の政務調査になりますが、データ収集と分析をし、次なる老舗企業を増やしていきたいと考えております。

老舗企業が多い国は、 ⇒⇒⇒  良い国だ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                    
         フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-17 22:55 | Comments(6)

被災地の復興は、誇りある地域となる復興へ!

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

以前のブログに記した石巻市議会補欠選挙が14日(日)始まりました!
同志の阿部としき君の出陣式・第一声にお伺いしようと、朝5時に米沢を出発しました。朝5時ころの空はだいぶ明るくなっていて、季節の変化を実感したところです。
d0129296_15123122.jpg

さらに街頭演説でも応援弁士のお手伝い。
米沢からは私・渋間と中村圭介議員、他にも深谷・多賀城市議、的場・川崎町議が駆けつけました。
もちろん選挙初日の前後にも、既に来ていたり、これから参加するメンバーも多々おります。
写真↓は中村議員の応援弁士の姿!
d0129296_15125330.jpg

昨今の日本を取り巻く状況は、危険きわまりないものがあります。
かつて江戸末期の日本の危機に際し、明治維新を成し遂げたのは、下級武士でした。
現在の下級武士たる地方議員がその担い手となって、今の危機を突破しなければならない!
その思いを共有し、一緒に勉強している仲間たちです。

石巻は東日本大震災で甚大な被害があったところです。
今もって震災の爪あとがあちこちに残り、見受けられます・・・
復旧復興が争点になりますが、どの候補も復興のスピードを急ぐことを言うでしょう。

目前のスピード感は大事です。
それと同等に大切なのは、10年後20年後にも誇りうる地域づくりになる復興でなければなりません。
20年後も現役世代で地域づくりをするのは、つまり責任ある復興を目指すのは、34歳の阿部としき君であると確信しております。

初めての選挙や出遅れもあって厳しいものもありますが、ぜひ阿部としき君へのご声援を!と強く願う応援になりました。


被災地の復興は、 ⇒⇒⇒  スピードが大事!20年後も誇りある地域づくりとなる復興も大事!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-15 15:15 | Comments(0)

日本農業の使命

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

米沢の今冬は昨年に続き大雪でした。
大雪はただですら大変ですが、大雪の爪あとへの対応も大変です。
大雪は農業への甚大な被害をもたらしております。

市議会・農林業振興議員連盟による大雪被害の管内視察に参加しました。
昨年と同規模かそれ以上の降雪だった今年、被害は昨年よりも少ないようです。
それは融雪が早かったことと、昨年の反省から対応がまともになったこともあります。
それでも数千万円の被害です。
d0129296_2333443.jpg

米沢の味ABC(A=リンゴ、B=米沢牛、C=鯉)の筆頭、舘山リンゴの畑では、昨年より被害が少ないとはいえ、枝折れが多く確認されました。

さらに冬場でも地元野菜を!とビニールハウスでの栽培もしておりますが、そのビニールハウスが雪で倒壊する被害も見てきました。
d0129296_23332976.jpg

農業は自然を相手にしているだけに大変な仕事です。
一方で寒暖の差や自然の恵みが美味しさをもたらしている事実もあります。

被害を知っていただきたい思いもありますが、もっと洞察力を働かせていただきたい思いも働きます。
TPPの議論です。

TPPについて小ブログでは一貫して反対を貫いおり、今もその思いは変わりありませんし、その延長で申し上げます。
よくマスコミでは、TPPにより農業補償をしながら競争力をつける政策を!などという無責任な、現場を知らない報道が跋扈しております。

日本の良い農作物は高くても海外でよく売れる、それを伸ばせば良い、というのです。
短絡的な意見であり、現場を知らないもので、取材を第一にする大手マスコミがよく言えたものです。

良いものを高く海外に売る、それはそれでいいでしょう。
しかし、安全で美味しい日本産の良い農作物を“安く”日本国民に提供する、という責任もまた日本の農業の使命です。

安ければ危険でもマズくてもいい、というのなら別です。
しかし、日本の農業は海外産と比較すれば多少高いかもしれないが、より身近で、であるがゆえに新鮮で美味しいものを目指しているのです。

世界の「水」事情を地方議員としては熟知しているほうだと思っております。
日本が加工品を含めた農作物の多くを輸入している支那の水事情は最悪、どんな言葉でも形容しがたい状態です。
どんな農作物も水が必要で、最悪の水で育てた安い農作物がいいのか、という思いです。

つまり、TPPで国内の良い農作物を海外に高く売るチャンスという報道は、海外の安くて危ないものを日本国民は食べ、日本産の高くて安全で美味しいものは海外に売ればいい、とも聞こえます。

日本の農作物は、山紫水明・瑞穂の国の綺麗な水で育てられ、安全で美味しく、できるだけ安価で喜ばれるように努力していることを、TPPにおける愚かな議論を見聞するにつけ思っており、読者各位も思い起こしていただきたいと考える次第です。

大雪の影響での農業被害を見るにつけ、日本農業が目指すものを再確認したところです。
日本農業には、農業の持つ多面的機能という使命があります(農業の多面的機能については、紙面を要しますので別途記します)
そのほかにも日本農業には、直接的に国民の安全安心、健康を保つ使命があるのです。


日本農業にも、⇒⇒⇒  安くて美味しいものを提供する使命がある!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-13 23:34 | Comments(0)

国防が最大の福祉!<北朝鮮の動き;小川和久講演会>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

支持している県議会議員の県政報告会で、軍事アナリストの小川和久さんによる講演会があり、お伺い拝聴してきました。
今にも北朝鮮によってミサイルが発射されるのでは!という報道がある中での講演なので、緊張しながらも興味深く聴きました。
d0129296_043812.jpg
まず北朝鮮の脅しに対して、我々日本は怯えてはならないが、侮(あなど)ってはならない、という話でした。
日本の外交はまるでダメだが、北朝鮮は外交だけは得意ということです。

黄海での北と南の両朝鮮による衝突は、北による無謀な行為であります。
しかし、北が無謀なことをし続けていると、いずれ南も悪いのではないか、という国際世論も出てくるのを待っており、事実そういう話もでているから恐ろしいものがあります。

テレビなどでは知りえない話も伺いました。
北朝鮮の脅しに対し、各国は手をこまねいているわけではなく、脅しには脅しをかけているそうです。

支那は北朝鮮へパイプラインで送油しているけれど、突然そのパイプを閉じてしまうことがある、ということです。
さらに最近のことですが、アメリカは平壌上空でステルス機を急降下させ接近し、北朝鮮の軍のトップを恐れさせています。
北の防空能力が低いことを内外に知らせることになるので、北朝鮮は報道しておりません。

また北朝鮮とはスケジュール闘争の国であり、生誕何周年とか、なんとか記念日ということにあわせて「祝砲」?と称してミサイルを発射しようとする、恐ろしくも愚かな国が近くにあるのは難儀なことです。

日本も何らかの対応をしなければならないのですが、日本に何が足りないのか!?
この度の北の動きと対応からみて、不足しているものを埋めていかなければなりません。
まず、自衛隊の増強が必要です。

日本は島が多く、実は世界第6位の海岸線の長さがあり、外国からの上陸を受けやすい地形にあります。
北朝鮮のみならず支那もまた厄介な存在であり、よって長い海岸線を守るためには、やはり自衛隊の増強が必要なのです。

いずれにしても、自分の頭上のハエも払えない国なのか!日本は!
かかる火の粉は振り払えばいいのです。

そのためには自衛隊の増強が必要であることは何度も記しますが、自衛隊だけに頼るのではなく、国民の防衛意識の向上が最も必要なことです。
国防が最大の福祉です。

児童福祉、高齢者福祉、社会福祉・・・とありますが、ミサイル1発でそのような福祉どころか生命が奪われるのです。
だから何度も強調します、国防は最大の福祉である!と。

国民の防衛意識が高まれば、外交もまともになり、自衛隊も増強され、少しは安心な日本ができるものと考えられます。
ヘタな外交のせいにしないで、先ずわれわれが、防衛に対する意識を高めることだと、強く感じた小川和久さんの講演会になりました。


国民の意識向上が、⇒⇒⇒  防衛になる!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-04-11 23:58 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line