<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


「不変と変化」新しい自民党へ!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

ご案内していた参院選の自民党公認候補を選定するための公開討論会を開きました。
ご案内していたので、報告をしなければならないと思います。

大雪の後の晴れ間だけに「雪片付け作業があって行けない」という連絡も2,3あり、出足が心配されましたが、40名ほどの参加を得て開催できました。
2名の申請者よりそれぞれ15分の演説をし、質疑応答に多くの時間をとりました。
d0129296_14454239.jpg

(写真撮影;相田光照米沢市議会議員)

私・渋間は、質疑応答におけるコーディネート役で身近なところで臨んだところです。
まずは自民党米沢市支部が準備した質問を2つ。
d0129296_14465998.jpg

1.国政を目指す観点から、どのような国家観、歴史観基を持っているか。
また国家観に基づく外交・防衛をどう考えるか、歴史観に基づきどういう教育政策か。
2.安倍政権になって矢継ぎ早に経済政策が打ち出しているが、地方にいかに効果を上げていこうと考えているか。というものです。

さらに2人の公認申請者がそれぞれに質疑応答する、討論の場も設けました。
もちろん、会場からの質問も受け付け、数人から質問をいただきました。
d0129296_14473921.jpg

それぞれ2人の公認申請者は、思うところを丁寧に応えていただいたところです。
公開にすること、討論や質疑の場をもうけること、これらの作業によって、開かれた候補者選定になったと思います。

候補者選定から考え方を述べ、オープンにしているのは、自民党だけでしょう。
というか、唯一、自民党にしかできない作業だと思います。
自民党が国民政党といわれる所以(ゆえん)です。

これからも「新しい自民党」を標榜し、地方支部から守るべきは守り、変えるべきは変えていくつもりです。


不変のもののために、 ⇒⇒⇒ 変化もあるべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-28 14:50 | Comments(0)

選挙は問題点を明らかにする良い機会

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

本来ならば、今頃は林英臣政経塾の例会に参加するため、京都にいるはずでした。
議会の各常任委員会の日程と重なり公務のため、今回は残念ながら不参加となりました。

というよりは米沢が雪なら「行きたかったなぁ」という思いも強まりますが、米沢はとても良い天気で、しかも雪山が綺麗に見える日であり、大好きな風景に心を和ませています。

所属している総務文教常任委員会では、懸案となっている新文化複合施設の建設事業費が2割増しの22億円になるとの報告に対し、質疑が集中しました。
新聞各紙(地方版)では、軽めに取り上げられておりますが、議論としては当局の説明にすんなり納得するものではありませんでした。

この件は今後の議論の展開でご報告できればと思います。
さて、ブログで報告というよりは、ご案内したいことがあります。
それは、今年7月の参議院議員選挙において自民党公認候補者を決めるための公開討論会
についてです。

自民党山形県連では、わかりやすく開かれた制度で候補者を選び、本当の意味で市民の代表者を送る決意でおります。
安定した政党政治でなければ、国民生活の向上と安全・安心の政策が図れません。
政治の安定のために、国民生活の向上のために、参議院議員選挙もわが党候補者へのご声援と厳しいご指摘をお願いします。

そのため自民党公認を申請している二人から、事前に考え方や思い、政策を聞くための公開討論会を開きます。
多くの方にご参会いただき、皆様の声を届け、どちらが候補者になるとしても地方の実情などを率直に話す機会にしたいと考えておりますので、ぜひご参会ください。

参院選 自民党公認候補者選定 米沢地区 公開討論会
日時:1月27日(日) ごご3:00~
場所:すこやかセンター2階会議室
公認申請者: 大沼瑞穂さん、児玉太さん


どのような選挙でも、選挙は「何が問題なのか」が明らかになる良い機会になります。
また市民の責務として、明らかにしていかなければならないとも考えております。
質疑応答の時間も設けておりますので、重ねて足をお運びくださいますようご案内申し上げます。

わかりやすく開かれた制度で、 ⇒⇒⇒ 「何が問題なのか」が明らかにすべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-24 14:23 | Comments(0)

フォア・ザ・フラッグ!!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

ここのところ、公私にわたる新年会が続いております。
そのうち、協同組合・米沢総合卸売センターの賀詞交換会のご案内をいただき、お伺いしてきたことをご報告します。

毎年参加させていただいておりますが、今年は何か雰囲気が違うような気がしました。
中村理事長の挨拶で、「年末の掃除をしていたら、設立当時のつくったセンター旗が出てきました。よって今年から掲げております」とありました。
雰囲気が違う気がしたのは、国旗とセンター旗があったからです。
d0129296_11435535.jpg

懇親会で理事長に伺うと、やはり国旗と一緒に掲げないと締まりがない、ということでした。
そこで思い出したのは「フォア・ザ・フラッグ」です。

この言葉は、アテネ五輪のときに野球の長嶋ジャパンがスローガンにしました。
お国のために頑張ろう!勝とう!という意味で、気持ちを一つにするのがフラッグ・旗です。

そして野球のリアル・ワールド・チャンピオンを決める大会であるWBCでも、出場選手としては日本代表として出場するのですから「フォア・ザ・フラッグ」でした。
松井が出場できないなど、始めはイマイチ盛り上がりに欠けていました。
そんな中、イチローはプレーだけでなく、チームリーダーとしてグランド外の発言などでも大活躍し、こんなに多弁で感情をあらわにするイチローは見たことがないほどです。

個人主義で寡黙な男というイメージの彼が、ここまで熱い男になったのはまさにファア・ザ・フラッグ。
日本代表のユニフォームを着て戦うということが彼を変えたのです。
「背負っているものが、モチベーションをあげている」とインタビューでも答えています。
このイチロー効果がWBCを尻上がりに盛り上げ、高視聴率を叩き出し、ドラマチックな世界一を呼び込んだ、という記憶がよみがえります。

さて、企業や団体で置き換えれば、フォア・ザ・フラッグとは『理念のために』ということになると思います。
企業の差別化は、最後は「理念」である、理念こそ最強の武器であるといわれております。
理念という旗のもと戦うのと、そういう旗なしに戦うのと、その違いはイチローを見るまでもなく明らかです。

理念こそ、企業経営の原点であり根幹です。
理念とは、顧客にとっての自社の存在価値であり、信頼感・競争力の源泉。
理念への共鳴によるモチベーションはパワーが違い、まさに「錦の御旗」です。「フラッグ効果=イチロー効果」です。

理念は社員の行動規範となって表現されるので意思決定の判断基準になります。
ところが多くの企業や団体は、理念を(=フラッグを)ないがしろにしているようです。
理念あるいは存在意義を思い起こす手段としてフラッグはとても有効です。

今まで倉庫に大事にしまわれていたセンター旗。
掃除をしてみつかり今回、日の目を見たということは、何かの教示かもしれません。
あるいは、われわれにも大いに当てはまることだと感じたところです。
自分の所属する団体や会社、市や国の理念もあわせて考えてみるいい機会である、そんな思いになった新年会での出来事でした。


ないがしろにされがちな理念や存在意義を思い起こすために、 ⇒⇒⇒ フォア・ザ・フラッグ!!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-20 11:45 | Comments(0)

絆や繋がり、心を一つにするサイト焼き

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

成人式の今日、恒例になりつつある町内会のサイト焼きがありました。
お昼のうちに子どもたちが各戸(約100戸)をまわり、サイト焼きで燃やす旧年中のお札などを集めて周り、夕刻から点燈しました。

みんなで二礼二拍手一礼をし、年男、年女が点燈の役割で、円筒状にしたカヤは、燃やすと近くにいて熱いくらいでした。
これで焼いた餅を食べると1年間健康でいられると言われております。
d0129296_2384370.jpg

「ヤハハエロー」
「目くそ鼻くそ飛んでいけー」と大声で叫びます。
いわれ、掛け声など、わからないところもありますが、それもまた良しです。

それぞれの家庭の1年を守ってくれた神社などのお札を、町内が一緒になって感謝の意を込めてサイト焼きをする姿はいいものです。
そして火というのは、心をひとつにする作用があるように思えてきます。

家族や地域のつながりや絆は、こういうところから再確認なり再生していかねればなりません。
我らが坂町町内会もこの行事をしてまだ数年で、だから「恒例になりつつある」と冒頭記したところです。

絆やつながりは、面倒くささやわずらわしさの中にあります。
面倒くさいと逃げていては、何事も成し遂げられません。
サイト焼きなど、かつて行っていた行事を読者各位の地域でも復活しようと提言してみてはいかがでしょうか。

かつてあった行事を復活! ⇒⇒⇒ 絆、つながりになる!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-14 23:10 | Comments(0)

右傾化ではなく正常化!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

政権交代して安倍内閣がスタートし、矢継ぎ早に経済政策を打ち出しております。
小ブログでも何度か指摘したとおり、デフレ化でやるべきことの経済政策であり、歓迎すべきことです。

経済成長しなければ防衛予算はじめ、閉塞間を打破するためのあらゆる政策を打ち出すことはできません。
何事にも必要不可欠な要素が経済なのです。

防衛はじめ日本や日本人、企業や日本人の生活など当然守るべき姿であります。
しかしながらマスコミに出てくる自称・知識人やそれを報道するマスコミは、安倍政権に対し「右傾化が心配」といいます。

愚かです。

3年間の教訓がわからない、というか「日本崩壊」を狙っているのが右傾化と言っている人々ではないか!と思えてきます。
偶然、しかも最近見ていたテレビで学生運動をして火炎瓶など投げつけ建物や警官に火をつけた映像があって、その現場の状況を説明したいたのが大手テレビ局の元幹部だった姿を見て合点したところです。

そういう輩がテレビはじめマスコミの上層部にいるのですから、まともな報道は期待できません。
何も「日本崩壊」とまでは言い過ぎと思われるかもしれません。
が、しかしそうとも言えない状況があります。

というのも、まだ読んでいないけれど広告にあった書籍に「民主党はなぜ、日本を壊したのか」(辻 貴之著;扶桑社)といいうのがありました。
書籍説明に『民主党の「日本壊し」の背景に、戦時下の革新勢力から左翼・リベラルを経て、民主党へ継承された“破壊活動”である。』とあったのです。

さらに言えば、安倍政権を「右傾化」といっているのは支那や韓国です。
ヨーロッパなど、まともな国からそんな声は聞こえてきません。

安倍首相が為替政策で円安にもっていき、困るのは支那・韓国です。
韓国の傀儡政権か!と思えそうな民主党政権にあって、これまで円高を容認し、韓国企業に多大な恩恵をもたらしてきたのです。
円高ウォン安で、車や家電など日本製品に対し韓国製が半額セールができたのも、民主党が為替政策で無策であり続けたからです。

そこで安倍政権は為替政策はじめ日本としての目標を定め、国際競争をしようとしていることに隣国は戦々恐々としている、というのが本音なのです。
だから関係がないところで「右傾化」と言っており、それに乗る日本のマスコミも稚拙というか、本当に「日本崩壊」を願っているのではないか、と思えるほどなのです。

さて戦後日本は左傾化が進み、個人主義を高らかに掲げ、家族の絆や地域の結びつきを失わせるような「日本崩壊」を目指してきたように見受けられます。
計り知れない影響を与えるテレビ・マスコミというシロモノの中で、少なからず影響を与えられました。
いきすぎた個人主義がもたらした理解しがたい続発する事件や事故など、さらに3年前の政権交代がそうです。

しかし日本人のDNA、根っこまで腐らせることがなかったのは、先の東日本大震災で見た被災者の整然と並ぶ姿や、日本以外の国では必ずといっていいほど起きる暴動や集団での略奪行為がなかったことが物語っております。

希薄になりかけていた絆や結びつきを大事にするために、つなぐために橋や道路の強靭化があり、日本人を日本領土を守らなければならない政策を実行しようとしております。

だからこそ、今、安倍政権なのです。

左傾化が進み荒廃した心を取り戻すために!
隣国の言いがかりをそのまま受け入れないために!
自分の国をおとしめないために!

右傾化ではなく、正常化なのです。


安倍政権、右傾化でなく ⇒⇒⇒ 正常化だ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-11 23:19 | Comments(7)

風雪、人を磨く <花が咲くのは根のお陰>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

新しい年を迎え、公私にわたる新年会が続きます。
上郷地区新年顔合わせ会にお伺いしてきました。
今回私・渋間が祝辞を述べる番になっていて、今年について思うところを祝辞の内容(原稿を書いたわけではないので、だいたいのところ)にして記したいと思います。
d0129296_11425693.jpg

あけましておめでとうございます。
皆様方にはつつがなく、佳き年を迎えられたことと、改めてお慶び申し上げます。
日頃より佐藤忠次、島軒純一両議員とともにお世話になっておりますこと、また地域や市政振興のため、ご尽力賜り、厚く御礼申し上げます、ありがとうございます。

さて、昨年は変化の年でありました。
特に年末にその変化の動きが見受けられました。
ご案内のとおり政権交代があり、3年続いた給付型政治に決別したところです。
また地域においては、長手バイパスが開通し、人や物の流れが変わるという変化が年末にありました。

ならば今年はどういう年にしていくか、ということになると思います。
年末に起きた変化、その変化にスムーズに対応や運営していく年にしていかなければならないと感じております。

政権交代という変化では、給付型政治ではなく、努力した人が報われるような自立することが大事になり、それは農業をはじめとする産業政策や教育、あらゆる分野に及び、その変化への対応が遅れることなく提言をしていかなければならないと考えております。

長手バイパスの開通による変化では、同地区に二つの県道建設はないということから、一つはできたことですから、今度は万世窪田線の改修工事を求めていかなければなりません。
あわせて老朽化した上郷コミュニティセンターの改築なども必要と考えております。

それにしても、年末年始にかけて、また今日も大雪で大変ですが、「風雪、人を磨く」と言います。
大雪でなかなか思うように動けないときは、磨きをかける時期だと思うよう心がけています。

また、「花が咲くのは根っこのお陰」とも言います。
思うように動けないときは、来たるべき春に見事な花を咲かせるために、しっかりと根を張らなければなりません。
人を磨き、根を張るための年でもあると考えられます。

どうか皆様方におかれましては、素晴らしい地域づくりのために、何よりもご健勝であられ、地域振興のためご活躍くださいますよう心から祈念し、御祝いのごあいさつといたします。
おめでとうございます、ありがとうございました。



風雪、 ⇒⇒⇒ 人を磨く!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

花が咲くのは、⇒⇒⇒ 根このおかげ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-05 11:46 | Comments(5)

謹賀新年!恒例行事、フェイスブック、決意!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

新年あけましておめでとうございます。
みなさまには、晴れやかな気持ちで佳い年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

本年もよろしくお願いします。
といいながら、ブログ更新が遅れ気味になって申し訳ありません。
かなり日程が立て込んでいたことや、フェイスブックで報告していること、ブログを始めて6年目にもなると恒例行事になって同じことを書くのをためらっていること・・・分析すればそんなところでしょうか。

分析が当たっているなぁ、と思いながら新年のスタートです。
いつものように元日の初仕事は、除雪作業でした。
大晦日から元日にかけて天気予報では寒波のため大雪だったから、そのつもりでしたが、思っていたほど大雪でもなく、スムーズな作業になりました。
d0129296_11561649.jpg

そして元日恒例の町内会の新年会。
家族さらにご近所さんと、身近な人と1年のスタートに顔を合わせる機会になりました。

ブログ更新が遅れ気味のもう一つの要因であるフェイスブックでの報告ですが、年末にフェイスブックを行政で活用している佐賀県武雄市に視察に行ってきたことを、ここでご報告しなければなりません。

先夏に同僚の中村、両相田議員が既に武雄市に視察に行っており、中村議員が9月定例議会で米沢市行政でもフェイスブックを活用しようと一般質問しております。
しかし市側の答弁は何ともやる気のないもので、再度視察を行い、本市が消極的な理由に対して武雄市ではどういう認識でいるのか、担当にぶつけてきたところです。
d0129296_1154276.jpg

武雄市はホームページも開設しており、フェイスブック(以下FB)という媒体を付加しているだけのことと涼しげです。
さらにFBで記したことに上司の決済が必要で時間がかかる、という懸念についても納得の説明でした。
「市民からの問い合わせで職員が、電話や窓口での対応でいちいち上司の決済が必要でしょうか?そのレベルでのFBで市民に発信すればよいことではないでしょうか?」
その通りです!

行政がFBを活用することで市民に対し、一方的で時間がかかる関係から、双方向でリアルタイムな関係になります。
このことは災害時に大きな力を発揮した、ということです。

さらに武雄市のファンは2万人以上いて、うち市民はおそらく3~4千人、他は元市民など他市のかたで、他市のファンにはふるさと納税が期待できるなどのメリットがあります。
行政のFB利用について、さらに理論武装ができた年末になったところです。
d0129296_11545475.jpg

FBのみならず、武雄市は面白い取り組みが多々あり、また視察で学ばなければならない気持ちになります。
課の名称がそれらを物語っていて面白かったです。
d0129296_11553498.jpg

そこまでしろとは言わないけれど、その進取の気性に学びがあります。
かつては米沢も進取の気性があったわけですが、現在の行政にその姿は見受けられません。
日本を取り戻す、ということで政権交代が年末にありました。
米沢を取り戻す、ということも含めて活動する気持ちになっての新年スタートです。


日本を、地方を、 ⇒⇒⇒ 取り戻そう!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2013-01-02 12:04 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line