<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


地方から「尖閣諸島を守る」声を!<議会最終日採決>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

5日から28日まで続いた9月定例議会が終わりました。
最終日は議案などの採決が行われます。

新文化複合施設の建設用地変更に伴う、市の対応が二転三転し、余分な経費2000万円をかけてしまった責任として「市長の1ヶ月2割減給」の議案に時間が費やされました。
この議案を賛成すれば軽いけど責任を果たしたことになり、議案に反対すれば責任を取る必要がないということになる、という何ともおかしな議案という指摘もありました。
その点を鑑み、何の責任か明確にしたうえで(市長の地方自治法2条違反、善管注意義務違反)賛成多数で可決しました。

また、「MV22オスプレイの配備と飛行訓練の中止を求める請願」は反対多数で不採択となりました。

さらに、多くの議員発議が出されました。
私・渋間は、尖閣諸島に関し、領土領海を守る法整備を求める意見書を提案。
以下、その全文を記します。

尖閣諸島はじめ我が国の領土領海を守る法整備等を求める意見書(案)

尖閣諸島は我が国固有の領土であることは歴史的、国際法的にも明確である。本市議会においても、尖閣諸島に関し平成22年9月議会で「日本国領海内における中国漁船領海侵犯に毅然と対応する姿勢と遵法精神に則った対処を政府に求める意見書の提出について」を可決したところである。

しかし、その後も我が国の領海において外国籍漁船による不法操業は繰り返されており、中国が不当に領有権を主張していることは義憤に耐えないことである。

そればかりか先の8月15日、香港の民間団体が我が国領海に侵入し、乗組員の一部が尖閣諸島に不法上陸した。この不法上陸は事前予告がありながら、みすみす上陸を許すことになった。さらには、海上保安庁艦船に対してレンガを投げつけるなど、明らかに罪を犯した嫌疑があるにも関わらず、強制送還ですませたことは極めて遺憾であり、一連の政府の対応は我が国の主権を守れない軽率な行為と言わざるを得ない。

また現政権以降、メドベージェフ大統領の北方領土不法上陸、李明博大統領の竹島不法上陸が相次いで行われ、わが国の外交及び危機管理において歴史上の汚点を残し、国益を損ない続けているのは、現政権の国家観の欠如、外交の基本姿勢の欠落が招いたものである。
 
このまま放置すれば我が国の領土領海保全は、極めて不安定な状況になるおそれがあり、尖閣諸島はじめ領土領海を守るという国家の意思を明確に示す必要がある。

 我が国は世界第6位の排他的経済水域面積を有し、豊富な海洋資源を保全し、国益を守るためにも国境となる離島の保全・振興、無人島となっている国境の島の適切な管理を進めていく必要がある。

 よって、国会及び政府にあたっては尖閣諸島をはじめとする我が国の領土領海と、国民の生命と財産を保全するため、さらには日本の国家主権を断固として守るため、下記事項をすみやかに進めるよう強く求める。


1 我が国の領土領海を毅然たる態度で守る意思を内外に明確にするため、領域警備に関する必要な法整備をすみやかに講じ、不法上陸や器物破損行為に対して厳正に刑事手続きを進めること。

2 尖閣諸島に関し、早急に諸般の現地調査を行うとともに、我が国の船舶の安全航行と漁業関係者の安全操業のため、海域の警備態勢・方針を見直しや灯台の設置、避難港の整備等に取り組むこと。

3 我が国の領土主権、排他的経済水域などの保全上、重要な離島を振興する新法ならびに重要な無人島について国による土地収用の係る措置等を定めた新法を制定すること。

以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。


というものです。
共産党議員による反対討論があり、共産党議員(高橋寿議員、白根沢澄子議員)と民主党・新社会党系(小久保広信議員、我妻徳雄議員、高橋義和議員)が反対にまわりましたが、当然、賛成多数で可決しました。
反対討論を聞いていた同僚議員は、「まるで中国共産党米沢支部みたいだ」との言葉が印象的でした。

今後も地方から、不甲斐ない民主党政権に声を出していかなければならないと強く思ったところです。


不甲斐ない民主党政権、 ⇒⇒⇒ 地方から声を出していかなければ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-29 13:05 | Comments(0)

自民党総裁選について雑感

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

自民党総裁選で私・渋間は、山形県連の党員投票の開票作業をしてきました。
開票作業は自民党山形県連青年部の事業として毎回行っております。
今回は投票率も高く、関心の高さがうかがえました。

開票作業すぐに、石破さんが多いことがわかりました。
また、無効かどうか迷う票もあり、裏方ならではの見方もありました。

石波茂というのはまだ序の口、不破茂というのがあって、面白い組み合わせに開票しながら笑いそうになりました。
さて、結果は写真の通りでした。
d0129296_13141991.jpg

ドント方式での配分というのは、山形県連には5票あり、得票数を÷1、÷2、÷3、÷4、÷5としていき、割り算で出た数字と比較して多い人が得票することになります。
石破さん3600票は、÷5でも720票となり、石原さん、安倍さんの約650票を上回り5票すべて石破さんに、という結果です。
よって山形県連の5票はすべて石破さんにということになりました。
総裁選の最中に石破さんだけが山形県入りしたことが大きいと感じております。

党員票と国会議員票で過半数を超える候補者がおらず、国会議員による決戦投票に。。。
その結果、安倍晋三さんが新しい総裁になった、というのはご案内の通りです。

これらが物語るのは、地方で見ている姿と国会という身近で見ている姿とでは違うということです。
つまり、先のブログで記したように、国家にしても何にしても外圧で崩壊することはなく、内部から壊れるのであって、内政での政策はどんなものかが問われるのです。

タイムリーにも尖閣諸島をめぐり、支那での略奪行為などの蛮行があり、外交防衛がクローズアップされました。
防衛はどの候補も力を入れているように見受けられました。
やはり内政を見た場合の自民党国会議員の判断が働いたと分析しております。

安倍新総裁には、公約通り教育など、国民が一丸となるような内政をしていただき、外に対しては毅然と対応していただきたいものです。

早速、海外メディア、特に支那や韓国の論評は、安倍さんを罵っております。
つまり、近隣諸国が嫌うということは、日本にとっては心強い人である、と捉えた方が適切です。
日本にとって心強い安倍晋三さん。
安倍晋三さんをリーダーにして力強い日本にしていかなければならない、そう思う自民党総裁選になりました。


日本にとって心強いのは、 ⇒⇒⇒ 安倍晋三さん!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

ぜひご覧ください⇒ 渋間かすみ9月議会一般質問

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-27 13:10 | Comments(0)

米沢市長、地方自治法違反で減給処分

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

いつの間にか9月も最終週になっていて、議会も最終盤です。
各常任委員会を終え、本日はこれから予算委員会で、その前に先の総務文教常任委員会についてご報告。

新文化複合施設の建設にあたり用地の変更など、市民や議会への明確な説明がないまま市の対応が二転三転し、市政を混乱させたとして、市長が責任をとり給与を減給する(2割削減1ヶ月分)という議案が提出されました。

議案は、われらが総務文教常任委員会に付託され、審議をしたところです。
審議では、用地変更に伴い二重投資となり2000万円ともいわれる余分な経費が発生したわりには、たかだか2割削減18万円の減給で責任というのはいかがなものか、などの質問がありました。
(なお、私・渋間は委員長のため、議事整理の務めです・・・)

結論からいえば、市民感情からすれば大きくかけはなれているものの、今回この議案に反対すれば、責任がなかったという議会の判断になるため、やむを得ず賛成多数で可決すべきものとなりました。

ただ、委員から重要な指摘がありました。
それが委員会での賛成の意見になったところです。

市長は借地借家法を甘くみていたと発言し、注意が足りなかったと認めたことから、善良な管理者の注意義務違反にあたる、という指摘。
さらに、余分な経費が発生させたことは、「地方公共団体は、最小の経費で最大の効果を挙げなければならない」とする地方自治法第2条に違反する、とも指摘がありました。

これまで、市長は混乱をきたした責任としか言わなかったわけですが、今回の委員会で具体的に何に対する責任か、明確になりました。
市長は、善良な管理者の注意義務違反と地方自治法第2条の違反により、責任をとり減給処分となった、ということです。

市民感情からすれば、減給2割程度と思いかもしれません。
しかし、2割程度でも全くなくなる(減給なしとなる)より、また何の責任かもわからないところを、何の責任か明確にしたことにより、可決すべきものとなったとご理解いただければと思います。

とにかく歴史ある米沢市としては、残念ながら現市長は、地方自治法第2条違反と善管注意義務違反により、減給処分となりました。

減給処分になるような市政は、 ⇒⇒⇒ 市民にとって不幸なことだと!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-24 09:11 | Comments(0)

崩壊するのは、国も企業も組織も、内部から

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

ご案内していた石破茂・総裁候補者と佐藤正久参議院議員を迎え、自民党2区支部時局講演会があり、2,3日という短期間のご案内にもかかわらず、多くの方にお越しいただきました。
ありがとうございました。
d0129296_1383167.jpg

石破茂さんと佐藤正久さんは、尖閣諸島や竹島の問題はじめ、国防の重要性を強調されておりました。
「隙があるから諸外国につけこまれる、法律や装備などを整えて、スキのない日本をつくる」
まったくその通りです。

私・渋間が思ったのは、法律も装備も重要ですが、一番の国防は国民の意識で、一丸となって「戦ってでも守り抜くぞ」という国民的な意思になることです。
こうなれば、ちょっとやそっとで日本に攻め込めないぞ、ということになります。

国会議員ですら領土領海の問題をどうでもいい、と思っている愚かな議員もいるくらいですから、諸外国につけこまれる要素があるのです。
本来、領土領海・主権に関わる問題は、与野党問わず一丸となるのが普通の国の姿です。

残念ながら今の日本の与党も、野党といっても左派政党も、またそれらの支持者は、領土領海の問題に無頓着どころか売国的ですらあります。
教育や内政が重要であることは言うまでもありません。

国であれ、企業や組織であれ、崩壊するのは内部からです。
外部には毅然とし、内部を一丸となるようまとめる、このことが重要だとつくづく思うのです。

時局講演会では、もう少し教育など内政の面の話があればと思ったところです。
自民党総裁選まであと6日。
昨日の話も含めて深く検討します。


外部には毅然とし、 ⇒⇒⇒ 内部を一丸にまとめるべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

ぜひご覧ください⇒ 渋間かすみ9月議会一般質問

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-21 13:03 | Comments(0)

老舗の知恵を取り入れよう!<一般質問結果報告>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

9月定例議会の最中で、先の一般質問の事前報告はしておりましたが、質問した内容については、この間いろいろあって報告せずじまいでした。
そこで本日、一般質問をした結果について報告します。

老舗企業を顕彰すべき、とした質問ですが、改めて老舗についておさらいしておきます。
日本は老舗大国であり、世界中で1000年以上続く企業は日本にしかありません。
さらに200年以上続く老舗は世界に7000社あり、うち半分近く3000社が日本にあり、第2位のドイツは800社です。
4000年の歴史といっていますが、支那で200年以上続く企業は9社、韓国はゼロです。(ここまでおさらい)
d0129296_9425599.jpg

なぜ、日本に老舗企業が多いのか?
ひとつには地政学的に恵まれていて、他国からの侵略を防ぐことができたことです。
現在の、領土領海を守らなければならない問題に、相通じるものがあります。

また、継続を尊いとする価値観を日本人が持ち合わせていることです。
確かに支那でも継続の文化がなかったわけではありません。
しかし、共産主義化されてから、古いものを蔑(さげす)み、破壊すべきという考えが浸透し、文化大革命の名のもとに、伝統や文化が徹底的にズタズタにされてしまい、結果的に老舗も少ない
、ということです。

さらに、老舗は守るべきことのために、改革を続けていることが挙げられます。
保守したくば改革せよ、の理(ことわり)どおり、保守政治の考えそのものです

上記のように老舗が多い理由を、時事問題や政治的な観点を織り交ぜながら、老舗を顕彰すべきと質問を展開しました。
答弁は、老舗を広く周知していきます、老舗の知恵をお借りするような勉強会などの機会を検討します、というもので、私・渋間への質問には珍しく前向きな答弁でした。

この機会にぜひ、老舗の知恵や考えを、自らの周囲に取り入れてみてはいかがでしょうか?


なお、質問全般について動画がアップロードされました。
ぜひご覧ください⇒ 渋間かすみ9月議会一般質問 


老舗大国になるには、 ⇒⇒⇒ 素晴らしい国であることが条件!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-19 09:43 | Comments(0)

隣の野蛮人にどう対処するか<石破茂・時局講演会ご案内>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

先の小泉進次郎・自民党青年局長による米沢での講演会には多数の方々にお越しいただき、ありがとうございました。
今度は石破茂・元農水相、防衛相が米沢にみえ、時局講演会が行われますので、ご案内申しあげます。
またヒゲの隊長こと、佐藤正久参議院議員も弁士として語ります。

自民党時局講演会 弁士:石破茂、佐藤正久
日時:9月20日(木)午後7:00~
場所:グランドホクヨウ米沢

急なご案内で恐縮ですが、みなさんお誘いあわせのうえ、ぜひご参会ください。

いま、尖閣諸島をめぐり、支那でのデモが暴徒化し、日本企業などに破壊行為や略奪行為があったと報道されております。
怒りを極めて抑えていえば、略奪とか暴動が起きるのは、支那の民度が著しく低いことに由来するものです。

暴徒化などというと見えてこないものがあります。
ハッキリいえば、集団でのかっぱらい泥棒であり、集団での暴行事件、集団での放火なのです。
集団になるとその国の姿がよくわかります。
つまり支那とは、泥棒であり放火魔であり、野蛮な国といえます。

恥ずかしいことをしているという意識や道徳心も法律もありません。
日本にとっては、隣のやっかいな存在です。

やっかいな存在の支那に対し、どう対処するか、国防のスペシャリストでもある石破元大臣の話は傾聴したいものです。

なお現在は、自民党総裁選の最中であり、石破元大臣は総裁候補者でもあることから、総裁選への予断がもたれますが、そういう位置づけではないことを強調したいと思います。
総裁選候補者つまりは、次期首相になる可能性がある方の話として、ぜひ話を聞きに来ていただければ幸甚です。


やっかいな隣人に、 ⇒⇒⇒ どう対処するか、話を聞くべき!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-18 12:30 | Comments(2)

世界中で日本だけ「敬老の日」 <敬老会での祝辞>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓ ← にほんブログ村にエントリーしております。

連休に入り、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私・渋間は敬老会への出席など会合が続いたりしています。
本日その地区敬老会にお伺いし、ご挨拶をしてきました。

地区には3人の市議がおり今回が出番で来賓あいさつ。
原稿を書いて臨んだわけではありませんので、だいたいですが、次のようなあいさつをして敬老の日を御祝いしました。(写真撮影;島軒純一議員)
d0129296_13245341.jpg

上郷地区敬老会のご盛会、まことにおめでとうございます。
本日は、地区内の各界各層の代表者が準備にあたられ、敬老会を盛り上げようとされております。
このことも併せて、佐藤忠次、島軒純一議員とともに、お慶び申し上げ、改めて御祝い申し上げます。

さて、敬老会の由来とは何か?調べましたら、昭和22年に兵庫県の小さな村が、「まちづくりにご老人の経験と知恵を借りよう」という意味で始まり、それはいいことだ、と兵庫県内に広まりました。
それが更に、日本としてもやるべきだ、ということになって昭和41年に敬老の日となったそうです。

昭和41年というと、敬老会にご参会の皆様は、30代、40代、50代とバリバリの現役で、しかも第一線で活躍されていたころだと思いますし、第一線からみれば、いま来賓席にいる人などは、はなたれ小僧であり、若い人を時には叱り、指導されていたのではないかと思います。

昭和41年は、私はまだ生まれておりませんので、その分、これから私に叱咤激励、ご指導を賜れればと思います、よろしくお願いします。

さらに敬老の日は、世界中をみても日本にしかないそうです。
父の日・母の日などとありますが、これは海外から輸入されたものであり、休日にはなっておりません。
国家として御祝いをし、休日にしているのが、大先輩に感謝し知恵をお借りしようとするのが敬老の日なのであります。

大先輩が第一線で活躍しいたころ、いわば皆さんが制定したのが敬老の日です。
その精神を受け継ぎ、また敬老の日だけでなく、さまざまなものを受け継いでいくことが我々の使命である、と心して今後とも地域の活動などに取り組んで参ります。

どうか、われわれ後進に、今後ともご指導賜りますよう、ますますご健勝でご活躍くださいますようお願い申し上げ、御祝いの言葉といたします。
本日は誠におめでとうございます、ありがとうございました。


老舗大国ニッポン!ということで先の一般質問で述べたように、伝統や文化を大切にする国で良かったという感想と同様、ご老人を敬う国で良かったと思える敬老会でした。


伝統や文化、ご老人を ⇒⇒⇒ 大切にする国で良かった!と思う。

上記内容は、⇒⇒⇒少しは役立つ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-16 13:27 | Comments(2)

将来の首相候補・小泉進次郎代議士

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

昨年3月11日から先の9月11日で東日本大震災から1年半たちました。
毎月11日に、福島・宮城・岩手の被災地に行き視察や研修を重ねていこうとしたのが、チーム・イレブンという自民党青年局・青年部の活動です。

先の11日は、福島県会津でのチーム・イレブンの活動でしたが、ご案内しておりました渋間の一般質問もあり、行けずにおりました。
チーム・イレブンの発端は、我らが自民党青年局長の小泉進次郎代議士です。

会津での活動のあと、自民党山形県第2選挙区支部の時局講演会として小泉青年局長に米沢で講演をいただいたことは、すでに報道で知っているかと思います。
そのことについてご報告ブログとします。
d0129296_2046493.jpg

何度かお会いしておりますが、いや~小泉青年局長は、男からみても男前であることにその都度思います。
しかも話の内容が的を得ていて的確に端的に訴えかけるものがあります。
見習わなければなりません。

さらには、自民党総裁選での小泉青年局長の影響力があるとの報道について、そんな力はない、と謙虚な姿です。
どこかの与党代議士が、「あれは俺がやりました」などとやってもいないことを実績として話しているのとは、真逆の姿で、好感がもてます。

とても多くの方々にお越しいただきました。
主催者側にいたのでわかりますが、1200のイスを設置し、立ち見の方もいたので1300人はいたという感じです。
小泉局長の集客力は凄い!!
サッカー日本VSイラク戦があったにもかかわらず、お越しいただきありがとうございました。
d0129296_20483215.jpg

私・渋間の当日の役割は、締めのあいさつであり、自民党と鈴木のりかず支部長の必勝を期し、まともな政治と誇りある日本をつくるため、戦いに向かう際の「勝どき」を声高らかに発したところです。

ここまでが、米沢での時局講演会ですが、実は翌日朝8:30より自民党県連(山形市)で県連青年局・青年部による小泉党本部局長との意見交換会もあり、そちらにも行ってきました。
有意義な意見交換会であり、ここでも小泉局長は歯切れよく、しかも丁寧な応えであり、答弁側に立っても大丈夫です。
d0129296_20512082.jpg

朝からの意見交換会の後は、河北町での街頭演説会に向かった小泉進次郎代議士。
31歳の若さといえ、それにしてもハードスケジュールです。
政治家は知識は当然必要ですが、体力勝負であることは、かつての首相がいっていたのもうなずけますし、またその姿を私・渋間もずっと見てきていて理解できます。

時局講演会に来ていた知人が、小泉進次郎代議士を将来の首相候補と言っていたのが印象的でした。

将来の首相候補、 ⇒⇒⇒ 小泉進次郎!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-13 20:53 | Comments(0)

老舗大国ニッポン!から学ぶ <一般質問内容事前公開>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

ブログ更新がだいぶご無沙汰しておりました。
9月定例議会もはじまり、議会の議案調査などさまざまある中ですが、これまた地域の行事(自主防災訓練、おそらく今年最後のビアパーティなど)が重なり相変わらず慌しくしております。
d0129296_22243543.jpg

自主防災訓練で、今年3月まで議会事務局にいた後藤君が危機管理室の担当になり、自主防災の重要性について説明してくれてました。

さて、このたびもまた一般質問します。
例によって質問の内容を事前に公開します。

今回は2項目の質問です。
ひとつは、老舗企業を顕彰することの提言。
もうひとつは、市の債権徴収業務を一元化することの提言です。

債権徴収業務の一元化については、行政の債権は何かと難しいものがあり小ブログ内で端的に説明するのは困難です。
ただ、この一元化をすることで、本市の財政に少なからず寄与することになり、それを提言します。
説明よりも是非、傍聴にお越しいただければと思います。

さて、老舗です。

みなさんは老舗大国ニッポン!ということをご存知でしたか?
世界で最も古い企業は大阪にある建設業・㈱金剛組で西暦でいえば578年創業、今年で1435年続いている企業です。
次いで705年創業の温泉旅館・西山温泉慶雲閣で1208年続いています。

私・渋間の調べでは1000年以上続いている企業は8社あり、世界中を見ても日本にしかありません。
創業200年以上の企業は世界に7000社あり、うち半分近い3000社が日本にあり、第2位のドイツは800社ほど、オランダは200社ほどです。

アジア近隣諸国でいえば、支那は9社、インドは3社、韓国はゼロ。
なお韓国は100年以上の企業もありません。

こう説明すると、老舗大国ニッポン!であることがわかると思います。

最近、日本が支那にGDPで追い越された、やれ韓国に家電製品生産量が追い越されそうだ、などと騒ぎたて、小手先や目先の対策に右往左往しているようです。
本来は働くということはどういうことか、企業の使命とは何か、という本質的なものに基づく政策が必要なはずです。

そこで老舗のもつ知恵を借り、日本不況を打破するヒントにしたいものです。
考えてみれば老舗企業は、今の不況などよりも過酷な状況(戦争や内乱、大規模自然災害、飢饉、数々の経済危機・・・)を克服してきているのです。

なによりも、短期決戦型の外国企業につきあうことなく、日本の継続型の姿勢に今こそ学ぶべきなのです。
老舗大国ニッポンであることの誇りを取り戻さなければなりません。

そこで老舗企業を顕彰し、老舗が続いた理由や哲学を学ぶ機会にし、現在やこれからの経営者への勇気や指針にすべき、という趣旨の質問です。

なお、米沢もご他聞にもれず、老舗企業が多数あります。
最も古いのは、東屋旅館さんで鎌倉時代1312年創業です。
1346年創業の中屋旅館さんと続き、安土桃山時代創業の小嶋総本店さんなどとなっております。

質問の中でもう少し、米沢の老舗企業に触れたいと思いますので、ぜひ傍聴して米沢の老舗企業を知っていただきたいと思います。
よく知る企業が老舗で嬉しくなったりしますよ。

渋間かすみ9月定例議会 一般質問
日時:9月11日(火)午後2時
場所:米沢市議会本会議場
質問内容:1老舗企業の顕彰制度の提言
     2市債権の徴収業務一元化の提言

どなたでも傍聴できます。ぜひお越しください。


誇りと自信、希望と指針がある! ⇒⇒⇒ 老舗大国ニッポン!は凄いと思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-09 22:29 | Comments(0)

あの水草が準絶滅危惧種だったとは!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

9月に入り、ようやく朝夕は涼しさも感じるこのごろです。
2日は河川アダプト清掃作業があり、おそらく今年最後の作業に行ってきました。

いつもは消防事業とセットのようになって私・渋間にとっては慌しい河川清掃でしたが、今回はそうでなく、みっちりとお付き合いできました。
朝は涼しくなったといえ、作業すれば汗ばみます。

作業をするのは、川井地区を流れる馬橋川です。
これまでの作業にしても、今までもずっと気付かないでいたことがありました。
それは、ナガエミクリという水草がこの馬橋川に群生していることです。

水草が群生しているのは、いつも見ている光景であり、特段気にしませんでした。
ところが、河川アダプトのメンバーが、あの水草は平成12年環境庁のレッドデータブックによると準絶滅危惧種のナガエミクリというものだ!という話が出て、驚きました。
d0129296_1240864.jpg

実際にナガエミクリの写真のコピーを持ってきていただいて、確認したところ、ほぼ間違いなくナガエミクリと確信したところです。

ただの水草・・・知らないということは恐ろしいことです。
「ただの水草」でなく、準絶滅危惧種の貴重な水草であることを知ると、一段と河川清掃の意義を感じました。

このナガエミクリは、馬橋川のみならず川井地区の河川で多く見かけます。
おそらく米沢市内の河川でも同じように見かけられるものと思います。
準絶滅危惧種であることを周知し、川をキレイにしようという機運が高まれば最高です。

合わせて、普段、何気なくみている水草などが貴重な植物だったりします。
もとより自然信仰厚いのが日本であり、その信仰が薄れてきて、自分だけよければいいような事件が多発していることと無縁ではないと感じています。

身近なところから自然を敬い、大事にしていく機運を高めていきたいと思います。


身近な自然から、 ⇒⇒⇒ 大事にしていく機運を高めよう!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-09-03 12:40 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line