<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


すゑの世の末の末までわが国は よろずのくにに すぐれたる国

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております

「元寇に学ぶ」というテーマの講演会を聴いてきた前後の日は、考えさせられる行事参加でした。
講演会の前日は叙勲受章祝賀会(直前ブログ参照)、そして次の日は上郷地区戦没者慰霊祭でした。

議会日程など公務と重ならない限り、慰霊祭には毎年出席しております。
市で行う慰霊祭もありますが、地区の慰霊祭は仏教型式で寺で行われます。
仏式も慰霊の念がこもっていて素晴らしいものです。

ここで記すべきは、またも元寇で、今回は僧侶の“想い”です。
世界最大最強の軍事国家・元による有無を言わせぬ侵略行為は日本の歴史上、最大の危機といっても良いかもしれません。
国民一丸となった姿がうかがえます。
僧侶もそうで、東巌(とうがん)という僧侶が憂慮してつくった歌があります。

「すゑの世の 末の末まで わが国は よろずのくにに すぐれたる国」

これは先のブログにも記しているように、国の中心が変わらない国というのが日本しかないことを示しており、このような日本に世界最大最強の軍事国家が侵略してしてくるとは・・・と嘆きながらの歌なのです。

ブログで何度も元寇を引きずるくらい、元寇という最大の危機に対する当時の日本人の対処、気持ちや想いが伝わり、今の日本人に必要な「何か」を気付かせてくれるような気がします。
図らずも、元寇に学ぶという講演の前後の日に、国家に思い至る行事が続き参加したことは、何かしら気づきを与えられたように思えて、ブログに記しました。

なお気づきを与えられたここ数日、現今の日本は、数合わせとテーマは挙党一致という国民不在の民主党代表選をしておりました。
それに伴い首班指名で野田さんが総理になり、史上最低の総理・菅さんよりはマシかと期待はしたものの、そんな人事(特に民主党幹事長)はダメナノダ!と呆れています。

期待はしていないが、今からでも遅くはない!元寇に学ぶノダ

  
すゑの世の 末の末まで わが国は ↓↓↓
      よろずのくにに すぐれたる国


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-31 22:55 | Comments(0)

すごい国の凄さ <叙勲祝賀会に思う>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております

元寇に学ぶ 誰がこの国を守るのか。~毅然とした日本を目指して~ というテーマの講演会を聴いてきた前日、同じ地区内の方でもあり、米沢市農業委員会会長を長く勤められた佐藤五三郎(はちろう)さんの旭日単光章受章祝賀会にお伺いしてきました。
d0129296_1312888.jpg

改めて叙勲受章おめでとうございます。
長年にわたるご功績が顕彰されたものと、重ねてお祝い申し上げます。
以前、農林大臣表彰もありブログにも記しましたが、このたびは天皇陛下から賜ったものであり、このうえない顕彰と思います。

「元寇に学ぶ」で、属国を迫る元に対し日本は「皇土を以って永く神国と号す。知を以って競うべきにあらず。力を以って争うべきにあらず」
わかりやすくいえば、「王様が変わったり、クーデターや暴力革命で政権がしょっちゅう変わる国とは日本は違う国です。策略や軍事力で侵略すべきではありません」
 ということを記しました。

天皇陛下が国の中心になってずっと変わらないのが日本です。
日本に次いて長いのがデンマークで1000年ぐらいです。
他のほとんどの国は、しょっちゅう国の中心が変わっています。

その変わらない国の中心・天皇陛下から、よく知る方が勲章をいただいたこと、そしてその祝賀会に参加できたことを、とても喜んでいます。
天皇陛下の御璽を拝見し、すごい国の凄さを改めて感じたところでした。

  
他国にはない日本の凄さ ⇒⇒⇒ 守らなければならないと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-30 13:07 | Comments(2)

誰がこの国を守るのか。<元寇に学ぶ>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

元寇に学ぶ 誰がこの国を守るのか。~毅然とした日本を目指して~ というテーマの講演会を、会派有志メンバー(斎藤千恵子、島軒純一、相田光照、中村圭介 各議員)とともに山形市のビッグウィングで拝聴してきました。
講師は歴史研究家で日本政策研究センター主任研究員の岡田幹彦さんです。
d0129296_2115987.jpg

730年前の元寇については教科書でも習っていることですが、教科書ではとうてい習えない事実がわかりました。

まず当時の元・蒙古は世界最大の国であり、今でいえばアメリカのような巨大な軍事力を持った国です。
この巨大軍事国家・元が日本に属国要求したのが1268年。
この時、世界一の軍事国家に日本は属国になることを断固たる拒否をしております。

朝廷は「皇土を以って永く神国と号す。知を以って競うべきにあらず。力を以って争うべきにあらず」という返信案が残っております。
わかりやすくいえば、「王様が変わったり、クーデターや暴力革命で政権がしょっちゅう変わる国とは日本は違う国です。策略や軍事力で侵略すべきではありません」と、属国になることを毅然と断っております。

2回にわたる元寇のうち1回目の蒙古軍4万による文永の役(1274年)は、10月19日と20日にわたるとされており(最近の研究では1週間)19日、日本は必死の防戦を行い、20日大宰府進軍を阻止したうえ、蒙古軍に多大な損害を与え、20日夜とどめのように暴風により蒙古軍は敗退しました。

第2次元寇の弘安の役(1281)は、蒙古軍14万人(東路軍4万、江南軍10万)となり、6月6日~19日まで博多方面戦で日本は蒙古軍を撃破。
長門における戦い(6月9日~15日)では、3500の蒙古軍を殲滅。
壱岐島における海戦(6月29日~7月2日)においても勝利し、鷹島における戦い(7月27日~28日)にも、日本は敵に大損害を与えております。

再度暴風もあり(7月1日)、日本は殲滅戦に打って出ました。
なにゆえ日付を入れたかというと、ともすれば元寇は神風という暴風によって奇跡的に勝てた、ということになっております。
が、日付をみれば一目瞭然、当時世界最大の軍事国家に対し、暴風がなくても勝っていたのです。

日本が勝てた要因は、毅然とした対応をし、防衛を徹底させていたことが挙げられます。
防衛として、水軍の整備、20キロにわたる石築地(石塁)の構築、長門、博多の防衛体制の強化などをしております。

これらを指導したのは誰か?
時の執権、北条時宗です。

時宗は理不尽な要求に毅然と拒否し、しかも準備を怠りなく防衛体制を敷き、当時朝廷と対立していた幕府が一致団結し、日本最大の危機に対し、日本を日本人を守ったのです。

対して、今の民主党政権はどうなのか?
尖閣諸島での漁船衝突事件では中国の理不尽な要求に対し、逮捕された中国人船長を釈放し、中国の領海侵犯を許しています。
何もかも圧力に屈し、毅然とした対応というものを民主党政権では見たことがありません。
民主党では日本と日本人を守れないのです。

講師の岡田さんは、「蒙古襲来の歴史が今日のわれわれに教えるもの」として、
1外国の威圧・侵略に対して屈服せず命がけで立ち上がること
1国家指導者の覚悟と決断の重大さ
1挙国一致の体制  ・・・  などを挙げました。 

さらには、神風があったから元寇を退けたのではなく、毅然と対応し防衛体制を構築し、士気を高め、準備を怠りなくしたから神風が後押しした、といいます。
同感です。

準備をしている者にチャンスは訪れる、と言います。
準備つまりは危機管理もしない民主党政権とその支持者に幸運はないのです。

いま日本も元寇と同様の国家の危機、国難にあります。
今日本に求められているリーダー像は、北条時宗のように思えてなりません。

  
北条時宗にならい ⇒⇒⇒ 日本は毅然とすべきと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-28 21:14 | Comments(4)

どうでもいいけど、民主党代表選。

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

本日(25日)議会で悪臭に関する議員研修会があり、とても有意義でした。
市会議員のみならず、県庁や市役所の担当職員も研修に参加し、解決に向けて共通の認識ができるいい機会だと感じました。
都合つけばぜひ報告したい内容です。

さて、民主党の代表選について報道が過熱しております。
私・渋間にとっては他党の代表選なので、しかも民主党である限り同じことなので、どうでもいいことです。

どう転んでも「民主党の代表」がトップになる限り、この国は良くならない、むしろ悪くなり、相変わらずブレまくることが初めからわかっていることです。
ただ、結果的にはこの国の総理を選ぶことになり、国民の1人として思うところを本日・・・

「またバカの顔」というのが民主党代表選の見方らしいです。

ま・・・前原
た・・・樽底
ば・・・馬淵
か・・・鹿野
の・・・野田
か・・・海江田
お・・・小沢(鋭) だって・・・

そこまで言うか?とも思うけど、週刊誌に上記のように揶揄される民主党代表選。

さて前原さん。
外国人からの違法献金で外相を辞め、この問題を解決しないまま総理候補になるとうのは前代未聞でしょう。

史上最低の総理・カンなる人は、総理になってから同じように外国人献金問題が出たのとワケが違います。

違法と認識し刑事責任も問われないまま総理候補になるというのは、今後この日本で「何でもアリの国」になりそうで怖いです。

野田さん。
デフレ経済下で増税とは、経済理論も理解せず日本を壊そうとするのでしょうか?
財政規律を守る立場は同じですが、物事には順序があるということを知らないのでしょうか?

あとは似たり寄ったりの感じです。
が、TPPに慎重でもあり山形県人ということもあって、鹿野農水相が適任かというような気もします。

「この中」なら山形県人としては、せめて鹿野さんが適任というのが当然でしょう。
そうしか言いようがないのが、今回の民主党代表選です。
「この中」でなく別のフィールドや選択肢を持ちたいものと国民の1人として思うところです。


  民主党代表選挙より ↓↓↓
       解散総選挙で国民に信を問うべきと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-25 21:01 | Comments(3)

見つめなおす機会 <昭和に触れる企画展>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

さまざまな活動の最中、いつものように気晴らしに伝国の杜・米沢市上杉博物館に行ってきました。
いま開館10周年記念企画展として「近くてなつかしい昭和2 昭和の旅の記憶」をしております。

ここ数日は秋の気配がするほど朝などは肌寒い天候ですが、つい先ごろまで猛暑日でした。
この夏の猛暑と電力供給不足による節電などで、改めて「昭和」が見直されております。

ホームセンターなどでは、昭和の夏のグッズがコーナーを設けて売られているほどです。
蚊取り線香、蚊帳、打ち水用のバケツやひしゃく、うちわ、扇風機・・・
d0129296_20555576.jpg
昭和のものはエコなんですねぇ。
企画展は、以前より計画されておりタイムリーだと思います。

今回はいつもの企画展と違い、展示物の写真撮影もOK!
入るなり、子どもの時よく見かけたなつかしい看板を目にしました。





d0129296_20561236.jpg

由美かおるさんの看板。
それにしても由美かおるという名前はどちらが名前なのか名字なのか?
例えば昔の芸人やレスラーの名前で、アントニオ猪木なら猪木が名字であることから、由美かおるはどうなのか?などと、どうでもいい子ども時代の議論を思い出したりました。

展示の構成は、昭和の街並み再現と昭和の旅との2段構成です。
俺には古すぎる!というものもありましたが、全体的に流れる雰囲気は昭和を強く感じさせ、記憶がよみがえるものばかりです。
旅の展示は、ゆっくりした時間が流れていて、人もおおらかであることがわかります。

現代は簡単、便利、早いをキーワードに快適さや自由な時間を求めてきたにもかかわらず、かえって時間に追われているような気がします。
昭和の時代に再度触れることによって、自分を見つめなおしたり、再発見したりできると思います。

9月25日まで開催しております。伝国の杜ホームページ
ぜひ、昭和に浸り、自分を見つめ直したり、自分の原点を再発見するために、足をお運びください。


昭和に触れること ↓↓↓
       自分はじめいろんなことを見つめ直すいい機会だと思う。

昭和 ⇒⇒⇒ おおらかでエネルギッシュな時代だと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-23 21:02 | Comments(2)

逆境が人を育てる <4中、市営体育館を教室に>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

19日議会運営委員会が開かれ、9月定例議会の日程、運営や提出予定議案について話しあわれました。
お盆休みぐらいの間ですが、感覚的には「久しぶり」に議会に出向きました。

出向いたなら様々な案件も対応せねば!
4中の仮設校舎建設に伴い市営体育館を教室にということは、どこまで進んだか気になっていたので視察したところです。
d0129296_1175487.jpg

教育委員会職員の案内をいただきながら、体育館を間仕切りして教室にする作業は9割以上できておりました。
この日は暑く、自然と目についた扇風機が教室あたり4~5台準備されておりました。
d0129296_118127.jpg

張り紙などもないため「教室」という感じはしませんが、生徒たちが入ることによって教室になり、学校になるのかもしれません。
d0129296_1183022.jpg

体育館がひとつの学校になる、ということは雰囲気や環境も変わり、いろいろと大変だと思います。
しかし生徒や先生たちには、雰囲気や環境に左右されることなく取り組んでもらいたいものです。
環境的には「逆境」といえるなかで、たくましく生き、集中して学業に励んでいただきたいです。

むしろ逆境こそが人を伸ばす道と思い、しばらくの間、体育館を母校として力強く学校生活を送ってくれればと願わずにおられませんでした。


逆境が ⇒⇒⇒  人を育てる道だと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-21 11:22 | Comments(2)

鎮魂の花火

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

お盆休みをいかがお過ごしでしょうか?
私・渋間はお墓参りなどをして暦どおりに昨日15日から活動を再開しております。

つまらない休みかもしれませんが、ひとつレジャー的なものとして山形の花火大会を家族で見てきました。

山形の花火大会は青年会議所などが中心になり、JCメンバー知人の活動に敬意を表したくなります。
協賛集めも大変だろうと察せられます。

なにしろ2万発という花火。
東北地方においても、有数の花火大会だと思います。
ちなみに米沢の花火大会は2千発ですが、花火シーズンのスタートにあり、それとしていいものがあると感じております。

写真を撮りましたので、せめて小ブログでご覧ください。
d0129296_12413393.jpg

なお、携帯カメラなのでご容赦を。
d0129296_12443830.jpg

さらに、花火を撮るタイミングが非常に難しいことをご理解ください。

これまで花火大会は夏の風景のひとつでしたが、花火には鎮魂の意味があることを知り、今年の花火大会はそんな想いを持ちながら眺めることになりました。


鎮魂の意味がある花火 ⇒⇒⇒ 家でもやろうかと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-16 12:45 | Comments(2)

知っていますか? ジョルトコーラ!?

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

友人から勧められてフェイスブックをしておりますが、友達リクエストがきて承認、という初歩的な使い方しかわからず、能動的に利用しておりません。
例の続いたビアパーティのひとつで先日、友人との会話から思わずフェイスブックの効果を発見しました。

とても腹が減っていて、どうやって空腹をしのぐか、あるいはしのいできたか?という話になって、私・渋間は学生時代、コーラを飲んで空腹をしのいだ話をしました。
しかも、ジョルトコーラという満腹感を一番えられたコーラなのです。

周囲は同世代だけど「ジョルトコーラ」を知らない!というのです。
ここからドクターペッパー知ってる?などとマニアな話になったのです。

しかし、誰もジョルトコーラを知りません。
私・渋間が飢えをしのぎ助けられた、恩義あるコーラ、ジョルトコーラ。
こうなったらかつての記憶をフル動員して特徴やら説明してみます。

すると、なにやら携帯電話を取り出し、友人がフェイスブックで聞いてみる!ということになったのです。
『マニアな飲み物の話題になった。ドクターペッパーは​わかるが、メッコーラ、パティオ、ジョルトコーラと出た。なんじ​ゃ、ジョルトコーラって?』

しばらくしてコメントが入って一同、大騒ぎ。
『ジョルトコーラはビートたけしがCMしてました。』
ほらね!!あったでしょ!勝ち誇った気分になりました。

さらに
『ジョルトコーラ、カフェイン二倍、砂糖100パーセント​のアメリカのコーラ。日本では1990年から販売された​が、きつめの炭酸と苦みが万人受けせず、2001年に販​売終了らしいっす(;´д`)』
というコメントが入ったときには、知らない情報もあり嬉しくなるやら、私・渋間の飢えを救ったコーラが万人うけせず今はないことで悲しくなるやら、ワケのわからない盛り上がり。

ほかにもコメントには、
 『ミリンダは?』
というものがあり、なにこれ?と爆笑。
さらにそのコメントに
『取り急ぎ、FBにミリンダのページがあったから、「いい​ね」しておいた。 高校の時、部活後にペプシかこれかって、感じだった、確​かw』
とありました。

ミリンダもあったんだ!
ミリンダは私・渋間にとってジョルトコーラほどではないにせよ、気になります。
ミリンダ、確実には覚えていないけれど記憶の片隅にあるような気がします。

マニアなドリンクの話だったけれど、盛り上がり、知ることができててスッキリした感じもしました。
これもフェイスブック(FB)のお陰かと思いながらも、FBを使いこなせていないことに特段の危機感もないまま、面白かったですませています。


ジョルトコーラを、⇒⇒⇒ 知っている!

新機能は ⇒⇒⇒ 使える人が近くにいればいいと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-13 20:35 | Comments(0)

前向きに中庸に。

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

9日には臨時議会があり、震災関連をはじめとする議案の審議がなされ原案どおり可決しました。
実は、続いている夏祭りなどの行事がこの日9日の夜、上郷地区豊作祈願祭で終了した時でもあります。

7月下旬から連続でのビアパーティなどの行事・・・
職務柄、お呼びがかからないことはいかがなものか!?と思いつつ身体は正直疲れていたようです。

だから少し安堵したものの、昨日今日と何もないとちょっと残念に思う自分がいることに気付きました。

市内を車で走っていると、どこかの町内会の夏祭りなのでしょう。
紅白幕にちょうちんがあります。
夏祭りで町内の親睦をはかられていることに嬉しく思い、見慣れすぎた風景が、参加したい景色に思えてしまいます。

写真は6日、地区内にある町内会の夏祭りで挨拶する私・渋間。
d0129296_21292780.jpg


暑いときには涼しい季節を思い、寒い季節は夏の海を考える・・・
続いた夏祭りに休みを欲し、休めばまた心躍る納涼祭・・・
なんとワガママなことか・・・

反省しつつ、お盆にご先祖様を親族で盛大に迎えるための休憩時間ではないかと、今は考えることにしております。


いいように考えることもまた、⇒⇒⇒ 大事なことかなと思う。
  
いき過ぎでなく、⇒⇒⇒ 中庸も大事と思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-11 21:33 | Comments(0)

TPPは日本を滅ぼす戦略だ!

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← こちらもご覧ください

8月8日農業議員連盟、農業委員会、市当局、JAと4者による懇談会をしました。
懇談内容は、TPP問題と放射性物質を含む稲ワラに関し、米沢牛の風評被害についての2点です。

TPP問題について、JA米沢経済支店長による講演があり、ディスカッション型式で懇談しました。
JAグループが作成した資料でもって勉強会のようになりましたが、この資料がなかなかよくできています。

d0129296_125186.jpgTPP参加で被害を受けるのは農業分野のように捉えられております。
しかしTPPは実は金融サービスや労働環境など、多くの影響があることを小ブログでも指摘してきました。

農業分野だけでなく、多くの影響があることをJA作成資料でわかります。
多くの方にご覧になっていただきたい資料です。

単に新聞だけ読んでTPP賛成という人は、恐ろしいことに賛成していることがわかると思います。
アメリカ的金融サービスが蔓延したり、安い労働力が海外から来て日本人の雇用不安のみならず、TPPは医療にまで、つまりは我々の生命にまで影響を及ぼします。

政府調達まで自由化の対象であり、自治体の入札に外国企業の参入を許すことになり、地域経済を壊してしまいます。
地域経済のみならず、日本の姿、よき姿を大きく変えてしまうのがTPPなのです。

TPPは農業分野だけにマイナスという誤った認識でなく、日本人の生活全体にマイナスであることを知っていただく必要があります。
この点、大手新聞各紙はどれもTPP参加に遅れるな!という大合唱をしミスリードしております。

マスメディアがそのあり様ですから、地道に訴えていくしかありません。
JAの資料ですが、農業分野だけでなくさまざまな分野に影響を及ぼすことがわかりますので、ぜひ手元に取り寄せご覧いただき、多くの人にお知らせいただきたいものです。


TPPは、⇒⇒⇒ 農業のみならず日本人の生活を滅ぼすと思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2011-08-09 12:08 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line