<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


品格ある議会を求めて<共産党議員の暴走>

米沢市議会6月定例会の最終日、さまざまな議案への採決が行われます。
多額になる補正予算の疑問については、先の予算委員会での様子   議会の機能を発揮させなければ! をご覧いただきたいと思いますが、その結果を受けて、付帯決議を同僚の相田克平議員が提出しました。

付帯決議は、何に基づいているかわからない巨額の予算が使われようとしているのに対して、議会として注文をつける、というものです。
簡単に言えば、市民に対して説明責任をキチンとすることを求める、というものです。

当たり前の話であり、全議員が賛成するものと思っておりました。
しかし・・・共産党の2議員のみが反対しました。

付帯決議案を提出した相田議員への質疑の時間があり、共産党のTが質問。
共産党・Tの質問は質問になっておらず、まるで意見というか静かな発狂。
自分の意見をトウトウと述べ、議題外にわたる話までする始末・・・

かろうじてする質問も、中心市街地活性化基本計画のことやコンパクトシティについて、まるでわかっていない内容です。
Tさんの勉強不足を露呈してしまった事態です。

こんな質問はおかしいだろうと、当然ながら出て、議長は「休憩」を連発しました。
結局、議会運営委員会(=議運)を開いてそこで協議することに・・・

議運のため1時間以上、議会は空転しました。

議運の協議の結果は、米沢市議会規則55条によって、共産党・T議員に対して「議長からの注意」という、前代未聞のものになりました。

ちなみに議会規則55条とは、
1 発言は、すべて簡明にするものとし、議題外に渡り又はその範囲を超えてはならない。
2 議長は、発言が前項の規定に反するものと認められるときは、注意し、なお従わない場合は、発言を禁止することができる。
3 議員は、質疑に当たっては、自己の意見を述べることができない。というものです。

共産党T議員は、いわば55条違反にすべてに該当しているわけです。
1議題外の発言、2議長からの注意、3質疑でなく意見。

質問にもなっていない“質問”に、議長からの注意を受けたという次第です。

議題外の質疑に関して言えば、たぶん彼(共産党のT)は、一新会を意識しすぎたのでしょう。
相田議員の提案・附帯決議案に関係ないところで、「一新会」を連発。
つまり、相田議員の同僚であるわれわれ一新会の議員の意見と相田議員の提案をゴチャマゼにしてしまったのです。
完全に発議の内容がどこかに行っていた共産党T議員です。

一新会を意識していただくのは、ありがたいことです。
しかし、そんなことで議論の本質を見失ってはいけないのです。
中心市街地活性化の問題について一新会以外の議員も質疑を繰り返しており、逆に一新会以外の議員にも失礼なものです。

一方で、われわれ一新会としても「中心市街地活性化」については、多くの視察も含めかなり勉強してきたのも事実です。(「中心市街地活性化」で小ブログ内の検索をしていだきヒットした記事をご覧いただければ、おわかりいただけると思います)

Tさんが愚かな質問をしていたときは怒りもしましたが、5期20年も勤めた議員がどうしたんだろうと、今は彼(共産党T)を可哀想になります。
勉強をせず理論もないまま、自分を見失った質問という名の意見の発表に変える議員ほど、みじめなものはありません。
本当にどうしたのだろう?かつての良い質問をする彼(共産党T)の回復を祈るばかりです。

共産党Tさんには、もっと(中心市街地活性化について)勉強して欲しいし、自分を失わず、議長からの注意という前代未聞の自体にならないように新人議員のような勤勉さと、品格ある議会にするための態度を臨むばかりです。


5期20年やっても ⇒⇒⇒  見失う時はあると思う。初心忘れるべからず!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

渋間かすみ6月議会一般質問の動画⇒⇒⇒米沢市議会ホームページ・渋間かすみ質問
[PR]

by shibuma | 2010-06-29 23:00 | Comments(0)

もう選挙目当て政策にダマされない<高速道無料化>

サッカーワールドカップ パラグアイ戦⇒⇒⇒ がんばれニッポン!!

参院選関連で北方に向かう用件がありました。
おりしも、本日から社会実験として高速道路の一部が無料となり、無料該当とされている米沢南陽道路はどうなっているか?興味もあり使ってみました。

ETCレーンで通過を試みました。
すると、料金の表示版に0円と示され、無料です(見にくいかな?)。
d0129296_22395732.jpg

米沢南陽道路の料金所は、ETCに限らず普段は誰も立っておりません。
普通車レーンも、料金所はいわば自動販売機のようなシステムで、センサーか何かで車種を見分け、その車種による料金を入れれば、ゲートが開くものです。
人件費を抑制したものになっております。

しかし、普通車レーンにも人が立っておりました。
無料であることを説明するなり、台数把握のためか通行証のようなものを発行していたようです。

車を走らせていて、心なしか普段より通行する車両が多いように感じました。
利用しながらも、或いは逆に利用したからこそ強く思えることは、これは本当に良い政策なのだろうか?という疑問です。
高速道路無料化についての疑問は、かつてのブログ高速道路料金のマヤカシにありますのでご覧ください。

無料化と一緒にした料金2000円というものはなくなったようですが、それでも財源のメドがなく危うい限りです。
財政再建が参院選の争点のひとつとも言われている中で、民主党がやろうとしていることは、言っていることとやっていることがムチャクチャです。
菅さんに替わっても変わっていないのです・・・

もうそろそろ、選挙目当ての政策にそのまま乗る国民性を脱却しなければならないときに来ております。


われわれ山形賢民は ⇒⇒⇒  選挙目当て政策にダマされない!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

渋間かすみ6月議会一般質問の動画⇒⇒⇒米沢市議会ホームページ・渋間かすみ質問
[PR]

by shibuma | 2010-06-28 22:53 | Comments(2)

世界に誇るべき日本の「いちばん」の復活を!

何度でも⇒⇒⇒ サッカー日本代表!決勝T進出おめでとう!
がんばれニッポン!!


参院選が始まると、外に張ってある裏打ちポスターは候補者のものから党のポスターに変わります。
面倒な作業ですが、公選法上そうしなければなりません。

自民党のポスターは「いちばん」というテーマです。
当初、なんだろう?と思っておりました。
が、マニフェストをみてようやく納得。

「感謝、反省、責任ある政策」と題した谷垣総裁の言葉を載せてみます。

日本はつねに「いちばん」をめざしてきました。
夢を追求する努力の積み重ねが、モノづくりや、治安、教育、長寿など、世界に誇れる「いちばん」をたくさん生み出してきたのです。

暮らしを、経済を、政治を、自信を失いかけている人のこころを立て直し、もう一度、あなたの「いちばん」があふれる日本にしたい。

そのために、私たち自民党は、自らの過去、そして現在と真摯に向き合い、党のあり方を見直し、いちから出直す覚悟で走り出します。
あらためて立党の原点に立ち返り、守るべきものは守り、時代に適さないものは大胆に変革していきます。

私たちは、持てる力のすべてを注いで、責任を全うする決意です。


山形県にあてはめれば、三世代同居率や女性の有業率など多くの「いちばん」があります。
誇るべき「いちばん」を進めていくためには、一律のバラマキ政策ではとてもできるものではありません。
選択と集中が必要になります。

一律のバラマキ政策は思考は不要ですが、選択と集中は思考が必要になります。

これに対して、「2番でダメなんでしょうか?」などという事業仕分けでの民主党議員の言葉が端的に現れております。
目標を高くかかげ、目指すべきものがなければ、衰退するばかりです。

治安など暮らしやすさや学力など、世界に誇るべき「いちばん」を再度取り戻すかどうかも、参院選での判断基準になると思います。
 

世界に誇るべき日本の「いちばん」を ⇒⇒⇒  復活させたいと思う


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の動画がアップされました⇒⇒⇒米沢市議会ホームページ・渋間かすみ質問
[PR]

by shibuma | 2010-06-27 22:11 | Comments(0)

亡国の政策にストップを!<参院選スタート>

まずは⇒⇒⇒ サッカー日本代表!決勝T進出おめでとう!
がんばれニッポン!!

参議院議員選挙が始まりました。
山形県選挙区は定数1に対して、写真の4名が立候補。
d0129296_759237.jpg

米沢市議会会期中でもあり、お手伝いも時間を工夫しながらタイヘンです。
選挙戦となると管理側にいることが多い私・渋間にとっては、久しぶりにポスター張りのお手伝いをしました。
d0129296_7592048.jpg

割り当ての担当地区では、ほとんど1番に張ることができ、そんなことでも嬉しいものです。
何にしてもゲーム性を持たせて作業をすると、はかどります。

また選挙戦となると、いろんな方が来米されます。
今後の小ブログにご注目ください。

選挙はお騒がせになりますが、亡国の政策に歯止めをかけるのか、亡国に突き進むのを許すのかが問われる参院選は重要です。
 

参院選 ⇒⇒⇒  亡国の政策にストップを!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の動画がアップされました⇒⇒⇒米沢市議会ホームページ・渋間かすみ質問
[PR]

by shibuma | 2010-06-26 08:00 | Comments(2)

議会の機能を発揮させなければ!

まずは⇒⇒⇒ サッカー日本代表!決勝T進出おめでとう!
がんばれニッポン!!


先の予算委員会では、中心市街地活性化に向けた都市再生整備計画の予算を中心に審議したところです。
これまでの小ブログでも触れてきましたが、巨額の税を使う割には、どうしてそこに、その建物を、というものがないまま進められております。

何に基づいているのか、わからないのです。
例えば、歴史公園をつくる、ということ一つとっても「都市計画で公園はつくらない」としながら、それをひっくり返してまで、つくろうとしていること。
図書館にしても、公園にしても、上位の計画がなかったり無視されたりしております。

図書館や公園建設がダメというものではなく、上位計画に基づくべき、という原理原則の話なのです。

原則がないことから、原則を持たせたうえで図書館建設などを進めようとする予算の修正案を海老名議員が提出しました。
図書館建設などを中心市街地活性化計画に盛り込むべきで、中活検討委員会で公共投資を精査するのがスジとしたものです。

採決の結果、13対8で修正案は否決されました。(24議員のうち、正副議長、予算委員長は採決に参加できないため21議員による採決になります)
残念です。

質疑を通じたりしてわかったのですが、修正案の意味がわからなかった議員がいたのも事実です。
意味がわからない議員がいることのほうが、残念でなりません。

原則なしで暴走ぎみの当局に対して議会として認めたことになりました。
今後は、議会がチェックできるよう、現実的に再度何かしらのアクションが必要だと考えております。

先の一般質問の動画がアップされました⇒⇒⇒米沢市議会ホームページ・渋間かすみ質問
 

米沢市議会 ⇒⇒⇒  議会の機能を発揮せよ


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-06-25 09:43 | Comments(1)

農家戸別補償制度が内包している課題

産業建設常任委員会が開かれ、議案3件請願2件が審議されました。
報告すべきは、米価下落の歯止めと米備蓄体制にかかる意見書提出方請願です。

私・渋間が質問したのは、米価が下がれば、上げるのは至難の業と考えるが、紹介議員と農政担当当局の認識を尋ねました。
一度下がった米価を上げるのは困難という同じ認識のうえ、さらに質しました。

農家戸別補償制度そのものが、米価下落の圧力になるのではないか?ということです。

1反あたり1万5千円が補償されます。
しかし米のバイヤーは、すでに1万5千円を差し引いた額で米を購入しようとしております。
バイヤーにとっては、いくらでも安く購入しようとするのは当然のことであります。

つまりは、米価は戸別補償制度によって下落するのです。

こうなると、たまらないのは農家と国家財政です。
下落し続ける米価、差額分を補償しようとする国の農政・・・
補償額は、雪だるま式にふくれあがります。
子ども手当てでもみたように、後は「全額はや~めた」ということになりかねません。

この認識や危惧があるのか?当局と紹介議員にも尋ねました。
その危惧がある、という答弁であり、農家戸別補償制度そのものに問題があることが明確になったのです。

民主党の政策は、この米戸別補償制度はじめ、財源の裏づけがない単なるバラマキであり、国家財政を危うくするものです。
制度設計がキチンとなっていないのです。
しまいには、そのツケを消費税で!という本末転倒な話・・・

だからこそ、制度設計をキチンとしなさいという請願の願意妥当ということで、採択すべきものとして賛成しました。
まあ、民主党にはキチンとした制度設計などはムリでしょうけれど、地方の声を上げていく意味と、民主党の政策のいい加減さをお知らせするには、いい機会になりました。
  
  
農家戸別補償制度 ⇒⇒⇒  米価下落の圧力になっていると思う


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-06-23 12:54 | Comments(0)

より良い未来を得るための鍵は?

6月議会最中です。
一般質問が終わり、議案について付託された委員会での委員会審議に入っております。

そのような中、なるほど、とうなずくフレーズがありました。

いわゆる自己啓発本が好きで、よく読む本の種類ですが、そこに、
「よりよい未来を得るための鍵は、よりよい質問をすることだ」とありました。

自己啓発本なので、いわば、自問する時のことを指しております。
「自分は、なぜ現状が悪いのか?」と問うていては、未来は切り開けません。
「自分は、どうすればうまくいくのか?」と問えば、未来が開けるかもしれない。

なるほどな、と思います。
この時期に読んだことは、いろんな意味でラッキーでした。

質問というキーワードで思いついたのは、
「よりよい未来の“まち”をつくるための鍵は、よりよい質問をすることだ」ということです。

自己啓発をまちの活性化に置き換えても、当てはまるものと思います。
「果たして俺は、よりよい質問をしているだろうか?」自問してしまいます。
これについては、有権者みなさまに判断していただくほかないようです。

この6月議会の私・渋間の一般質問の様子が、間もなく米沢市議会HPからご覧いただけます。
以前の質問を含めて、有権者みなさまのチェックをお願いいたします。
米沢市議会ホームページ・渋間かすみ質問

  
よりよい未来を得るためには ⇒⇒⇒  よりよい質問をすることだと思う


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-06-22 08:17 | Comments(2)

菅直人さんの心の闇

日本政策研究センター・伊藤哲夫代表の時局講演会を聴いてきました。
場所は高畠町生涯学習館です。
時局だけあって参院選と付随する政策、特に報道されていない政策について聞くことができ、とても有意義でした。
d0129296_1848293.jpg

ハッキリ言って民主党が参院選で過半数をとれば、日本はかなりマズイ状況になります。
このことは、これまでも言い続けていますが、小鳩の辞任劇で問題の核心が見えにくくなっています。

選択的夫婦別姓の民法改正は、参院選で民主党が過半数をとれば、なってしまう可能性が大です。
賛成する人はよく「選択的だからいいんだ」と言います。
しかし、選択性でも始めてしまえば取り返しのつかない状況になります。

例えば、学校の制服がイヤだと反対して、はじめは選択性を持たせたとします。
当初は制服の人もいるでしょうが、徐々に制服が少なくなり、いずれなくなります。

夫婦別姓も同じことです。
夫婦別姓は、離婚を助長するほか、子どものために全くなりません。

夫婦別姓は家族崩壊をもたらしますが、家族崩壊だけでなく国家も壊そうとしているのが菅・民主党です。
記憶に新しいと思いますが、菅さんが所信表明演説をしました。
その中に、松下圭一さんという大学教授の市民自治思想の教えが今も根底にある、というような話がありました。

松下さんとはどんな人?市民自治思想とは何か?
簡単に言えば、国家は要らない、という意見です。
せいぜい地方政府の連絡調整としての中央政府だけでよいという、恐ろしい意見です。

国家がなけば、他国から容易に侵略されるでしょう。
菅さんは、そのことを日本国首相として述べているのです。

私・渋間も伊藤さんの講演を聞くまで知りませんでしたし、マスコミはまったく報道しません。
報道されなければ、菅さんの心にある闇は見えません。
つまり、夫婦別姓にしても市民自治思想にしても、家と国を崩壊させようとするものです。

上杉鷹山公は「国の本は家なり」と言いました。
文字通り、国家とは、国と家なのです。

報道されず見えないけれど、国家を崩壊させようとする民主党・菅さんの考えに反対です。
上杉鷹山公の「国の本は家」という考えでもって政策を進めるべきです。
国と家を守るために、参院選での選択は誤らないように、と私・渋間は声を大にして言いたいところです。

鳩山内閣が発足したばかりの時の高い支持率のとき、「何いっているんだ!?」と言われようが、鳩山・民主党の問題を小ブログでは指摘し続けました。
その通りになりました。

今は菅さんです。
後になって菅さんの問題に気付いていては、鳩山普天間問題のように取り返しがつかなくなるのです。
気づきを与えていただいた日本政策研究センター伊藤代表の時局講演会でした。


菅さんの考えは⇒⇒⇒  国家を滅ぼすと思う  
参院選は ⇒⇒⇒  上杉鷹山公の考えで臨もう!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-06-20 18:53 | Comments(0)

一時騒然の一般質問最終日

ただ残念なことに、初めての試みに対して「妨害」もありました。
キチンとした手続きに基づいていたのですが、会場使用制限を求める匿名による妨害がありました。
また私・渋間に対してではないけれど、メンバーの一人に脅迫めいた電話がありました。

初めての試みに対しては、いろいろ付きものです。
頑張る若手を、一新会を良く思っていない人がいるのも事実です。
しかし卑劣なものに屈することなく、引き続き「わかりやすく、開かれた議会」を目指し取り組んでいく決意です!


一新会でタウンミーティングを開いたときのブログです。

「一新会を悪いと思っている人は、あまりいないと思うよ」そう言ってくれる人がいて救われました。
が、しかし、やっぱり居るのです。

一般質問最終日、我らが一新会からは、島軒純一、鳥海隆太両議員が質問に立ちました。
鳥海議員が質問で、中心市街地活性化(以下、中活)の質問をする議員が多いのは、それだけ中活を進めるためのプロセス、ビジョンに問題があると指摘。

すると、ヤジを飛ばす議員(共産党市議団のT)がおりました。
私・渋間の直前の席なので、何を言ったかすぐわかりました。

「その問題を取り上げているのは、一新会だけだろう!」

あの~Tさん、創政会の方も自公クラブの方も取り上げているんですけど・・・
一新会をよく思っていないのはわかるけど、誰がどう質問したか見失ってはなりません。

そのヤジで、質問議員とヤジ議員との間で一時、騒然としました。

よく市民の方から、米沢市議会でもヤジとかすごいの?と聞かれます。
国会の様子を見て、言っているのでしょう。

しかし、傍聴に来られた方はわかると思いますが、米沢市議会は質問している人にヤジなどあまりなく、静かで紳士的なものです。
その意味では騒然だったのです。

私・渋間はヤジなど気にはしませんし、質問に立った鳥海議員もそうだと思います。
ただ、間違っている、事実と異なるヤジほど妨害にしか感じられないのです。

さておき、中活を質問した議員が多かったのは事実で、質疑応答の中で問題も浮き彫りになったと思います。
問題を浮きぼりにする作用が一般質問にはあり、それを妨害してはならないと思いますが、皆さんはいかが感じられるでしょうか?


議員が真剣に臨む一般質問 ⇒⇒⇒  妨害してはならないと思う


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-06-18 07:55 | Comments(2)

中長期的、広域的な視野を求めて一般質問に立つ!

報告していたように16日、一般質問に立ちました。
総じて、中長期的・広域的な政策論で臨みました。
2つの質問をしましたが、いずれも「定住」がテーマです。
d0129296_7322458.jpg

しかし、行政は中長期的なことはどうも苦手らしい。
特に安部市長は、ビジョンというものを持ち合わせていないようにさえ、見受けられます。

そんな質問と答弁のやり取りになました。
消極論の答弁と、行政が打ち出している計画との矛盾点を引き出して、どうにか「検討する」までこぎつけました。
d0129296_7325459.jpg

百聞は一見にしかず。
傍聴に来られなかった方、NCVケーブルテレビを視られなかった方、インターネット動画が5日後、配信されますので、米沢市議会ホームページをご覧いただきたいと思います。

急ぎ、昨日のご報告まで。


大事なのは ⇒⇒⇒  ビジョン、中長期的な視野だと思う


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-06-17 07:35 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line