<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


花でリラックス!

代表質問を控え、調べることも多々あります。
そのような中、お知らせをいただいていた花屋さんの移転改装オープンに行ってきました。

以前の店が手狭になって、近所に適当な店舗があったということで、このたびのオープン。
お客様の利便性のために大きくしたことは、厳しい時代に敬意を表します。

内装やテーブルは手作りで、いい感じです。
d0129296_16345176.jpg

花のことは全くわからない私・渋間です。
が、なによりも揃えている花々は、パソコンに向かう時間が多い今、目も何もかも安らぎます。

移転し、新たになった花店「艶(つや)」さんを紹介します。
場所は米沢市直江町11-13、国道121号線沿い、米沢信用金庫御廟支店の向かいです。
d0129296_1635298.jpg

年度末・年度始めの歓送迎会に、お花はいかがでしょうか?
「渋ろぐ」見た、で10%OFFに(なるかも、というかなっています!)

花で ⇒⇒⇒ リラックス
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

代表質問(一新会;渋間かすみ)のご案内
日時:3月2日 午前10:00~

場所:米沢市議会(市役所右手)

内容:「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」
1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)

ぜひ、傍聴にお越しください
[PR]

by shibuma | 2010-02-28 17:02 | Comments(0)

やったね!米沢女子短大!<きもの議会>

3月議会が始まりました。
今日から3月25日までの開催です。

3月議会招集日は、きもの議会であることと、市政運営方針が述べられるのが特徴で、他はいつもの議会と一緒で、議案の説明と上程がありました。

きもの議会は、あいかわらず引き締まる思いになります。
袴の背中にあたる部分が固かったり、帯で腰をしっかり締めることによって、身体から引き締まり、それが精神的な「引き締まる思い」になったのではないでしょうか。

実際、面白くなくても笑顔をつくれば楽しくなったりします。
「悲しいから涙が出る、というのと、涙が出るから悲しい、はどちらも正しい」高校時代の現代国語の先生の話、遠い記憶がよみがえってきました。

わけのわからない話になってしまいましたが、本当に良かったと笑顔になれる話がありました。
それは、管理栄養士養成課程を米沢女子短大でするよう、県の検討委員会が答申を出したことです。

このことは、私・渋間が一昨年12月議会・一般質問で、管理栄養士課程を米沢女子短大に!と質問し、市としてのやる気「応分の負担をする」という決断の答弁を引き出したので、なおさら嬉しい話題です。

質問が契機となって、県のことも含め大きく動くことがあり、このことを励みにして代表質問に臨みます。


質問が契機となる ⇒⇒⇒ 言葉に出していく必要がある
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

代表質問(一新会;渋間かすみ)のご案内
日時:3月2日 午前10:00~

場所:米沢市議会(市役所右手)

内容:「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」
1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)

ぜひ、傍聴にお越しください
d0129296_20555340.jpg

[PR]

by shibuma | 2010-02-26 21:00 | Comments(0)

自虐史観のパラドックス <議員研修会>

明日からの3月議会の前に、米沢市議会の議員研修会がありました。
今回の講演は古文書にみる「米沢藩の成立とさらなる減封」というテーマで、講師は米沢市上杉博物館学芸主査の角屋由美子さんです。
d0129296_2211163.jpg

ご存知の通り、昨年のNHK大河ドラマ「天地人」は米沢ゆかりの直江兼続公が取り上げられ、多くの観光客が米沢に訪れました。
米沢に移ってからのほうが直江公の才能が発揮されたのではないかと言われている中で、ドラマではあまり米沢のシーンがありませんでした。

角屋さんは、各地で講演をしており、天地人の「その後の米沢」を知りたいというオファーがあるそうです。
議員研修会でも、その後の米沢について話されました。

博物館の学芸主査だけあって、ドラマ仕立てのような話はありません。
キチンとした古文書・史実に基づいての話であっても、興味の尽きない話で面白かったです。

第4代藩主・上杉綱憲公が上杉家の正史を編さんした『上杉家御年譜』という文書だとしても、御当家に都合の良い歴史にしているので、その辺りを別の資料などから真実はどこにあるのか、角屋さんは研究するのが楽しい様子です。

だからこそ「歴史はいいかげん」と笑っていえるのだと思います。

そこで思い出したのは、日本の歴史教科書にみる認識です。
日本は悪い国だ、と自虐史観にひたっている歴史観は、いいかげんなものを盲目的に信じているとしか言いようがありません。

自虐史観に狂信的な人は、自分の祖先を“個人的に”「悪い人だった」と言ってもらいたいものです。
(自虐史観論者は自分の祖先のことになると、悪いとは決して言わないでしょうけれど)

自虐史観信奉者は、だいたいにおいて利己的で、自分がかかわる祖先のことは良い人にして、その他の人は悪人に仕立て上げます。

なぜならば、自虐史観そのものにパラドクッス(=逆説)があるからです。
同じ集団にいて「他は悪い」と言うことによって「自分は良い」という立ち場にしているのです。
他の集団からほめられ、そのうえ同じ集団の中にあっては良い人になれるならと、歴史も勉強せず自虐史観に・・・。

狂信的な自虐史観論者はある意味、かわいそうな人です。
歴史を研究している人だからこそ言える「歴史はいいかげん」という言葉に本当のところがあるようです。
いろんな気付きを与えていただいた議員研修会でした。

  
自虐史観の人は ⇒⇒⇒ かわいそうな人だと思う
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

代表質問(一新会;渋間かすみ)のご案内
日時:3月2日 午前10:00~

場所:米沢市議会(市役所右手)

内容:「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」
1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)

ぜひ、傍聴にお越しください
[PR]

by shibuma | 2010-02-25 22:14 | Comments(0)

夢がない民主党政権<上杉博物館コレクション展>で思う

3月議会を間近に控え、代表質問の原稿の校正やら手直しなどしているこの頃です。
気分転換に米沢上杉博物館に行ってきました。

d0129296_20135524.jpgいまコレクション展「米沢藩のお抱え絵師―目賀多(めがた)家―」を開催しております。

美術という言葉は、明治時代になってから使われた言葉ですが、それ以前から絵を描くことで暮らしを立てている人がいます。

御抱絵師とは、扶持人であり決して高くはないけど基本給がある絵師。
御用絵師とは、御用を命じられたとき描く絵師。
で、目賀多の家系は狩野派の流れで代々米沢藩に仕えた御抱絵師ということです。

いやぁ勉強になります。

肝心の絵ですが、見る目がない私・渋間ですが、布袋さんの絵などは、思わず微笑んでしまうくらいホッとするものを感じます。

粉本という、うつしてうつす、という絵については、オリジナリティがなくなるという反面、伝統が受け継がれていくというメリットがあるという説明がありました。
この悩み、現代にも当てはまります。

現代に当てはまるといえば、米沢藩も困窮した時代があってその時、絵師はどうなったのだろうと自然に疑問が出てきました。
なにせ昨今、話題になった「事業仕分け」で芸術文化やスポーツの振興費がムダ扱いされております。

館内にいた学芸員に聞いてみました。
すると、「上杉鷹山公が質素倹約の藩政改革を進めたときも、御抱絵師はリストラされることなくいらっしゃいました。鷹山公の肖像画が残っていることから明らかです」

さすがは鷹山公です。

対して、比較するのも鷹山公に失礼ですが、民主党・現政権はカネにならないというものは即「仕分け」
バラマキ政策も含め、すさんだ世の中にしようとしております。

いま行っている冬季オリンピックを見ても、国家をあげて支援している国が多数あり、その通り結果を出している一方、我らが日本は・・・
結果がすべてとは言えないけれど、ガッカリばかりしています。

スポーツにしても芸術文化にしても、素晴らしい成果は国民に夢や自信を与えるものです。
その夢や自信をなくそうとしているのが民主党政権です。

どこかで直さなければ・・・
情緒的なものに対しての価値を再認識し、国あるいは行政として取り組んでいかなければと考えさせられたコレクション展です。
ぜひ足を運んでみてください。

上杉博物館コレクション展「米沢藩のお抱え絵師―目賀多家―」については→ こちら

  
厳しい時代だからこそ⇒⇒⇒芸術文化やスポーツ振興で国民に夢を!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

代表質問(一新会;渋間かすみ)のご案内
日時:3月2日 午前10:00~

場所:米沢市議会(市役所右手)

内容:「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」
1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)

ぜひ、傍聴にお越しください
[PR]

by shibuma | 2010-02-24 20:25 | Comments(0)

気力が湧いてくる 平成22年2月22日

3月議会が今週末2月26日から始まります。
予算審議に多くの時間を要し、予算議会であると同時に米沢市議会の場合、きもの議会でもあります。

直前に控え、質問の聞き取りがあり、質問内容を通告してきたところです。
テーマが“全庁的取り組み”ですから、聞き取りをする役所職員も大勢になりました。
一瞬、何かの協議会の部屋か?と思ったほどです。

本番の代表質問で実りある議論にするために、丁寧に内容を話し、問い合わせにもキチンと答えたところです。

その後、置賜広域行政事務組合の定例議会があり、我らが会派・一新会から出ている海老名議員が広域議会で一般質問をするということで傍聴してきました。
(傍聴するのはカンタンですので、代表質問にも是非!)

私・渋間も前半2年間で広域議会議員として質問を重ね、その内容も海老名議員が取り上げておりました。
いわく「昨年の渋間議員の質問に対し、理事長(米沢市長)は『広域消防やゴミ袋の変更など、住民に直接かかわりがある議案が多くあるので、議会と緊密に連携を持ちながら取り組んでいきたい』と答えていたにもかかわらず、議論していた広域消防が白紙になったということは、議会への報告は全員協議会の直前だった・・・」と。

かつて私自身も議会に諮らないのは、チェックされたくないのでは、という確信から質問をしたのでした。
あいかわらず議会にチェックされたくない、変わっていない置賜広域の理事長(安部さん)です。

海老名議員の質疑に対する理事長・安部さんの答弁に至っては、噴飯ものでした。
広域消防を進めるために3800万円もの費用を使いながら、結果は3市5町の消防広域化は白紙。

単に県からの指導で消防広域化を進めたようにしか見えません。
そこには、理事長としてのリーダーシップや広域化の必要性についての強い“想い”がないことが海老名議員の質問から浮き彫りになりました。

嗚呼・・・米沢よ、置賜地方よ
現政権の総理大臣・鳩山さんをみれば、嗚呼 日本よ・・・

でも、嘆かわしい政治状況があっても、正さなければと、かえって気力が湧いてくるのでした。

  
嘆かわしい政治状況 ⇒⇒⇒ かえって気力が湧いてくる!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

代表質問のご案内
日時:3月2日 午前10:00~

場所:米沢市議会(市役所右手)

内容:「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」
1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)

ぜひ、傍聴にお越しください
[PR]

by shibuma | 2010-02-22 21:31 | Comments(2)

日本再生は保守の内部改革から!

日本再生に向けて!参院選候補者・自民党予備選スタート として報告していましたが、現職との一騎打ちするため、新人2人のうち1人がきまりました。

報告していた米沢、置賜地区での活動のほか、これまで県内各地で街頭演説や「語る会」を開いてきました。
マスコミに登場したのは、1番はじめに行った米沢・置賜での活動だけでしたが・・・

最初とかがやはり取り上げられるんだなぁ、と 「日本で一番高い山は富士山。二番目は?のエントリーを思い出しました。

今夏の参院選で自民党候補者になるのは、現職の岸宏一さんか新人の大沼瑞穂さんということになりました。
今回の新人2人のうち1人に絞ったのは、自民党県連の各支部長や県議会議員や役員105人による投票でした。

今度の現職vs新人との決戦は、約1万人いる党員による投票です。

この方法は、今までになかった極めて民主的でオープンなものです。
「今までなかった」というのは、歴史的なことだけでなく、どの政党にもありませんでした。

うるさい若い奴だ!と思われているかもしれませんが、これまでなかった方法を提案してきて良かったと思っております。
これからも良かれと思うことは、どんどん提案していきます。

自民党は変わりつつあります。

  
保守本流で、「中身」が変われば ⇒⇒⇒ 政治が変わる
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

代表質問のご案内
日時:3月2日 午前10:00~

場所:米沢市議会(市役所右手)

内容:「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」
1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)

ぜひ、傍聴にお越しください
[PR]

by shibuma | 2010-02-21 22:26 | Comments(0)

“想い”をもって <会派代表質問者に>

3月議会が始まろうとしていることは、ここ数日の小ブログの内容の通りです。
そのような中、代表質問や一般質問の質問通告締切日だった本日です。

3月議会だけ、会派ごとの代表質問があります。
このたび、私・渋間が会派・一新会を代表して質問することになりました。

すでに一新会ウオッチャーの方々は、海老名悟議員の2月8日のブログ「会派打ち合わせ」でご承知のことと思いますが、通告締切日にあたって内容等をご報告申し上げます。

テーマは「全庁的取り組みで持続可能な市政運営を」具体的には、

1 食育・地産地消の推進と効果的な計画策定に向けて
2 経済対策を立体的なものに
3 行財政改革の推進(①生活排水関連行政のあり方について②地域振興課の創設について)
上記について質問します。

縦割り行政でない全庁的な取り組みが必要なことや、持続可能な行政運営については、会派メンバーがそれぞれの立場で常日頃より言い続けたことであります。
いま現在の市民のみならず、将来にわたる市民へ向けてのメッセージを込めたいと思います。

一新会メンバーそしてその背景にあるそれぞれの支持者や市民の想いをもって行う代表質問は、
日時:3月2日 午前10:00~
場所:米沢市議会(市役所右手)
となっております。
ぜひ、傍聴にお越しください。

代表質問 ⇒⇒⇒ いろんな方々の“想い”をもって!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-02-19 20:09 | Comments(0)

事業仕分けされてしまうぞ!

先の産業建設常任委員会では委員会に関連する議案だけでしたが、本日は他の委員会も含め、全体の議案についての報告と質疑を行った市政協議会です。

本予算はまだ配布されておりません。
いまわかる補正予算(3月議会提出)についても報告と質疑がありました。

私・渋間からは、学校図書購入費が国からの交付額との差を問いました。
なぜなら12日の山形新聞に「公立小中学校の図書購入費 国算定の77%どまり 本県は55.5%」と出ていたからです。
d0129296_23263424.jpg

図書購入の財源は地方交付税であり、読書教育の充実のために3年前から国は図書購入費を増額しておりました。
にもかかわらず、数年前も同様な報道で、交付額がすべて図書に使われず、目的外にあてられております。

こんな状況だと、教育の重要性も理解されずにまた「事業仕分け」にあってしまう!
せっかくの教育の基本的な分野である図書費用が・・・

米沢市はどうなのだろうか?
当局の答弁は「算定しておらず、わからない」というものでした・・・

ん?ならどうやって県内の統計がわかったのだろう?
今後オープンな場所(予算委員会)でオープンにしたいと思います。

かつて「図書のまち米沢を目指して」と題して一般質問しました。
質問しっぱなしにせず、質問したときの精神を持ちながら引き続き取り組んでいきます。

 
予算の目的外使用 ⇒⇒⇒ なんのための予算か!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-02-18 23:29 | Comments(0)

お前が言うな!「入るを量りて出るを制す」

予算概要を見て思うこと と題して先の小ブログにエントリーしました。
その予算概要に対する会派ごとの質疑が日時をかえて行われます。
本日が、我らが会派・一新会の予算概要に対する質疑です。

あくまでも予算“概要”であって、具体的な予算については、まだ議会側にも知らされておりません。
概要といってもも、ツッコミどころ満載です。

まず、予算のバックボーンとなる市長の「市政運営方針」はツッコミどころ満載の最たるもの。
市役所の職員が書いたであろう箇所は理屈が通るものの、市長が書いたと思われる箇所は支離滅裂。
職員側はハッキリは言わないものの、というか最大限に補っているものの、質疑を通して問題の箇所は市長が書いたという確信がありました。

さておき、予算概要では国の予算動向をみて編成したとあります。
国の予算編成にあたっては、「入るを量りて出(いず)るを制す」とありました。

入るを量りて出るを制す、とは入るお金(歳入)を見積もりした上で、出すお金(歳出)を決める、ということです。
地方では当たり前のことですし、実際、私・渋間の3年前の初めての一般質問か予算委員会での質問は、まさに「入るを量りて出るを制す」と発言していたところです。

“入るを量りて出るを制す”という精神で国の予算編成にあたった、という民主党・現政権については、「お前が言うな!」というところでしょう。
まるきっりウソであることがわかります。

「出る」つまり子育て手当てをはじめとするバラマキのために、「入る」=過去最悪の赤字国債額の発行や、地方イジメの事業仕分けをしているのは明らかです。
言っていることと、やっていることがまるで逆なのが民主党・現政権です。

あくまでも予算の概要についての質疑なので、私・渋間の質問は国と地方との現状など、大局的なものになりました。
が、地方行政に携わる職員も同じような感覚でいたので、まだ地方の行政幹部職員は健全だとホッとしました。

地方では当たり前の「入るを量りて出るを制す」を国にも求めたいものです。

  
入るを量りて出るを制す ⇒⇒⇒ お前(民主党)が言うな!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-02-17 23:34 | Comments(0)

天気は変えられる!?

産業建設常任委員会がありました。
3月議会を控え、委員会に付託される議案について協議しました。

企業立地を進めるための緑地面積緩和条例や、景観条例も議案になります。
その他、米沢市食肉センターと上郷小学校の増改築工事の請負契約が主な議案です。

議案でないけれど、報告があった今年の米沢の積雪量について・・・

2月15日現在で、累計の降雪量は492センチと約5メートルになっております。
現在の積雪深は45センチで、だいぶ溶けていることがわかります。

これらの数値は、平成19年と類似しております。
今年の雪も19年型だとすると、いま2月中旬以降も積雪があり、3月に入り落ち着くというパターンになります。

天候天気は、天与のもの。
天気は変えられないというかもしれませんが、私・渋間は変えられると思っています。

正確に言えば、変えられるのは天気そのものでなく、天候による気持ちです。
ほとんどの人が、雨や雪をマイナスにとらえがちですが、プラスにとらえることで1日がまるで違ってきます。
前向きになれるので、みなさんもお試しください。


天候は変えられないが ⇒⇒⇒ 気持ちは変えられる
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-02-16 18:01 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line