<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


外国人への地方参政権付与反対の理由

「悪性に地方からの意見書が続々」と題して、先ごろ、米沢市議会の出来事をエントリーしました。
その際に「のちほど」記すとした永住外国人への地方参政権付与に反対する理由を今回・・・

日本時事評論という毎月第1・第3金曜日発行される新聞があり、その中にわれわれ米沢市議会が取り上げられておりました。
永住外国人への地方参政権付与に「反対決議が地方議会で続々」『「日本国存亡の危機」を訴える意見書を可決-山形県米沢市議会―』中身には米沢市議会意見書抜粋まで掲載されていました。
d0129296_17371817.jpg

これまたそのまま抜粋することによって外国人への地方参政権付与について反対する理由に代えたいと思います。
ちょっと長くなり、難解かもしれませんが、おつきあい下さい。

 参政権はその国の未来や運営、国民による国民の幸せを、その国民が決定する日本国民の固有の権利であり、他国がその国に住む日本人に対して地方参政権を認めたから日本国も永住外国人に地方参政権を認めるという取引をする性質のものではない。また永住外国人はその本国にも参政権を有していることから、永住外国人に地方参政権を与えることは、その本国の意思や思惑が日本国内の政治や政策に影響を与えかねない危険性が伴うものである。
 もし、永住外国人の参政権が認められた場合、日本国としての独立性は揺らぎ、自主性を持たない外国の一属国として存在しなければならなくなり、まさに日本国存亡の危機が迫っているといわざるを得ない。
 憲法15条には「公務員を選定し、及びこれを罷免することは国民固有の権利である」と規定し、第93条2項に「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が直接これを選挙する」と規定し、さらに同項中の「住民」の解釈として平成7年2月28日の最高裁判所判例は「住民とは地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当である」としていることから、の本国民ではない永住外国人に地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権等を付与することは憲法上、問題があると言わざるを得ない。
 また、国籍法は第4条で「外国人は、帰化によって日本の国政を取得することができる」と規定しており永住外国人が憲法に基づく参政権を取得するためにはこの国政法に定める帰化によるべきものと考える。


かつて地方議会では、この永住外国人による地方参政権付与へは賛成決議が多くあったようです。
しかし、民主党・現政権下によって現実味を帯びてくると、中身をよくよく吟味した地方議会は反対する決議が増えてきているのが現状です。

中身の吟味というのが大事なことです。
(↑請願や意見書における中身の吟味について、改めて記したいと思います)

 
外国人への地方参政権 →→→ 憲法違反である
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-31 17:46 | Comments(0)

無いものねだり でなく 有るもの活かし

臨時議会が開かれ、専決処分や議案4件を可決したところです。
傍聴された方にとっては、質疑や討論もなくあっさり終わったなぁ、という印象かもしれません。

議案も少ないうえ政治的に対立するものでもなく、また臨時議会に提出される議案などについては、前もって市政協議会が質疑がなされていることが、長々とならない本会議の所以です。

臨時議会の後、直ちにその市政協議会が開かれました。
各常任委員会での報告事項が取り上げられ、所属していない委員会での案件やより喫緊の課題についても質疑ができる場です。

報告すべきは、今後の緊急経済対策です。
これまでの対策での基本方針は、相談業務や不安解消、仕事創出、中小企業の支援といったものでした。
今後は、地域経済の循環、雇用創出と支援、市民の暮らしを守る、という基本方針で具体的な取組事業を検討しております。

中でも地域経済の循環を重視しております。
「市発注のものは市内企業に」これまでも求めてきましたが、さらに徹底するよう求めました。

地産地消という言葉はどちらかというと農業分野に使われがちですが、それに限らず商工業も含んだものと捉えて市政に問いかけてきました。
農業分野のみならず地産地消を推進すべきと、他の議員からも発言が出るようになりました。

市として小規模契約希望者登録制度を創出しました。
これまで市の工事の入札登録されない個人事業主でも、公共施設の小規模な修繕(30万円以下=契約書不要、口頭契約)で登録し、事業実施の運びとなりました。

いい傾向です。

今後も広義の地産地消、さらに「無いものねだりでなく、有るもの活かし」の考え方を持って、市政にあたっていきたいものです。

   
ないものねだり でなく →→→ あるもの活かし
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-30 12:12 | Comments(0)

雪灯篭まつりのご案内<産業建設常任委員会>

産業建設常任委員会があり、担当する課から喫緊の課題などについて報告と質疑がありました。

いわゆるバラマキ予算といわれている、農家への戸別補償制度モデル対策についての報告がありました。
努力して補償額を増やす方向に行くのか、何もしなくても補償してくれるから生産性向上のための努力をしなくなるのか?
後者の場合、社会主義国家を目指すようなものです。

いずれにしもモデル事業であり「これから」のことであります。
今後、注視していかなければなりません。

さて報告したいのは、雪灯篭まつりについてです。
今年も上杉神社周辺一帯で行われます。

幻想的な雪と灯りの風景あり、楽しいイベントあり、おいしい食ありのまつりです。
2月13日(土)14日(日)、どうぞ上杉雪灯篭まつりに足をお運びください。

詳しくは「上杉雪灯篭まつり公式ホームページ」をご覧ください。


幻想的、楽しい、おいしい →→→ 上杉雪灯篭まつり
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-28 12:13 | Comments(0)

地方の足かせ政党に勝るもの<都市計画審議会>

都市計画審議会が開催されました。
形骸化しつつある審議会を実りあるものにしたい、かつてのブログに書いておりました。

想いを抱いて臨んだ背景には、約2年前の平成19年12月議会で私・渋間が、都市計画について一般質問をしたこともあります。
議事録を読み返してみました。

山形県13市のうち、都市計画事業を実施していないのは米沢市だけと伺っております。
都市計画事業は市民の交通や住んでいる人々の利便性が向上されるだけでなく、経済波及効果が大きく、それこそ本市の歳入に寄与するものであります。
新たな住宅が建つなどし、長期的にも歳入に寄与します。
とんざした計画も含め、市民に夢のある都市形成を描くよう求めますが、市長の考えを知らせてください。


この質問に対する建設部長の答弁は、

都市計画事業は、ご指摘のとおり、市民に夢を持たせるとともに多様な都市機能の増進と商業等の活性化に寄与する重要な役割を担っているものと考えております。
現在、本市では国の支援を受けて行われる街路事業などの都市計画事業につきましては実施をしていないところでございます。
しかしながら、都市計画事業のみならず、街路事業なども含めてさまざまな仕組みのまちづくり支援事業があり、その一つである地方道路整備臨時交付金事業を活用の上実施している事業もございます。


上記のやりとりを思い出しながらの審議会ですが、都市計画道路の廃止や用途地域の変更など、建設的なものでありませんでした・・・

一方で、建設的なものもありました。
米沢市は景観形成団体を目指しており、景観計画についての説明と質疑です。
景観計画には都市計画審議会の意見を付さなければならない、とされており景観にも役割を担っております。

未来のまちの姿を心の中に描いていて、ふと、よぎったのは景観形成事業が国による事業仕分けの対象になったことです。
景観形成事業、ここでも地方の足かせになっているのが民主党・新政権です。

科学技術振興や地方のデザインにしても、将来が見えなくなっている、見えなくしている政権です。
屈することなく、我々はわれわれの「まち」をつくりデザインしていかなければならないのです。


地方の足かせ政党に勝るのは ↓↓↓
       将来のまちの姿を夢見るエネルギーだと思う
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-26 23:37 | Comments(2)

健全な政治へ向けて

週末は4連続で新年会でした・・・
ちょっと時間をあけてのブログ更新になってしまいました。

新年会では、多くの方から地域のことや国政について、ご意見やアドバイスをいただきました。
市政への要望や国政への思うところ・・・いろいろありました。

我らが会派・一新会ウォッチャーというか、よく観ていてくださる方がいて、叱咤激励いただきました。
これまでの米沢市議会ではなかったこと、自由闊達で多岐にわたる様々な議論の話に及び、引き続き頑張らなければと引き締まる思いになります。

反対に自由闊達な意見がないのは、国政における与党・民主党という話もありました。
その通りで、かつての小ブログエントリーにも「党は名ばかりで民主的なものでなく独裁政治であること」「地方のためになっていないこと」など記してきました。

発言する自由がない民主党。
対して名の通り、以前も、われら地方議員にも、発言する自由がある自由民主党。
その自民党がまだ、ダメな民主党の受け皿になっていない様子です。

この状況もまた、地方から変えていかなければならないと考えております。
参議院議員選挙が今年7月にありますが、自民党の候補者選びはこれまでのような「現職優先」という錦の御旗で済ますべきでないと考えております。

私・渋間は、党(といっても県連レベル)のあらゆる会合で候補者の選定は「予備選挙を実施して決めるべきだ」と申し上げており、そうなりつつあります。
他党と比較すれば多くの党員を有し、党員参加の民主的でオープンな予備選挙をはじめ「新しい自民党」をつくっていくことが健全な政治になる道と考えております。


  
新しい自由民主党をつくること →→→ 健全な政治をつくること!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-25 22:53 | Comments(2)

51万人超の来場者!天地人博

1月臨時議会が月末にあります。
その議案説明や報告事項に対する質疑のための市政協議会がありました。

会派メンバーが集まると、それぞれが会合出席などで起こった出来事を話したり聞いたりします。
すると同僚の相田議員から市民憲章推進協議会新年会での話を聞きました。
その内容に一同、呆れてしまいました。

呆れたという具体的な内容は相田議員のブログ「残念なあいさつ」をご覧ください。

さて市政協議会で報告すべきは、今月11日に閉幕した天地人博についてです。
新聞などで既に報道されておりますが、入場者数は51万人を超え、盛況裏に開催されました。

月ごとの入場者、各駐車場やシャトルバスの利用状況など、細部にわたる分析の報告がありました。
中でも、天地人博のみならず上杉御廟所や稽照殿、宮坂考古館の拝観料をセットにして安くする「セット券」の販売も好評で、期間中に完売したということです。

正月にお会いした宮坂考古館の館長からも「セット券」の効果があったという話を聞きました。
セット券については相田議員や私・渋間も含め、議会側からの提案で、なによりも利用者にとっても良かったのではないかと振り返り思い至ります。

一方で提案した駐車場については改善がみられず反省点も多々ありますが、今後も提案型のスタイルを貫いていきたいものです。

天地人博の来場者はじめ、関係各位そしておもてなしの心で接した多くの市民の皆様に御礼申し上げます。
ありがとう天地人博。

   
いろんな気付きを与えてくれた →→→ 天地人博に感謝!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-23 12:10 | Comments(3)

要!政局は根本解決で<応急手当て講習>

応急手当講習が米沢消防署でありました。
福祉事業所や各地区コミュニティセンター関係者のほか、議会からは11人の議員が参加しておりました。
d0129296_0164058.jpg

まずはテキストによる講習です。
ここで知りえたのは、119番通報をして救急車が到着するまでに約8分かかります。
その8分間に何もしないでいたときと、応急手当をした場合とでは、命が助かる確率がおおよそ2倍もの開きがあるそうです。

また市内の公共施設にはAEDの設置が進んでおります。
AEDは心臓が停止する手前のような状態(具体的には心室細動というそうです)の際、除細動するために使用する機械ということも理解しました。
AEDの使い方もまた習いました。

心室細動から除細動する(AEDをかける)まで3分なら生存率70%、救急車が来る8分なら10数%というものになります。
d0129296_0172771.jpg

テキスト講習の後、実施講習も行いました。
6人ずつ5つのグループにわかれて人工呼吸や心肺蘇生法の実施訓練したところです。

テキストや実施の講習を受けて、人工呼吸にしても心肺蘇生にしても、ちょっとした「コツ」が必要だとわかりました。
モチなどが喉につまってからの対応なども学びました。

そうなんです、ちょっとしたコツなんです!それがわかりました!
例えば目の前で喉に何かをつまらせた方への対処法もお教わりました。

たまたま講習を聞いた方のご家庭で、お年寄りが何か食物を喉につまらせ、講習で教わったとおりやって助かった、ということで大袈裟でなく実際の話がテキストにありました。

現実に心臓が止まったような意識がないような「現場」では、右往左往することでしょう。
でも、そうならないように普段から訓練するのは有意義です。
何かの機会に応急措置などの講習会があれば、ぜひ参加していただきたいと思いました。

一方で、応急措置ではままならない政治の課題があります。
応急措置ですませれば良いのですが、そうもいきません。
目の前の人の危機には敏感です(それにしても講習など準備が必要です)が、将来の生活(現政権)の危機には鈍感なような気がします。

緊急の応急措置(=声をあげる)というほかに、メディアに踊らされない本質を見抜くこと(=地方のためになっていない現政権)、自分自身を磨くことも重要ではないでしょうか?


  
応急措置は重要だ! →→→ 現実ばなれしている政には根本措置(再政権交代)だ!
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-22 00:22 | Comments(0)

検察の捜査を批判する人々

民主党・小沢幹事長の政治資金管理団体の不動産取得をめぐり、現職の国会議員が逮捕されたことが大きく報道されております。
その報道の中には、驚くような意見を言うコメンテーターや政治家がいて、あきれてしまいました。

「検察の捜査がおかしい」とか「こんな程度で・・・」という意味合いで言っているのです。
評論家という名目で公共の電波で検察批判は愚かです。
小沢さんの説明を聞いたうえで言うならまだ理解できますが、小沢さんから明確な説明もないまま盲目的なものです。

発端は小沢さん。
検察に対して「こんな捜査がまかり通るなら民主主義の危機だ」確かこんなニュアンスで言っていました。

あの~民主主義国家だから、小沢さんという権力者も対象に捜査するんです。
独裁国家なら、鶴の一声で捜査も止められますが・・・

というか独裁国家を小沢さんは目指しているのではないでしょうか?
これまでの小ブログエントリーにも書いているとおり、地方議会にいて地方に対する実際の対応で身にしみて伺い知れるのは、小沢さんは独裁的である、ということです。

小沢論をさらにヒドイものにしているのがテレビのコメンテーター。
「検察が悪い」と・・・中には陰謀論まで・・・(呆)

そんなコメントでは、子供たちの教育にとても良くない。
「疑わしいことをしないことだ!」「李下に冠を正さず」と言えなくなるではないか!
「調べるほうが悪い」ということか?

違う論法では、予算審議が大事で小沢問題はどうでもいい、というもの。
今回疑惑になっているのは、岩手県のダム建設に伴うもので、いわば税金のキックバックなのです。

予算審議とは税の使途を議論する場所ですから、税の使途(ダム建設)の一部が政治家に流れたという疑惑について、本質的な問題としてキチンとしなければならないのです。
「小沢問題よりも予算審議」ではなくて、予算審議つまり「税の使われ方」が大事だから小沢問題の究明なのです。

盲目的な小沢擁護論や検察批判をするコメンテーターは子供の教育にならず、税に対してルーズな者であるので、そのような意見に組みせず、流されず、われわれは自分なりの意見を持ちたいものです。

  
盲目的な検察批判 →→→ 子供の教育にならず
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-19 22:54 | Comments(2)

国会に巣くう厄払いを願う<町内会でサイト焼き>

小正月行事である「さいと焼き」を行った16日です。
以前のブログに書いたさいと焼きは、近所の有志で行ったのですが、今回は町内会という大きな単位です。

d0129296_1411513.jpg坂町・町内の子供たちが、お昼過ぎに各家庭を回り、古いお札を集めて回ります。
子供が町内を回ることは、お互いに地域の人々の顔や家を覚えることになり、地域コミュニティの再生をはじめ、いいことづくめです。

時々吹雪いてタイヘンでしがたが、先々からあたたかい励ましや、子供にお菓子をいただいたりして、割り振られた家庭を回りきりました。
お札を集めに着くと、甘酒と玉こんにゃくをいただき、身も心も温まりました。

いったん家に帰り、午後6時から点灯式です。
風はなくちょうどいい感じだけど、雪が降り寒いです。
しかしながらサイトに火がつくと勢いよく燃え盛り、近づくと熱いくらいです。
d0129296_14112214.jpg

「ヤハハエロー」と大きな声で叫ぶと、子供たちも「ヤハハエロー」
サイト焼きの際、どういう意味かわかりませんが叫びます。
厄払いの意味とも聞きましたが、国会に巣くう厄を払うことも願いながら声をあげました。

炎が少し落ち着くと、その火でモチを焼きます。
サイト焼きで焼いたモチを食べると1年病気にならないといわれております。

個人や有志で行うのもよいですが、町内で行う素晴らしいサイト焼きです。
古いお札集め、サイト焼き、地域コミュニティと人の温かさを感じる1日になりました。

 
ひとつ一つ →→→ 日本の文化を再考・再生したいと思う
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-17 14:23 | Comments(3)

ポジティブ人生論

米沢市倫理法人会モーニングセミナーで、「ポジティブ人生論」と題して高畠歯科クリニックの安日先生の講話を聴きました。
いい話だったので、小ブログでも紹介したいと思います。
d0129296_12405513.jpg

安日先生は自ら歯科医になった経緯から「いいかげん」であったと言います。
親や親族が内科医で、それがイヤで歯科医という、ある意味いいかげんです。
「いいかげん」は「良い加減」と書けば良いものであり、ポジティブに捉えているようです。
歯を抜かない、削らない、つまり仕事をしない歯科医(本人談)を目指しているというものの、患者にとってはありがたいものです。

ガンになりやすい職業は、マスコミ関係や交通機関に多く、締め切りや時間に追われストレスがたまるからということです。
なるほど、その通りかも・・・

ガンにならない臓器は、心臓と脾臓という温かい臓器で、体を温めることも良いようです。
身体の部分で心臓に一番遠い「足」が冷えやすく、足を温めるために靴下を数枚履くのも効果的で実際、安日先生はそうしているそうです。

病気にならないためにすることは、いろいろありますが、強調していたのは、感謝することです。
子供がディズニーランドに行きたがっているのに、伊勢神宮に参拝に連れて行くなど、感謝の心を育てることが大事と言いきります。

感謝の気持ちを育てるものとして掃除、特にトイレ掃除を挙げていました。

7人の神様がおり、神様が各家庭に入る際、客室や居間など良い部屋から入り、最後に入る神様はトイレに入らざるをえなくなる。
重い荷物を持っている神様は最後にならざるをえない。
その重い荷物とは神様たちみんなの財宝であり、トイレを綺麗にすることは財宝をもった神様を大事にすることになり、その家に財をもたらす。


このことは子供に話したいストーリーです。

そのほか、アトピーの子供に対しては夫婦円満が効果的という話は、脈絡がないようですが、科学的にも大いに関連しており納得づくめです。
とにかく感謝!感謝の毎日を送りたいものです。


感謝の心で →→→ 道は開ける
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2010-01-15 12:43 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line