<   2009年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


感謝!平成21年大晦日

平成21年も残すところわずかになりました。
ブログをご笑覧いただき、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございます。

大晦日の過ごし方は決まっている、というご家庭が多いのではないかと思っております。
かく言う私・渋間も大晦日に決まってすることがあります。
その一つに当たり前のことのようですが、水餅を買うことです。

モチは餅屋というとおり、餅屋さんのモチはおいしいものです。
というよりは餅つき機がない、ということもあるかもしれません・・・

水餅は冬の季語によく使われるようです。
水餅の壷消炭の壷竝び(高浜虚子)
この句のように、急に寒さが強くなりました。

荒れ模様の大晦日で、まるで今年の政局を表しているようです。
荒れ模様で、将来へのためにもならない政策が次々と出された年であったとも言えます。
ままならない政策に、地方からモノ申した年でもありました。

地方から国への意見に対してご声援までいただきまいした。
ブログを通じこれまでも、また今年もご指導などいただいたことに感謝いたします。
来る年もよろしくお願い申し上げます。

 
荒れた政局に果敢に立ち向かいます→→→今年も感謝の気持ちです
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の発議の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 議員発議動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-31 23:00 | Comments(0)

人の為と書いて「偽」

先の農林水産大臣受賞祝賀会や地元地域の企業の忘年会やらで、市政のみならず国政にも多くの話を聴くことができました。
中でも民主党候補者が選挙のとき言っていることと、政権を取ってからやっていることがまるで違うことに怒りの声が多数です。

暫定税率に関して、民主党が政権を取ればガソリンが安くなるからと、民主党へ応援するよう触れ回った人が、今は裏切られた思いということです。
だから暫定税率の廃止は無理で、地方のためにならないと今までのブログにも書いていたつもりですが、暫定税率に替わるものは今後もっと悪い仕組みになりそうです。

子育て支援にしても、1度行えば政権が変わっても「止める」ということはできなくなり、巨大な財政支出が必要になります。
しかも負担を求めないとしながら、最終的には地方に負担がかかるようになるようです。
鳩山家の「子育て支援」についても、怒りを通り越して呆れる声が多数。

ここまでくると、もう詐欺です。
鳩山さんは所信表明で「国民のため」と何度も言ったようです。
いわば、人の為に、ということでしょう。
が、人の為と書いて「偽」となるとは東京の相田みつを博物館に行ってみたとき、印象深く感じ、人の為と偽のことをテレビで鳩山さんや小沢さんを見るたび思い出します。

われわれは、人の為と言いすぎる人を警戒したほうがよさそうです。


  
人の為と言いすぎる→→→偽装していると思う
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の発議の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 議員発議動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-29 19:37 | Comments(2)

佐藤五三郎(はちろう)さんの農林水産大臣賞受賞

佐藤五三郎(はちろう)さんの農林水産大臣賞の受賞の御祝いに伺いました。
佐藤さんは、昭和62年から22年米沢市農業委員会委員として、そして平成14年から農業委員会会長として活躍されております。

この間、県の農業会議の役員なども勤め長年にわたる農業農村振興ためのご努力が顕彰されたものと心からお慶び申し上げます。
d0129296_953578.jpg

佐藤さんと私・渋間は、同じ川井地区でもあり、自宅前の田畑を耕作していることもあって、その人柄もよく存じ上げているところです。
農業委員会での成果とあわせ、お人柄でもって表彰されたものと感じております。

佐藤さんの数々の成果のうち、特筆すべきは女性農業委員の増員であります。
これは議会の議決が必要なものでもあり、その議論の中で強く女性農業委員登用を理解したところです。
(議会選出農業委員枠を女性農業委員へとするもので、農地部会と農政部会の人数変更などに伴う条例変更)

女性ならではの感覚で、新たな農業振興策が実行されております。
子どもたちの生産活動参画のための「元気村」事業や地産地消などが挙げられます。

女性の力を最大限活用し、さらに市民の参画も促しながら農業振興にあたっておられるのが佐藤さんなのです。

それにしても五三郎さんで「はちろう」さん。
なお奥様は十四子さんで「としこ」さん。
数字関連名ということもあり、女性の力を再度考えれば、また実際のこととしてご夫婦お二人で受賞されたものであると思っております。

受賞を改めて御祝い申し上げますとともに、今後ますますのご活躍をご祈念申し上げます。


農林水産大臣賞→→→ご夫婦で受賞されたものと思う

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 渋間かすみ12月定例会一般質問動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-27 09:09 | Comments(0)

「蛍の光」3番4番の歌詞をご存知ですか?

1日遅れで大変恐縮しておりますが、天皇陛下誕生日おめでとうございました。
よき日をお迎えして、また関連する問題を出したいと思います。

「蛍の光」の3番、4番の歌詞をご存知ですか?
歌詞を教えていただいたのは、遠藤武彦元代議士からです。

エンタケ先生から「飯豊町議会議員の有志がお疲れ様会を開いてくれるというから、お前もご挨拶がてら一緒に行かないか?」とお誘いをいただき、久しぶりに秘書に戻った気分で運転しました。
d0129296_1613579.jpg

参加者みんなで撮影した写真はその場で出来上がるなど、四方山話で盛り上がる中、「蛍の光に3番、4番の歌詞があるのを知っているか?」という話題になりました。
異口同音に「そんなのあったんですか?」「知らない」という答えです。

そこでエンタケ先生がメモ紙に歌詞を書いてくれました。
「蛍の光」
3番 筑紫(九州)の極み 道の奥(東北・北海道)
   海山遠く 隔つとも
   その真心に 隔てなき
   一つに尽くせ 国のため
4番 千島の奥も 沖縄(琉球王国)も
   八州(やしま)の国の守りなり
   至らん国に 勇(いさお)しく
   つとめよ我が背(夫・妻) つつがなく 

(カッコはエンタケ先生による意味説明書き)

なかなか良い歌詞です。
これが戦後GHQにより“無いもの”にされました。
だからその場に居合わせた誰も知らなかったのです。

みんなで歌おう、と急に飯豊町議会議長が言い出し、それで大合唱!
歌っていて気持ちがいい歌詞であり内容です。

国家観というものがなくなっている現政権の今こそ、歌わなければならない歌詞だと感じました。

 
蛍の光は→→→3番4番まで歌おう

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 渋間かすみ12月定例会一般質問動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-24 16:31 | Comments(4)

悪政に地方からの意見書が続々<定例議会最終日>

21日、12月定例議会の最終日は議案や請願、発議の採決が行われました。
議案18件については、これまでのブログに書いているように注文や条件をつけたりしながら原案どおり可決しました。
請願2件は、私・渋間が紹介議員になった請願は採択され、別の請願は不採択となりました。

特筆すべきは、議員発議による国への意見書提出です。
3件あり以下の内容です。

1.子育て応援特別手当の執行停止に対する意見
2.国の事業仕分けによる有機EL関連事業の廃止に反対する意見
3.永住外国人地方参政権付与に反対する意見
d0129296_12292626.jpg

1番目は、地方議会の議決を軽く見、地方に相談することなく一方的に廃止し、地方が困惑したことに対して、国はもっとしっかりせよ、地方をないがしろにするな!というもので私・渋間からの提案です。
賛成21人、反対2人(民主党系)により、地方の声を国に届けることになりました。

2番目は、山形大学工学部の「地域卓越研究者戦略的結集プログラム」の廃止に反対するものです。
これは全員賛成でしたが、わけのわからない質問が出てちょっと混乱しました(数日後、米沢市議会のHPからネット配信動画でご覧いただけます)

3番目は、文字通り永住外国人に地方参政権を与えようとすることに反対するものです。
なぜ、外国人に地方参政権を与えてはならないか?これについては、字数を要しますので機会があればブログ本文にしたいです。
結果は、賛成15、反対8(共産党、公明党、新社会党)となり、国が法制化しようとしている外国人の地方参政権付与に反対することを、国に意見することになりました。

このように、地方から国にモノ申す、意見するという状況が多いです。
それだけ現政権の政策は地方を疲弊させ、困惑させているといえるでしょう。
地方議会による国への意見書提出は、地方の要望を小沢幹事長に集中させるという暴挙に対抗しうる法的な手段であります。

それにしても最終日の意見書提出、請願の紹介議員、一般質問と、出番が多かった議会でありました。

 
悪政には→→→地方から国へ断固意見する!

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 渋間かすみ12月定例会一般質問動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-22 12:35 | Comments(6)

ちびっこフェスティバルと光のページェント

上郷児童センターちびっこフェスティバルへのご案内をいただき、お伺いしてきました。ちびっこフェスティバル、いわばお遊戯会です。
d0129296_19505030.jpg

年少、年中、年長と成長の様子が明らかにわかります。
体の成長は望めないとしても、われわれ大人は1年でどれくらい成長しているのだろう?子供の成長のスピードは圧倒的なものを感じます。

ちびっこフェスティバルの後、仙台に向かいました。
小ブログで何度も触れてきた、東北地区青年会議所の仲間と会うためです。

ローカルファースト推進(地産地消)というテーマで、今年1年学んできました。
その反省会というよりは、これまた望年会のようなものです。

雪国・米沢から、あまり雪が降らない仙台に到着。
この時期の仙台の風物詩、光のページェントを見に行きました。
d0129296_19511381.jpg

初めて見ましたが、いい感じです。
ただ、アラフォーのおじさんたちだけなので、感嘆の言葉もなく、電気料とか作業とか青年会議所のかかわりなどの話になります。

エコ意識から電球の半分はLEDということです。
光のページェントも雪が少ないからできるものと思います。

子供たちと大人、雪国・米沢と仙台、自然と比較している1日になりました。

  
あらゆるものが→→→自然と比較の対象になると思う

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 渋間かすみ12月定例会一般質問動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-20 19:55 | Comments(0)

136周年と望年会

上郷小学校浅川分校創立136周年記念式典へご案内をいただき、お伺いしてきました。
いつもご案内いただいているにかかわらず、12月議会の一般質問初日にあたっていたため、これまで出席できずにおりました。
今回は、インフルエンザで学校閉鎖になり、延期したためタイミングよく出席かなったという次第。
d0129296_17555115.jpg

分校の生徒は1年生から3年生までの低学年が学び、少人数ゆえ当番や問題の返答をあてられる機会が多い、という特徴もあります。

それにしても136年。
136年前には、何があったのか?
野球が日本ではじめて行われた、ともいわれております。

単に年月を重ねるのを喜ぶだけでなく、これまでのことを振り返ることによって「これから」に結びつけることができるいい機会です。
そんな思いを持ちながら、次の準備があったため、式典を後にしました。

次の準備とは、私・渋間の後援会役員会の望年会なのです。
私・渋間の後援会で、忘年会という名称を使っておりません。
浅川分校136周年と同じように、「これから」を念頭に置いているからです。

2年前からそうしております。平成19年12月末の渋ろぐ
今年特に、この「望」年会としているのを目にしたりします。
(渋間かすみ後援会がその走りなのかな?)

多くの団体が年末の忘年会を望年会として開催し、希望が持てるような明るい生活や地域そして国にしたいものです。


忘れてならないものもある→→→望みある年にするよう考動したいと思う

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の様子が動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ 渋間かすみ12月定例会一般質問動画 
[PR]

by shibuma | 2009-12-19 18:02 | Comments(0)

天皇陛下の政治利用を許してはならない!

独裁政治を打破しよう!
独裁政治と闘おう!と題してこれまでも小ブログで、現政権の危うさを触れてきました。

ブログは時に主観が入りますが、もはや現政権・民主党は「独裁政治」であることは客観的なものといえるでしょう。
地方の要望は小沢幹事長でしか受け付けない、という傲慢をその根拠に書いておりましたが(言えばもっとあります)、もっとも顕著に理解できるものは「天皇陛下の政治利用」です。

民主党は政治利用でないと言いますが、天皇陛下については憲法に規定されており、憲法学者の判断はどうなのか?

▼小林節慶応大教授(憲法)の話 
中国の副主席が天皇に会いたいと言ってきている以上、中国側に政治的な意図があるはずで、それを分かった上で(特例措置で)天皇との会見を設定したのだから、政治利用に当たるのは明らかだ。外交は政治家の仕事であって、過去の戦争を考えれば、もっと慎重に対応すべきだった。天皇は日本の象徴であり、政治的に利用してはならない存在だ。中国側に言われるままに無防備に要求に応じた政府・民主党の姿勢は勇気に欠ける。

ほかの憲法学者も同じように、政治利用であることを指摘しております。
陛下の国事行為の条項からも、政治利用であると断言しております。

しかも、小沢幹事長が民主党議員をはじめ600名超が"へつらい外交"で[中国詣で]をした御礼の意味を含めて、強引に天皇陛下と中国の副主席との会談を設定した、という報道です。
もう「民主党あって政府なし」という状況です。

党あって・・・とは中国の政治体制(共産党体制)そのものです。
民主党という党の名前は偽装で、決して民主的なものはなく、独裁そのものです。
なにせ献金はじめ偽装は得意な党なのです。

独裁政治と闘うにしても打破するにしても、多くの国民の声が必要です。
まずは、この事実(=民主主義の危機、国家の危機)を多くの国民に知らせることだと思います。

  
独裁政治と闘う前に→→→独裁政治であることを多くの人に知らせよう

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

先の一般質問の様子が本日より動画でご覧いただけます。
こちらもぜひ→ http://www.yonezawa-city.stream.jfit.co.jp/vod_play.php?CNTID=1980&PREVPAGE=%CC%E1%A4%EB 
[PR]

by shibuma | 2009-12-16 22:44 | Comments(0)

遅い!アレルギー児童・生徒への対策

予算委員会があった本日です。
補正予算の款項目があるものについて関連質問ができます。
私・渋間からは、2点ほど質しました。

ひとつは農業振興費です。
農業は米沢の基幹産業と、よく市長は言いますが、言葉だけに終わっています。
その証左に、米沢市に工業振興計画や商業振興計画はあるものの、農業振興計画はありません。
農業振興計画を策定するよう求めたものです。

答弁は、計画の概要版を急ぎ策定します、というもの。
遅いぐらいですが、まあ一歩前進したといえます。
後は中身をキチンとしたものにするだけです。

つづいては、小学校費・中学校費についてです。
なかでもアレルギー児童・生徒の現状と学校給食の対応について問いました。

米沢市内にはアレルギー体質の児童・生徒は160名ほどおり、学校給食の対応は除去食で行っている、との答弁です。
私・渋間が知りえた現状とかけ離れているため、さらに質すと、自分で除去するような除去食だったり、学校ごとの対応で、市としての明確な指針なりがないことが明らかになりました。

ここでも米沢市政の“遅さ“が浮き彫りになりました。
今後、学校ごとでなく市としてのアレルギー対応指針やマニュアルを作成するよう求め、市として対策を講じることになりました。

アレルギーへの対応は、米沢では今、途についたばかりと言えます。
これも今後、実効性あるものにしていく決意です。

さらに年来言い続けている、完全米飯給食の実施も求めました。
米飯そして米飯にあう伝統的な食・おかずもアレルギー対策に大きな効果があるのです。

米沢市には、人材を含めて素晴らしい資源がたくさんあり、活かしきれていないのが今の市政であり、正していかなければならないことです。
米沢市政、課題は山積している。


問題を対処療法的なものにしている →→→ 大きな指針が必要と思う

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-12-15 20:39 | Comments(4)

条件つき議案賛成

議会中の産業建設常任委員会があった本日です。
委員会に付託された議案は2件です。

一つは、上郷小学校体育館の建築工事請負契約について。
二つ目は、米沢市手数料条例の一部改正について、です。

手数料といっても産業常任委員会にかかるものとして、建築確認申請等手数料が千円から数千円アップするというものです。

2件とも委員会では全員一致可決しましたが、条件付のような注文をしながらのものになりました。

上郷小学校体育館については、照明の一部にLEDを使用することになっておりますが、有機EL照明を先行的に使うべきである、ということです。

さらに、建築確認申請等の手数料アップという話はこの節、あまり好ましいものではありません。
県や他市町村と一律に同額にしたい、というものです。

そんな理由で通るはずもありません。
米沢市政全般にいえることですが、都合の良いときには他市町村とあわせたい、としながら他市町村で行っている事業を米沢でも、と言ったときには「後発の優位性」という理由で他市町村がおこなっていることもやらずにいる、という具合なのです。

モノによりけり、なのですが基準を市民の目線にしたときにハッキリします。
今回の手数料アップなどは、市民にとって好ましいものでありません。
住民公募債の提案などは、市民にとって市政への参画や財政状況を知る機会にもあり、好ましいものです。

市民にとって、好ましくないものを他市町村にあわせ、好ましいものを他市町村にあわせないのです。

一方でアップする理由もわかります。
建築基準法の一部改正によって建築確認などの対する審査が厳格化されたことに対するものです。
ただ、事務量が若干増えるというものなので、手数料アップ分のシッカリした建築確認をするよう「注文」して議案を可決したのでした。

議決は重いもので、それゆえ馴れ合いにならずに今後も取り組みます。

  

単に議案に賛成するだけでない ↓↓↓
         キチンと注文なり条件をつけるべきと思う
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-12-14 22:14 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line