<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


伊達市議会「創志会」との交流・勉強会

市政協議会がありました。
直前のブログ・産業建設常任委員会以外の、委員会での協議事項を質疑できる機会です。
特筆すべきは「中心市街地活性化基本計画」ですが、これについては同僚の相田克平議員のブログ 「明日は今日の次にある」→「動き出せ!まちなか再興」をご覧ください。

市政協議会を終えて向かったのは、福島県伊達市です。
というのは、福島市議会の会派「みらい福島」との交流と共同勉強会については、かつてのブログでも触れました。
福島市議会に続きというか一緒に、同じ福島県の伊達市との交流を今回始めて持ちました。
d0129296_1102398.jpg

伊達市議会の中でも「創志会」という会派と福島市議会「みらい福島」と我らが「一新会」です。
おそらく、党派を別にして(保守系であることは確か)会派で他市議会、しかも会派別の交流をもつのは、あまり聞かない交流・勉強会です。

今回初参入となった伊達市での取り組みを学びました。
内容については報告すべきこと多々あり後日にしますが、伊達市についてちょっと・・・
伊達市は平成18年に伊達・梁川・保原・霊山・月舘の各町が合併してできた市です。

市役所は旧保原町役場で、できて5年という新しいスケルトンタイプの庁舎です。
会議室、委員会室、議場もガラス張りで、外の風景を見ながらの議論とはどういうものだろう、集中できるのだろうかと不思議な感じがしました。
d0129296_1104365.jpg

名前の通り、伊達政宗の伊達家の発祥の地であり、上杉とも大いに関連する土地です。
歴史的に共通することもさることながら、東北中央道の建設も現代的課題として共通しております。

そういう伊達市その議会、中でも創志会の交流・紹介の中で、米沢に活かしたい伊達市の取り組みを学んだのでした(つづく・・・)


市単独で行き詰ったときは →→→ 広域が有効だと思う
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-30 23:18 | Comments(0)

行政の「計画」について思うこと

産業建設常任委員会・協議会が開催され、産業部、建設部にかかわる報告事項に対する質疑がありました。

1 食育推進計画に策定について
2 平成21年度除雪計画について
3 景観計画(案)のパブリックコメントの実施について
4 都市計画変更(案)の説明会の実施について

いずれも「計画」がかかわり、実施にあたっては市民への参加が求められるものです。

計画倒れになっている「計画」が多く見受けられます。
特に、法律により市町村の努力規定で策定している「計画」はまさにそれです。
計画策定までは一生懸命だが、実施となると懸命さを失うのが行政の定めのように思えてなりません。

計画を策定する際には、一般公募を含めた市民からなる委員会で検討されますが、ここの議論があまり見えてこないのが実情です。
計画策定検討の段階で、広く多くの市民が参加することで計画を実行に移しやすくなるものと考えます。

時間の制約もあるのでしょうが、パブリックコメントで意見を寄せろ、というものではなく行政から出向いて説明します、意見を伺います、というスタンスが重要です。
そのほうが計画の中身をより多くの市民が知る機会になり、実行しやすくなります。

さらは、計画の中で数値化できる目標を定め達成度を計る必要もあります。
視察をしてきた市ではその視点があり、本市に欠けているものでもあり、早速、視察の成果を本市にあてはめることができました。

計画はつくってみても、市民に周知、実行されなければ、意味がないのです。

 
実行されてこそ →→→ 計画だ
 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-28 20:53 | Comments(0)

全庁で取り組むべし<委員会視察3日目の2;最終>

久留米市を後に、すぐ特急つばめに乗って50分ほどで熊本市へ。
熊本市では「食育の取り組み」を学びます。

熊本市は人口66万人、市町合併で70万人の政令市を目指している大都市です。
大都市といえ農業産出額で全国22位の267億円を誇り農業も盛んです。(因みに米沢市70億円)

熊本市を特徴づけているのは「水」です。
水道資源が100%天然地下水ということで、農業を地下水を涵養する機能を持たせており、うまい野菜=ひご野菜として売り込んでいます。
d0129296_23385739.jpg

担当者から話を伺い、質疑する場所は熊本市議会・委員会室です。
ここから日本三名城・熊本城がみえます。
ホント綺麗なお城で、お城を望みながら議会審議するのは、古人に思いを抱きながら使命感ある議論になるのではないでしょうか。

さて熊本市の食育についての説明は、健康福祉局健康づくり推進室長の佐野さんと経済振興局地産地消推進室長の松嶋さんをはじめとする両室の職員の方々です。
米沢でいえば、健康福祉課と農林課というところでしょうか。
d0129296_23395290.jpg

国の食育基本法が制定(平成17年)されてから、すぐに熊本でもそれに基づく計画を策定しようと、食育やそれに伴う地産地消、農業推進について平成18年には「食の安全安心・食育推進」のための庁内5局12部30課で検討を始めました。

13回の地域座談会を開催し、計画策定のため、学識経験者や市民公募による策定委員会委員によって協議され平成20年には、「食の安全安心・食育推進計画」が策定されました。

計画自体はボリュームがあり記しきれませんが、食の安全安心があって→食育の推進があり→食文化の継承と地産地消の推進がある、という市民参加型のものであります。

食育推進計画を米沢でもようやく検討段階になりましたが、米沢の場合、農林課に「押し付けている」感じがします。
食育は、熊本市のように、健康福祉、教育委員会、農林課、商工課などさまざまに及び、全庁マターで取り組まなければならないものです。

また、よく米沢市政では都市の規模が違うことを「しない・できない」理由をあげておりますが、逆に大都市なのに食や農というものを積極的に取り組んでおります。
この辺の違いも見受けられた熊本での視察になりました。
米沢の課題は山積している・・・


押し付け・縦割り行政でなく →→→ 全庁ですべき課題がある


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-26 23:41 | Comments(4)

まとまって開ける道

認可外保育所の連絡協議会結成大会がありました。
ようやく認可外保育所が単独ではなく、団体としての活動を展開することによって、認可外の地位向上が図られるようになるのではないかと期待しております。

これまで認可外保育所については、議員の個人的な関心のもとでの一般質問や予算委員会での指摘だけにとどまっておりました。
単独の保育所の声でなく、多くの保育所の声として市政に届けられることになり、望ましい姿です。

以前のブログでも、このカタチを求めてきたことを触れておりましたが、それが形作られると思うと、感慨深いものがあります。
d0129296_19125055.jpg

認可外保育所関係者のほかその保護者や子どもも参加した結成大会のあとは記念ライブとして、荒巻シャケさんの親子ライブです。
荒巻シャケさんは、保育シンガーソングライターということで、ギターを弾きながらリズムに合わせて体操をする、親子で楽しめるライブでした。

結成大会にしてもライブにしても手作り感いっぱいのもので、彼らの力になりたい、そんな気持ちの日曜日になりました。


単独行動でなく →→→ まとまって活動してこそ開ける道もある


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-25 22:13 | Comments(0)

学ぶ愉しさ 超える力 <祝!市立7中10周年>

直前のブログでは、委員会視察3日目の1とあえて「の1」をつけました。
移動距離もさほどでもないため、同日に久留米市に続いて熊本市の食育について視察をし、それが視察報告「3日目の2」になるはずでした。

しかし熊本市の食育への取り組みの報告は、後にします。
というのは視察地から送った資料がまだ届いていないからです・・・

ここで視察のときの資料について、ちょっと触れたいと思います。
配布される資料はその時々で違いますが、視察内容の資料の他に、その土地の議会資料も含まれることもあります。
議会資料は米沢市議会と比較するうえで、タイヘン参考になりこれも貴重な資料と思います。

視察内容資料とあわせると、4箇所の視察箇所となると8つの角2封筒がバックを占領することになり、帰り際は重いのなんの・・・(1枚1枚は軽くてもまとまると重いのが紙なのです)
そこで、議員全員の資料をまとめてダンボールに入れ、議会事務局に宅配便にした次第。
言い訳が長くなりましたが、その資料がまだ届いていないということで、熊本市の視察報告は後日です。

本日は米沢市立第7中学校の創立10周年へのご案内があり、お祝い申し上げてきました。
この機会に校是を制定し、学校教育目標を改訂しました。
校是は「学ぶ愉しさ 超える力」米沢の書道家・高橋禎華さんの揮毫がステージ脇に掲げられました。
d0129296_16165526.jpg

さらに生徒からデザインを募集し、地域の方から土台の巨石を提供していただきながら、シンボルとして記念モニュメントが玄関脇に設立されました。
校長自慢の、というだけあって漢数字の七をデザインした素晴らしいモニュメントです。
d0129296_1617185.jpg

式典終了後、記念講演会もありました。
山形県最上町出身の冒険家・大場満郎さんが「迷わず進め 正直の道」と題しての講演です。

北極と南極の両極を単独歩行横断された話は、面白く冒険のみならず何にでもあてはまる精神です。
10周年を迎える中学生だけでなく、大人が聴くべき話だと実感しました。
機会があれば、大場さんの話を単独でブログに書きたい内容です。
d0129296_16173810.jpg

大場さんへの御礼の意味も込めて、生徒全員による合唱がありました。
なお、7中生徒の合唱は大変評価が高く、かつてもブログで紹介しましたが、このたびも聴いて感動しました。

10周年というと伝統がないようですが、「7中の合唱はスゴイ」という先輩たちがつくった評価を更に超えようという意気込みがあり、それが「伝統」になっていくものと思います。
すでに7中の伝統になっているのかもしれません。
素晴らしい、伝統にもなっている生徒全員の合唱でもって実に締りのよいものでありました。

 
伝統は →→→ 創っていくもの続けていくもの


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-25 01:23 | Comments(0)

農業の多面的機能を最大限に<委員会視察3日目の1>

板橋区の複合型アンテナショップや商店街の取り組みを視察したあと、羽田空港に向かいました。
次の視察地、福岡県久留米市での「食料・農業・農村基本条例」とその基本計画を学ぶためです。

米沢市でもようやく食育基本計画を策定しようとしており、その参考にさればという思いで臨んでおります。
というか、久留米のように本当は条例を策定すべきと考え、以前のブログにも書いたように議会に特別委員会を設置しようとしたほどです。(残念ながら全会一致の原則があり特別委員会設置はできませんでしたが・・・まだ諦めていませんけど)
d0129296_2274014.jpg

その前に久留米市の概要と農業事情について。
今年で市制施行120周年という米沢と同じ歴史をもつところです。
久留米市は人口30万人の福岡県南部の最大の都市で、人口規模の割には駅が小さいなと思いきや、九州新幹線鹿児島線の開通に向けて駅の改修をしておりました。

米沢の面積54000haに対し、久留米22000haそのうち耕地面積は米沢4700haに対し久留米9000haあります。
農家人口は米沢9000人、久留米33000人とこれは人口規模に比例しているようです。
すごいのは、生産高で米沢の70億円に対し久留米は320億円と全国でもトップ15のいわば農業を基幹産業としております。

古くから農業が盛んで、温暖な気候から二毛作を実施しており中産間地域以外は耕作放棄地がなく、農地を有効利用している、ということです。
久留米市としても農業に力を入れており予算規模からも理解できます。
d0129296_2284430.jpg

ただ、久留米では何でも採れるため「これだ!」という作物がなく、そのこと自体がデメリットでありメリットだ、という話でしたが、種苗苗木の生産が多いのが特徴(特にツバキ苗木の生産が日本一)で、二毛作とあわせて収益が大きいものと伺えます。

こういう農業事情を背景にしながらも条例と計画によって、更に農業を強化しようとしております。
条例や計画によって農業という産業強化のみならず、食育の観点からも健康福祉や教育分野にも及ぼし、市民の福祉向上につなげようとしており、素晴らしい展開をみせております。

条例制定の機運になったのは、そうはいっても農業の低迷、担い手不足、食の安全安心という要求の高まりから、農業従事者やJAにより署名活動そして議会への請願です。

平成14年6月議会で請願が採択され、15年4月から条例検討へ着手。
1年間、市民からの意見を集約するなどさまざまな会議を開き、16年3月議会で全議員賛成で条例が成立した、という経過です。

条例には行政、事業者、市民の責務(市民は努力規定)を定め、特に計画を定めることが行政の責務としてあります。
さらに、その計画に対する目標を設定し、目標に対しての成果を公表することが行政側に義務付けられております。

農業の持つ多面的な機能を最大限活かした計画で、食育や地産地消も取り入れた素晴らしい取り組みです。

私自身、何度か小ブログで取り上げ、1年かけて東北地区の青年会議所で取り組んできた食育や地産地消というテーマです。
東北(会津若松市、弘前市)や新潟で見受けられる条例ですが、西日本以西、九州では初の条例ということです。
d0129296_229381.jpg

市民への周知のための冊子も業者に委託せず、漫画のうまい職員による手作りで、現場を知るが故のわかりやすく、凄くいい出来栄えのものです。

なにもかも参考になった久留米市の「食料・農業・農村基本条例と計画」でした。


市民参加型農業政策を見習うならば →→→ 久留米市がいいと思う


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-23 22:14 | Comments(0)

熱意の伝播 <委員会視察2日目>

視察2日目(21日)は、板橋区での商店街の取り組みと商店街が行っている複合型アンテナショップ「全国ふる里ふれあいショップ・とれたて村」についてです。

まずは板橋区役所で商業振興策ととれたて村の概要について説明いただきました。
板橋区内には100に及ぶ商店街があり、不況の影響か、空き店舗の課題があります。
空き店舗解消事業として、都1/3、区1/3で上限20万円の家賃補助を行っています。
d0129296_21485965.jpg

中でも空き店舗が少ない、というか空き店舗がないハッピーロード大山商店街の複合型アンテナショップの取り組みは、板橋区と交流がある自治体にとってかなり有効なものがあります。
板橋と交流があるのは全国11市町村で、山形県では尾花沢市、最上町ということです。
d0129296_21493473.jpg
実際にハッピーロード大山商店街に足を運びました。
加盟店舗数は217店(加盟率95%)で、全長560mのアーケードによる商店街です。
1日の来街者数は28000人という都内でも有数の商店街です。

この商店街にアンテナショップをと考えたのは、主に2つの理由があるようです。
ひとつはデパートが行うアンテナショップの集客力を商店街にも、とした点。
もうひとつは、板橋区民祭をした際に各県人会が主催した物産展が盛況だった点があります。

これらを基に区内の大山商店街にアンテナショップを、しかも板橋区にゆかりのある市町村のアンテナショップを、ということです。

これまで商店街の1日の来街者数は25000人だったのが、これで3000人増加したことのほかに更にスゴイのは、東京というほとんど地産地消が期待できない土地柄で、商店街からの商品しかも協定を区とゆかりのある市町村からの農作作物で、学校給食を導入していることです。

いわば地産地“商”を実践しております。
d0129296_21504456.jpg

これを可能にしたのは、商店街が運営している「全国ふる里ふれあいショップ・とれたて村」です。
これが区とゆかりがある全国の市町村のアンテナショップといえるものです。

商店街の活性化に寄与し、全国のアンテナショップの出店の場所となり、区内の学校給食の食材の供給基地にしているという一石三鳥の素晴らしい事業です。
d0129296_21513998.jpg

とれたて村のほかに、イベント広場を開催し、板橋と交流がなくても全国各地の短期のアンテナショップとなって、さらに賑わいをつくっております。
アイデアの源泉は商店街にあり、商店街の水野事務局長の「熱い」語りからわります。
d0129296_21523056.jpg

まだまだ書き足りないところあります。
ただ言えるのは、熱意が地域を越えた行政、人々を動かしている事実を目の当たりにしたということです。

 
一人ひとりの熱意が →→→ 行政を動かし人々を動かす


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-22 21:41 | Comments(0)

情報発信が重要!<委員会視察報告1>

昨日(20日)より産業建設常任委員会の管外視察です。
その都度報告しようとしましたが、ネット環境が整っていないホテルがいまどきまだあるんですねぇ、1日遅れの報告になります。

初日2日目は東京でアンテナショップの先進事例を学ぼうとするものです。
米沢でも「おしょうしなショップ」いわゆるアンテナショップを大都市・東京に単発的に出店しましたが、恒常的な出店となるとどのようなスタイルがいいのか、さまざまな取り組みを視ました。
d0129296_17562582.jpg

神奈川県三浦市で出店している「三浦市東京支店事業」をまず視察。
JR神田駅から歩いて5分もかからないところに三浦市東京支店があります。(メインの通りでないためわかりにくいかもしれません)

三浦市は人口4万8千人、三浦のマグロをはじめ漁業のほか農業も盛んです。
いわば「売る」ものが多くあるといえます。

三浦市のアンテナショップは、なんと我らが母校・明治大学とのコラボレーションで出店しております。
明治大学商学部の熊沢ゼミの研究の一環として、学生たちが店を手伝っております。
d0129296_17554118.jpg

千代田区には空き店舗などもあり、対策として都や区の助成事業がはじまりのようです。、また大学も入り産学官連携の優れた活動であるといえます。
三浦市からの職員を一人常駐させることを条件に、家賃は大学が支払い、モノは三浦市から届け、三浦のPRも兼ね、三浦の品物を売っている状況です。
三浦市としてはオイシイ事業ではないかと思えます。

お伝えすべきこと多々ありますが、報告書に委ねることにします。
d0129296_17565086.jpg

続いて山形県のアンテナショップをはじめ、他のショップも視察しました。
有楽町の駅を降りるとすぐに北海道のショップがありました。
北海道も食の宝庫、多くの客で賑わっておりました。
北海道と同じビルには、全国商工会のショップもあります。
d0129296_17572565.jpg

目的の山形県ショップに行く前に、地下鉄銀座一丁目駅の出口すぐのところに、今度は沖縄県のショップがありました。
文化の違いがわかる店のコンセプトで、ここも賑わっておりました。
d0129296_17582072.jpg

沖縄県のアンテナショップから歩いて数分のところに、ようやく我らが山形県のショップがありました!沖縄より立地条件が悪いですが、どうしてどうして賑わっております。
d0129296_17585830.jpg

2階には山形県の食材を使ったレストランがあり、いつも盛況だそうです。
また観光案内などのスタッフもおり、笑顔で迎えてくれてます。

山形県の新品種米「つや姫」も売られておりました。
生産地ではまだお目見えしていないのに・・・

翌日は板橋区の商店街視察のため、近くの宿泊場所を池袋にしたため、そちらへ移動。
ターミナル駅として大きい池袋駅の出口すぐ近くという一等地で場所的には申し分の無いところに宮城県のアンテナショップがあります。
d0129296_1852979.jpg

宮城県のショップはどうか?贔屓目でみているからかもしれませんが、山形県のよりお客さんが少ないような気がしました。

いずれにしても、その土地の食材などを売り出し、同時にその土地の情報を発信しております。
米沢のアンテナショップを出店する際には、これら見てきたこと学んできたことを活かしたいと思います。

  
アンテナショップ →→→ 情報発信機能がある


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-21 18:00 | Comments(0)

世界の城戸、地域の施設

置賜2市2町(米沢市、南陽市、高畠町、川西町)の恒例の議会議員親善交流会です。
これまた恒例の講演会があります。

今年は米沢市が当番です。
米沢を代表する講師いや日本、世界といえば、山形大学工学部地域活性化教授?もとい理工学研究科教授 城戸淳二先生です。
d0129296_2133878.jpg

演題は「有機ELと地域活性化」ということで、小ブログで何度か触れてきたように、有機ELが日本に、地域にもたらす“絶大な”効果をわかりやすく講演されておりました。
具体的には同僚の相田克平議員のブログ「明日は今日の先にある」に既にアップされておりますので、そちらを参照してください。

城戸先生の講演で心が動かされることがない為政者、議員はどういう神経をしているのだろうと疑問です。
有機ELの有効性だけでなく、教育者としての活動も含めてです!
いっそ、わからずやの市民県民代表の脳を、どの配線が間違っているか有機的に解析してみたいものです(言い過ぎか!?)

さておき、議員交流会では素晴らしい講演の後、交流する機会として米沢、南陽、高畠、川西対抗のパークゴルフ大会です。
もちろん大会は遊び的な部分もありますが、施設視察としては置賜広域行政での事業である千代田クリーンセンターの余熱利用施設として「パークゴルフ場」を設置した経過もあり重要です。

それを実際、プレーしながらユーザーの気持ちになろうとするものです。
なにせ私自身、置賜広域議会議員として、いやになるほど議論した施設なのです。

パークゴルフはやってみて面白く、熱くなります。
簡単ですので、ぜひ遊びに来ていただきたく思います。
(プレー代;18ホール300円)

あえて言わせていただければ、実際、芝の生え具合が悪いのが、われわれ素人にもわかります。
(だから私の結果が良くなかったのか!!!)
(みんな条件は同じなんだけど・・・)
芝の状況は運営側も了解しており、今後改良され、さらに利用しやすい施設になるでしょう。

パークゴルフのプレーや城戸先生の講演を通じて、他市町の議員との情報交換はとても有意義でした。


内にこもらず →→→ 外に出よう


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-19 21:40 | Comments(0)

積み重ねてこそ!

渋間杯争奪上郷地区野球大会がありました。

この事業と同日同時刻に、我らが支持する後藤源県議会議員の1日研修旅行がありました。
いわば自分が主催する大会と支持する県議の会、戸惑いましたが県議の会には遅れて参加することの了承を得て参加することに・・・

渋間杯争奪野球大会は(←)かつてのブログにも記している通り、野球を通じて地域と世代を超えて親睦を図る素晴らしい事業です。
ここで始球式、開会の挨拶をしてから県議の事業に参加したのでした。
(今回の始球式では、暴投はありませんでした・・・)
d0129296_23215471.jpg

向かった先は、二本松の菊人形まつり。
NHK大河ドラマ「天地人」をテーマにした菊人形で、多くの観光客で賑わっておりました。

菊人形まつりの会場は、二本松のお城です。
これもかつてのブログに記したように自分自身「想い」が強い場所です。
d0129296_23221749.jpg

それは「爾の俸 爾の禄・・・」ではじまる、肝に銘じたい言葉がある本拠地なのです。(石碑の意味は↑以前のブログ参照)


心に刻まなければならない言葉は、石に刻め!
忘れてならない恩義は、石に刻むように心に刻め!

渋間杯野球大会にせよ、二本松のお城にしても、以前も想いを寄せながら、今なお感慨新たになります。
「かつてのブログにも・・・」と最近多くなりましたが、その時の感動、良い言葉や良い事業は積み重ねてはじめて身(実)になるものと、思うに至っております。


身につくまでに →→→ 「くりかえし」が必要と思う。


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-10-18 23:27 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line