<   2009年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


know who

平成18年のJC東北地区協議会会長であった吉沢彰浩先輩の講演です。
東北、青年というキーワードでいえば、東北とは中心から見たときの位置で名づけられたものであり、ならばこれからは地方が中心となって変えていこうとするのが青年の使命である、という出だしの話から気概を感じるものです。
d0129296_21452769.jpg

そのためには「運動」が重要と言います。
たとえば、日本青年会議所発の「もったいない」運動は、1994年から1999年まで国際青年会議所の公認プログラムとして採用され「グローバルMOTTAINAIムーブメント」としてJCIの海外拠点がある各国で展開されました。

青年会議所発のもったいない運動が結実したのは、ケニアのワンガリ・マータイさん(環境保護活動家、2004年に環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞)が日本人の「もったいない」の精神を広めたことにあります。
青年会議所運動の成果です。

運動論として、think global、act local(構想は大きく、実行は身近に)とあり、同じ考えなので、お墨付きをいただいた気分でした。

ただ最近のJCは、自己完結型になっている向きがあり、そうではなく意識改革を求めながらも社会システムの変換を求めていく必要性をうったえておられました。
「あるべき論」に終始するのではなく、アクションプランをたて市民と協働で運動を展開していく、まさに議会にも通じる内容です。

社会システムの変換には、ノウハウ(know how)でなくてノウフー(know who)がポイントになる、という話にも納得です。
自分が知らないものは他に求める、という方法は有効です。
そのためには、出不精にならず積極的に外に出ていかなければならないものと思います。自己弁護かな?

   
know whoで →→→ 外へ出よう!



d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-30 21:45 | Comments(3)

オンリーワンのつくり方<東北JC 米沢委員会>

おもてなしの心でお迎えした米沢での(社)日本青年会議所 東北地区協議会 東北ゼミナール委員会について報告します。
これまで、東北JCとか東北地区青年会議所という紹介でしたが、正式には上記のように呼びます。
d0129296_21332621.jpg

さて米沢での委員会の会場は、観光客で賑わう上杉神社のど真ん中、臨泉閣です。
写真、上杉神社鳥居の右の建物が臨泉閣です。
会場設定も、おもてなしの心のひとつです。

とはいっても、ゼミナールの名称どおり、観光客を横目に学習です。
この様子は、ブログを書いているゼミ生がいて、「オーディオと映画と日常」 を参考までご覧ください。

東北各地を廻って委員会を開催しておりますが、最終章は福島・南相馬市での発表会です。
そこで単なる発表ではなく、マスコミにもご協力をいただきながら効果的な発表を学ぶ場にしました。
d0129296_21334482.jpg

講師には、この4月に新たに山形鉄道㈱の代表取締役に就任された野村浩志さんです。
野村さんは、山形鉄道㈱の社長公募に募集され、これまでの卓越した実行力やフラワー長井線の具体的な活性化策が評価されて、公募で選ばれた41歳という若さの「変わった」社長です。

演題は「オンリーワンのつくり方~効果的なプレスリリースの方法~」
1時間30分の講演は、もっと時間が欲しいくらいの内容でした。
自己紹介からして面白い!これだけでブログエントリーできそうです。

ですが、趣旨は「マスコミに協力いただきながらの効果的な伝播について」です。
野村さんは、そのポイントとして「さ・し・す・せ・そ」を挙げておられました。

さ サプライズ
し しっかりしたキーワード・タイトル
す スピード感  すーっと頭に入る
せ 世界に一人 一つ =オンリーワン
そ 即、行動する

なかでも、サプライズ、オンリーワンについて熱く語られました。
オンリーワンのつくり方の「あ・い・う・え・お」や観光客によく売れる5つの「わ」、夢や目標がかなう「が・ぎ・ぐ・げ・ご」その他、紹介して多くの人にとって参考になるものばかりでした。
後日、記したいものです。

野村さんに引き続き、吉沢彰浩先輩(青年会議所東北地区協議会の3年前の会長)の講演もぜひ紹介したい内容ですが、これまた後日ということで・・・

とにかく時間とお金をかけ東北各地からわざわざ米沢にお越しいただいた皆様に、おもてなしの心で納得いただけるような委員会を心がけましたが、どうだったのか、後の評価になるところだと思います。

  
もっと紹介したいことや評価は →→→ 後日になります



d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-29 21:39 | Comments(0)

おもてなしの心で

本日午後から、青年会議所東北ゼミナール委員会が米沢で行われます。
東北各地からそれぞれの地域の優秀な人材をローカルファースト(地産地消)というテーマのゼミナール(講座)で更に強力に人材育成をしようとするものです。

米沢で行われるからには、米沢を堪能していただきながら米沢の義と愛の精神に触れていただきたいものです。

d0129296_21154364.jpgそのためには「しつらえ」が重要で、ひとつには会議に出される水やお茶にも心配りしたいものです。
米沢市水道部の「愛の水・兼続」とJAの「うこぎ茶」を準備しました。

準備していて思ったのは大量購入(40~50本)となると、どちらも気軽に手に入る、というものでないこと。
愛の水、うこぎ茶を広めたいなら流通過程をしっかりすべきです。

また、米沢行政内部でも会議などで出されるのは、市販のお茶だったりして、「まずは地元から」という地産地消の意識からかけ離れています。
会議を主催してわかるのですが、心配りは大切です。

東北各地の青年会議所メンバーをおもてなしの心でお迎えしたいものです。


米沢のドリンク →→→ 「愛の水・兼続」と「うこぎ茶」



d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-27 09:40 | Comments(2)

議案原案3件否決<6月議会最終日>

6月議会最終日で、このときは議案の採決が行われます。
議案、請願及び発議23件中、異議なく原案可決となったのは10件です。
採決の結果、原案可決となったのは8件です。

否決されたのは、請願が2件で、議案は3件です。
議案原案が否決されたのは、昨年12月議会以来で、昨年の議案原案否決は実に37年ぶりでした。

何年ぶりに行われたということは、その後トレンド(傾向)になる可能性が高くなる、と何かの講演会で話したことがありました。
それが現実のものとなりました。

今議会で原案否決された3議案は、
1米沢市置賜総合文化センター設置条例の一部改正
2米沢市青年の家の設置及び管理に関する条例の廃止
3米沢市公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正 です。

いずれも青年の家の廃止に伴うものであり、市側が青年の家を廃止したい理由として、役割が終わった、利用者が少ない、行財政改革というものです。

行財政改革は積極的に進めなければなりません。
しかし、今のように厳しい時代だからこそ米百俵の精神で教育分野に力を入れるべき、と私の一般質問でも述べましたが、まさに青年の家は社会教育にあたります。

さらに社会教育は、地域との協同のまちづくりに寄与し、今後ますます重要性が高まります。
米沢市として協同のまちづくり条例を制定し、行政と市民がともにつくりあげようとしているときに矛盾しています。
また利用者が少ないのは、行政の怠慢です。

社会教育の重要性を認識していれば積極的な「営業活動」ができるのです。
積極的な活動をしていたけど、それでも・・・とうならば考えなければなりませんけど。

いずれにしても、これまでのような議会と行政との慣れ合いではなく、「ナアナア」にならない議会・議員であることを今後も貫いていきます。


慣れ合いでないこと →→→ このトレンドでいくべきと思う



d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-25 00:15 | Comments(3)

箸置きを使ってますか?

議会開会中ですが、最終日を明日に控え本日は休会日です。
とはいっても、いつもながら我らが会派・一新会のメンバーは、会派室に自然と集まり、それぞれの懸案事項を持ち寄り作業などしております。
この会派室での作業というのは、仲間が得意とする分野のことを聞いたりできて効率がいいのです。

会派室での作業をしたり、今週末の米沢での東北地区青年会議所の開催に向けての準備など、さまざまな事に充てたところです。
そんな行動の羅列の紹介はツマラナイので、以前「多くの良い話があり、また後日報告します」としたことについて・・・

それは5月31日に米沢で講演にみえた木村まさ子さんの講演内容のつづきです。

木村さんは「箸置きが家にあるかた?」と聞かれ、大半の聴講者は手を挙げました。
「それでは、いつも箸置きを使っているかた?」には手を挙げる人が激減、我が家もそうです。

食事の際の感謝の気持ちについては、その時のエントリー 『日本の食前の言葉「いただきます」』の通りですが、気持ちを表すのは姿勢を正すことが重要と言います。
姿勢が悪くても感謝の気持ちを持ちながら食べている、というのはありえません。

事実、対人の場合、感謝や敬意を表したい時に、ふんぞり返ることはありません。
食事も一緒、ということです。

さらに姿勢を正して食べること(=感謝すること)によって、食べられた命が食べた命を最大限生かすことになるということです。
つまり、その人の栄養になる、ということです。

姿勢を正して食べることの象徴的なものが「箸置きを使う」ということなのです。
「食」の字は、「人」に「良」いと書きます。
人が良くなるのも悪くなるのも、食は大きく関与しているようです。

  
良い人になるために、まずは →→→ 箸置きを使おう!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-23 22:20 | Comments(0)

景観行政団体を目指して

景観審議会を傍聴してきました。
景観形成については、このブログで何度かエントリーしております。
また米沢の歴史を活かしたまちづくりをすべきとして、景観法を内包している歴史まちづくり法について先の3月議会で一般質問をしておりました。

産業建設常任委員として都市計画審議会委員として、景観形成はタイヘン興味のある分野ゆえ傍聴してきた、という次第です。
傍聴には、我らが会派・一新会としても会派メンバー全員が参加する力の入れようです。

時間の都合で最後まで傍聴できませんでしたが、委員の意見に傾聴に値するものばかりです。

「総論賛成、各論反対とならないように」
「何のためにまちづくりをするのか。市民サイドからの意見が重要ではないか」
「小さな成功体験の積み上げが大きな成功になる」
「リーダーの存在が重要だ」
「視覚にうったえるまちづくり」
「用途地域の見直しまで視野に入れるべきではないか」

どの意見も参考になりました。
議会活動に活かしていきたいものです。


活発な審議会 →→→ 議会活動に活かしたい!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-22 20:43 | Comments(0)

6月は食育推進月間!

農林業振興議員連盟の総会と勉強会に出てきました。
このほかに所属している議員連盟は、学童保育振興議員連盟とスポーツ議員連盟です。

農林業振興議員連盟では、視察や勉強会、農林業団体との懇談を行っています。
今回は勉強会で、「食育推進めの取り組み」というテーマで県の新農業推進課・食育推進主査の齋藤邦仁さんの講演を聴いたところです。
d0129296_1542415.jpg

山形県は食文化、食の宝庫、品質向上など先人たちの努力の賜物。
食材が豊かなだけでは郷土料理はなく、これも先人たちの工夫があってできたもの、と齋藤さんの出だしの話です。

県の食育推進計画、地産地消計画について概要を話されました。
現状分析は的確で、コメを除いた山形県の自給率は22%にしかなっていないことなどを挙げられておりました。
方策も各分野に及び、『一人ひとりが「食」に感謝し、「食」を楽しむ豊かな“やまがた”生活の実現』を基本目標にしております。

食育と地産地消とを車の両輪として施策展開することにより、朝食欠食改善などで子どもたちの学力・体力向上が期待され、農業産出額もアップするなど、いいことづくめ!
毎月19日を家族だんらんの日とし、家族一緒に食事をすることを推奨しております。
いい取り組みです。

食育や地産地消については、かなり勉強してきたつもりです。
(このブログ内でも「食育」「地産地消」で検索すると多数ヒットします)
その上で提案などもしてきましたが、上位団体である県の取り組みと重なるところが多く、自信になりました。

食育は農業をはじめとする産業振興や、教育分野、健康福祉や地球温暖化対策などの環境分野など多岐にわたるうえ、息の長い取り組みであることを心した講演会になりました。


食事は →→→ 感謝しながら家族団らんで。


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/

新しいタイプのセールスレターhttp://123direct.info/tracking/af/150646/qoPEDY7f/
[PR]

by shibuma | 2009-06-20 15:47 | Comments(0)

議会の図書委員!?

補正予算を審議する予算委員会がありました。
8200万円を追加し、本市予算総額を325億5700万円とする内容です。
国からの補正予算が入ってきて、事業を展開することになったことや財源組み換えがメインです。

予算委員長は、我らが会派・一新会の島軒純一議員。
的確に質問の趣旨を捉え、答弁の不備を指摘し、締まりのあった委員長ぶりでした。

さて報告したいのは、予算委員会のことではなくて、予算委員会の前に開かれた議会図書室運営委員会についてです。

議会人事改選で、産業建設常任委員会や都市計画審議会委員になったことは先のブログでも触れました。
その他に、この「議会図書室運営委員会」の委員を望んでなりました。

議会に図書委員???
まるで学校の図書委員会のようです。

というのは、議会への図書室設置は地方自治法に規定されており、必ず設置しなければならないものなのです。
地方自治法100条17項
「議会は、議員の調査研究に資するため、図書室を附置し前二項の規定により送付を受けた、官報、公報及び刊行物を保管しておかなければならない」とあります。

それで前二項とは何か?
15項「政府は、都道府県の議会に官報及び政府の刊行物を、市町村の議会に官報及び市町村に特に関係があると認める政府の刊行物を送付しなければならない」
16項「都道府県は、当該都道府県の区域内の市町村の議会及び都道府県の議会に、公報及び適当と認める刊行物を送付しなければならない」

こういう規定があるのです。
条文だけ見ると政府刊行物だけのようですが、もちろん一般図書購入のための予算措置が取られています。

たとえば、一新会からの提案で「子育て支援シリーズ全5巻」(子育てのノウハウものではなく、行政上の子育て支援で、内容が少しカタイものです)を要求し、委員会で認められたところです。
その他、「ふるさとを輝かせた名将・智将」という、やや柔らかい図書もあります。

さらに大事なのは、これらの図書は誰でも利用できることになっております。
18項「前項の図書室は、一般にこれを利用させることができる」とあるのです。

いま行われている6月議会で、「図書のまち米沢を目指して」と一般質問しました。
議会図書室がその一役を担えるよう、これまでにない議会図書室運営委員会になるよう臨んでいきます。


  
図書のまち米沢を目指して →→→ 議会図書室もご利用ください



d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-06-18 20:04 | Comments(0)

改めて現場主義!<産業建設常任委員会>

産業建設常任委員会、その最中・昼休みです。
議会開会中の委員会は、議案の審査があります。

d0129296_12581433.jpg産建委員会の6月、9月議会の場合、市道の認定と廃止について議案が提出されます。
図上ではわかりにくいため、議案となっている認定と廃止箇所を現地調査してきました。

そのため通常の委員会より早めに議会に集合し、バスで現地を見てきました。
今回議案となるのは、認定が12路線、廃止が3路線です。

写真は公営住宅塩井町団地(左)わきの道路(認定予定路線)ですが、このほか御廟、笹野、万世、東部地区の路線を見てきました。

現場をみて議案にあたることは、臨場感があり、わかりやすくなります。
もとより現場主義で臨んでいますが、改めて大切な作業だと認識したところです。

  
事柄は会議室で起きているのではない! ↓↓↓
                  現場で起きているのだ!!


d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-06-17 12:59 | Comments(0)

頼りになる人たち <14分団消防演習>

14日(日)、第14分団消防演習がありました。
昨年は山火事を想定しての火災防御訓練でしたが、今年は住宅地での訓練でした。

場所は上郷・川井地区でも、上谷地と新谷地町内です。
名前のごとく、30戸ほどの新しい住宅地です。
新たに地域に住んでいただくうえで、地域に頼りになる消防団があることを理解していただける機会になります。
(もちろん放水は、住宅地内の林へ向けて)
d0129296_6341875.jpgd0129296_6343623.jpg






有事のときにもパニックにならないように、身近なところで演習があることも有意義です。
演習を毎年続けることにも敬意を表すべきことですが、更に想定や場所を変え住民の意識の向上と、団員の地理的理解にも役立つ素晴らしい活動です。

火災防御訓練の後、グランドでの小隊訓練や模範操法も実にきびきびしていて、頼りになる上に、安心感がえられるものでした。
上郷地区には3人の市議会議員がおり、持ち回りで挨拶することになっております。
今回の演習で、挨拶する番に・・・
d0129296_6345676.jpg

率直に思うところを述べ、敬意と感謝の意を表しました。
今後も研鑽を積まれ、地域市民の安全と安心に寄与されますよう願います。

    
消防団 →→→ 地域の安全と安心!



d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください


城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-06-16 06:40 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line