チェック機能 <一般質問最終日>

一般質問最終日、我らが会派・一新会からは鳥海隆太、工藤正雄両議員のほか3名が質問に立ちました。

鳥海議員は、質問トレーサビリティという手法の生みの親。
質問した事項を質問しっぱなしにせず、繰り返し質し、進捗状況や成果を確認するものです。
私も、一般質問では質問トレーサビリティを使いませんが、予算委員会や決算委員会で確認や進捗状況を尋ねるという真似をしています。

さて早速成果が表われようとしております。
土地開発公社の塩漬けの土地を利活用しようと追求しておりましたが、芝生のサッカー場建設を今年度3月までに方向性を出す、という答弁を引き出しました。
質問トレーサビリティの成果です。

工藤議員はまさに「心」の質問。
工藤議員は市長を応援してきただけあって、市長が選挙戦で言った「私を信じてください」という言葉をどの程度信じていいのか、と質しました。
それくらい現在の市長の市政運営は???なのです。

昨日島軒議員は、市長のマニフェストで「1年以内に大都市に米沢の農産物などの物販をするアンテナショップをつくります」とあったのに対し、その成果が出ないことは公約違反でなかったのかと質問しました。
この公約を実現してほしかったからこそ島軒議員も3月、6月、9月議会に質問トレーサビリティを展開していました。

1年が経ったこの12月議会で問うと、担当部長が「私の責任です」と部長に言わせる始末。

本来マニフェストをつくった張本人であり、市政の全責任者が「できなかったのは市長である私の責任です」というのがリーダーたる資質なのが、部下に言わせてしまう上司・・・

それを工藤議員が、全責任は市長と言うべきではなかったかと質問すると、市長は「担当部長は謝るべきでなかった」と言います。
開き直り、というので済まされない大問題なのです。

何が大問題か?
市執行部は一体のものであり、市長と部長とで意見の相違はあってはならないのです。
それを覆す執行部内の不一致、ありえないことです。
(ありえるのは、かの将軍様の国や共産主義国家ならアリでしょうけれど・・・)

改めようとする議員がいて、チェック機能が働いていることだけが救いです。
さらに議員の議会活動をチェックする市民がいて、より良いまちづくりをしていきたいものです。

工藤正雄議員のブログ[kumaログ]はこちらから↓ http://localeast.blogmura.com/yonezawa/

鳥海隆太議員のブログはこちら→ http://www.tori-umi.com/


              ↓↓↓ ぜひご覧ください ↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 米沢情報へ ←山形県情報あらため、米沢情報に参加しました

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へ   ←他の議員や公務員ブログ
d0129296_23241543.gifd0129296_0103332.gif  
←経済・時事問題ブログ

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2008-12-09 23:14 | Comments(9)
Commented by ふじた at 2008-12-10 05:39 x
渋間議員は憤慨されている部分もあるように感じられますが、質問で追求する、できなかったという答弁を引き出すというのは本来の民主主義の議会の姿のようで、とてもいい傾向だと思います。そして、国政や日本のマスコミの場合、こういうとき「犯人探し」をして、それで終わってしまうのですが、先進的な米沢議会さんにご提案です。なぜ、できなかったかの原因を考えて、どうしたらできるようになるかを相談したらいいかと思います。「忙しくてできませんでした」→「他に優先的なことがあったのか?それは何か」「忙しさを解消する方法は、担当課の人員増か?業務量の削減か、システムの根本的な見直しか?等など」
執行部側に(案)を考える能力がなければ、質問者の方が具体的な対案を考えて、実現を迫る、とかです。ご参考までに。
Commented by shibuma at 2008-12-10 08:07
確かに「どうしていれば、できていたんでしょうねぇ?」と相談するように問うのも手段ですね。できない理由はさまざま挙がってくると思います。
心がけているのは、提案型の質問であることです。というかこれまでの質問すべてでそうしてきております。
他の議員もだんだんそうなってきているようです。その上で実現を迫る、参考にさせていただきます。
Commented by 教えてください、ふじたさん at 2008-12-10 21:58 x
 ふじたさんはどちらかの自治体の職員でしたね。ふじたさんのところは、一時金は引き上げになったのでしょうか?やっぱり、渋間議員の意見に賛成ですか。
Commented by 市役所職員のお友達 at 2008-12-10 22:06 x
 城戸教授に言っといてください。市職員のボーナスあげるなっていうけど、あなたのボーナスも高すぎ。これも私たちの税金からでているのですから、自分のこと棚に上げるのは、どうもいただけないんじゃないの、と城戸教授にお会いしたら渋間議員からきつくいっといていただけませんでしょうか。お願いいたします。
Commented by 渡部 at 2008-12-10 22:51 x
市職員のお友達さん>>
なた冷静ですか?一市民として、一納税者としての書き込みですか?もし、この度のバカ市長のボーナスアップの提案が議会通れば2500万近くの支出になるのですよ、考えたことありますか?税金は職員のための税金じゃねーよ。よっくと考えて書き込みしなよ!!!訳もわかんなくて中途半端に市民を煽るような書き込みしてんじゃないよ。僕。
Commented by じ~こ at 2008-12-11 01:11 x
城戸先生のボーナスが出ていますが、あの方は非常に貴重な方です。
世界にまたがり有機ELの本当のパイオニアとしてしかも米沢で活動しているのです。
有機ELは世界中で最も注目を浴びている新事業の一つです
今は液晶TV等が注目されていますが、いずれ大規模な市場が約束されています

米沢にとって唯一残された希望といってもいいのです

渋間さんに失礼な話になるかもしれないですが、市会議員のボーナス云々の問題とは全く次元の異なる話です
Commented by 匿名N at 2008-12-11 13:15 x
「ブログは読ませてもらっていますが、書き込みはしません」
このように言い続けていたものですが、初めて書き込ませていただきます。

今回の15人の一般質問は、TVで半分くらい見ました。

島軒議員の時の市長答弁。最低です。怒りを通り越してあきれる。
そしてその発言を受けての工藤議員の時の市長答弁。さらに酷い。

市長自身が、市長として「市役所職員のトップ」と言う立場と「市民のトップと言う立場」と述べました。
しかし、議場における一連の発言は、市民との約束を破って謝らず、かつ部下のせいにして逃げるというもの。
まさしく自己矛盾でありましょう。

工藤議員は「3年後には審判が・・・」というお話をしていましたが、私はいっそ解職請求でもした方がいいんじゃないかとさえ思いました。

渋間議員・一新会の各議員の皆さん。
どうか、米沢市をいい方向に向かわせる力になって下さい。
変えるのは市民、我々も共に歩んでいかなくては。という思いで、今後も応援させていただきます。
Commented by shibuma at 2008-12-11 21:32
多くのコメントをいただき、ありがとうございました。
本来ならばお一人お一人に返信コメントすべきですが、それもままならず、ここ数日のコメントでいただきたことを一つひとつ思いながら書こうとするとひとつの記事が書けるほどです。
そこで明日のブログ記事は「一括返信コメント」として、思うところを記事にすることによって返信にかえたいと思います。よろしくです。
Commented by ふじた at 2008-12-11 23:18 x
>教えてください さんにお答えします。
私は新潟県内にある自治体で職員として働いております。渋間議員とは学生時代のご縁です。また、一時金ですが、アップはありませんでした。給料の問題はデリケートだと思います。
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line