教訓としての妖怪<ゲゲゲの鬼太郎と妖怪不思議ワールド>

米沢市立博物館・伝国の杜の企画展「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪不思議
ワールド」に行ってきました。今回の企画展は7月19日~9月15日
までで、前回、高橋まゆみさんの創作人形展は開催日時を残さないで
小ブログで取り上げた反省もあります。
d0129296_17412028.jpg

いつもならば会場内は撮影禁止なのですが、フラッシュなしでの
撮影OKの場所もあります。鬼太郎やヌリカベといっしょに撮影でき、
子供と一緒に楽しめるような工夫になっています。
d0129296_1742086.jpg

人気アニメにまつわる妖怪にとどまらず、世界そして日本や東北の妖怪が
紹介されています。世界の鬼の面というのもあって、洋の東西を問わず
時代を問わず、妖怪というものを恐れたり、教訓にしているのが
伺い知れました。天狗やなまはげは、自然信仰に基づいていたりします。

科学がものすごく発展した時代であっても、妖怪というものを
人は作り出しています。何か恐れるものが必要なのです。自分ひとりで
生きているのではなく、人に生かされて生きている自分なのだ、という
ことを暗に教えているのではないでしょうか?

娘には我が家だけ通じる妖怪がいて、言うことを聞かなかったりすると
その妖怪が来るよ、と脅して大人しくさせています。聞けば同じ世代の
親も同じようにしていることに笑ってしまいました。

見た人がそれぞれの思いになるであろう妖怪ワールドをぜひご覧ください
ますようご案内します。

他の議員や公務員、山形県情報(さいとう弘 県知事のブログ等)
経済・時事問題ブログもご覧ください
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へ にほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へ

d0129296_23241543.gifd0129296_0103332.gif


伝国の杜・米沢市上杉博物館ホームページ
[PR]

by shibuma | 2008-07-22 17:49 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line