1等米と2等米の違いは?勉強不足の当局 <予算委員会>

6月定例議会も最終版です。予算特別委員会がありました。
一般質問のときには時間の制約上、伝えきれなかったこともあり、
予算委員会でも学校給食の完全米飯について質したところです。

学校給食の米飯推進のために市単独でも補助をしているところですが、
この補助の仕方が問題です。1等米と2等米の差額を補助し、1等米を
子どもたちに食べさせようとするものです。

いいことではないか、そう思われるかも知れません。しかしそう単純では
ありません。そこで私は、なぜ1等米なのか?1等米と2等米の違いは何か?質問したところです。

答弁は「2等米よりおいしい1等米を食べてもらうために、差額の補助を
している」というのです。何もわかっていない農林行政の事実上のトップの
答弁がこれでは、米沢の農家は不幸です。

1等米と2等米の違いは形状の違いです。味の違いではありません。
目視による検査で、100粒ある米のうち、70%形状よいものは1等米。
60%では2等米なのです。2等米でも味には変わりありません。だから
価格的には60kgあたり600円しか変わりありません。

実際ほとんどの2等米は65%ぐらいが形状の良いものとされています。
まっすぐなキュウリと少し曲がったキュウリみたいなものです。
調理すれば同じなのです。


教育委員会は米飯給食を増やしたいと思っている、としながら農林課が
このような間違った解釈で本質をとらえていない補助をしているため、
米飯給食を増やせない状況があるのではないかと考えられます。

形よりも質と価格という価値観に改めるだけの同額補助で、300人規模
の学校で完全米飯給食をモデル的にも実施できる計算なのです。

そのように指摘すると、後になって1等米と2等米の違いについて誤った解釈であったと訂正していました。勉強不足の当局に怒りも新たになります。

農林課にしても教育委員会にしても、間違った解釈と矛盾だらけのことを
平然と行っています。これを指摘し、改めていかなければならない決意です。

他の議員や公務員、山形県情報(さいとう弘 県知事のブログ等)
経済・時事問題ブログもご覧ください
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へ にほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へ

d0129296_23241543.gifd0129296_0103332.gif
[PR]

by shibuma | 2008-06-23 20:21 | Comments(2)
Commented by マリネラ国王 at 2008-06-24 02:46 x
一等米ばかり炊くのがおいしいとも言い切れず、二等米がまずいとも言い切れず、なかなか難しいところです。ちなみに新米ばかりで炊くより、古米を何割か入れて炊くほうがおいしく炊けるような気が。お米屋さんでもいろいろなお米をブレンドして売っているそうです。もし学校給食に使うのならば、標準米でよろしいのではないかと思います。もし地域で安く手に入るものがあればそれを使うのが一番よいのではないでしょうか。なにも贅沢をする必要はありません。どのようなお米でも炊き方しだいでおいしくもなり、まずくもなり。すべての米粒は神仏のたまもの。そして機械化で昔に比べて手間が減ったとはいえ一粒づつに心血を注いで作られることに変わりなく、その手間に一等も二等もないことをお知り置きください。
Commented by shibuma at 2008-06-24 08:45
マリネラ国王さん、嬉しいコメントありがとうございます。
学校給食は標準米でよいこと、地域のもの、贅沢する必要なしというご指摘、励みになります。親から1等米が良いではないか!と言われそうで少し不安でした。ブレンド、炊き方についての考え方、勉強になりました。
特に「米粒は神仏のたまもの、農家が心血を注いで作った米に1等も2等も変わりない」のお言葉、しっかり学びました。このことを旨に事にあたっていきます。
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line