「根本的に」を基本姿勢として臨んだ質問 <結果報告>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。

直前のブログでは2月定例会・予算委員会で質問に立つ旨、お知らせしておりました。
結果の報告もしなければなりません。
d0129296_1628621.jpg

県議会の予算委員会は一般質問と違い、一問一答形式で私・渋間には合っているようです。
質問者席で質問。
d0129296_16282619.jpg

執行部が答弁。
d0129296_16284314.jpg

答弁を聞き、再質問に備えます。
d0129296_1628565.jpg

答弁に基づき再度、質問をする、という繰り返しになります。
d0129296_16291298.jpg

さて、問題は中身です。
メタンハイドレートについては、予想通り、あまり前向きな答弁でありませんでした。
ただ、今般の28年度予算に計上されている「エネルギー戦略プログラムの中間見直し」にメタンハイドレートを明確に掲載し、検討していくという答弁で、少しは前進したものと思っております。

三世代同居については、住宅への手だてが主な対策で、これは国・政府も行おうとしており、三世代同居日本一の山形県としては、政府と同じでは声高に成果として言える施策にはなりません。
家族がバラバラになったほうが、「個人」として児童福祉にしても高齢者福祉にしても行政の恩恵が受けられることになります。
家族が頑張って孫、あるいは年寄りの面倒をみようとしたときに、まったく行政からの支援も何もないのです。
そこで家族に光が当たるような制度展開が必要である、としたところですが、意味不明な答弁ばかりでした。

国語教育、日本語教育の重要性については、前の二つの質問に時間が割かれて質問しないで終わりました。
次回にするとしても、なぜ、この日本語教育の重要性について質問しようとしたか、申し上げました。
これも今般の予算案に「グローバル化に伴い、英語教育の充実」として計上されておりました。
グローバル化だから英語、というのは短絡的で、むしろ日本のこと、文化や歴史をきちんと教育すべきと考えております。
言葉とは文化を伝えるものだから、やはり日本語・国語教育なのです。

といったところですが、全般的には思いを十分に伝えたと感じております。
予算委員会室前のロビーで傍聴にお越しいただいた皆様と質問直後の写真を撮り、様子のように傍聴にお越しいただいた方々からも同じ感想が聞かれました。。
d0129296_1630238.jpg

小ブログで私・渋間の拙い文章でお伝えするよりは、数日後には県議会のホームページに録画中継で様子が見られることになりますので、是非のぞいて見てください。

いずれにしても、引き続き、県民の負託に応え、根本的な改題解決に結びつくよう、さらには県民が夢や希望が持てるような県づくり、ひいては国づくりを目指して議会、議員活動をしていくつもりです。

県政には、⇒⇒⇒ 根本的な課題解決が必要と思う。

(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                
[PR]

by shibuma | 2016-03-05 16:32 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line