居眠り米沢を叩き起こせ!<遠藤武彦先生からのエール>

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← にほんブログ村にエントリーしております。
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

直前のブログは「選挙が始まった」、さらにその前は「総決起大会を行った」というものでした。
ネット選挙というのに、あまり利用していない私・渋間です。

総決起大会では、私・渋間の師であり、秘書が代議士のことを「おやじ」という習慣があって年齢からもまさしく親父である遠藤武彦先生のエール・メッセージをいただきました。

総決起大会のブログの後にすぐ、更新すればよかったのですが、いま選挙中の個人演説会でも遠藤武彦先生からのメッセージを披露しているので、ブログでも・・・

遠藤武彦からのエール

渋間かすみ君、渋間君よ
君は米沢の生まれでもない
まして 米沢の学校を出たわけでもない
だが しかし 米沢に家庭を持ち 家も持った
米沢のこの地に根を下ろすというのだろう

代議士秘書として十有余年
後藤源先生の下(もと)で修行すること8年
米沢を知り尽くした君よ
ある意味では 生粋の米沢人よりも
君は 米沢を知り得たかもしれない

だから 君に訊(き)く
なぜ米沢は10万都市から8万なのだ
この10年で2万も人口減とはなぜだ
この米沢は そんなに暮らしていけない所か
この米沢は そんなに住みにくい所なのか

なぜか
眠っているのか 否 昏睡(こんすい)しているのか

誰だって この米沢をもっともっと良くしたいと思っている
住みよい町にしたいと思っている

渋間かすみ 渋間君よ
君の若さと行動力で
居眠り米沢を 目を覚(さ)まさせよ
昏睡から叩き起こせ
何よりも お年寄りと子どもが元気な町にすることだ

お年寄りは国の宝
子どもは未来の宝 というではないか

お年寄りと子どもが大切にされ 元気な町は永遠に活気がある
お年寄りと子どもを大事にする政治

そして 女性が元気な町
女性こそが地域を活性化させる平成の時代なのだ

この米沢に根づき
この地 米沢を活かさんがため
この地に来たりて起ち上がった
渋間かすみ 渋間君
共々に手を握り合って
米沢の未来に向かって進もうではないか

お一人 お一人が
渋間かすみ後援会長 幹事長となってくださいまして
渋間かすみをして
この米沢の地に埋(うず)もれさせよ

さあ あなたよ
明日から 否 今晩から
より多くの人に声をかけ
「シブマ タノム」と言ってくれ

若いから 未熟ではあるが
そんなことは 仲間じゃないか
みんなで厳しく育てていこうではないか

そのつもりで
あなたも ここへ おいでくださったのではないか

渋間よ 感謝に敵無し 反省に卒業なし
この米沢の地に しっかりと根を下ろせ

渋間佳寿美を倅(せがれ)とも思う  遠藤武彦より

d0129296_0452961.jpg

エール・メッセージを頂いて読んだとき、目頭が熱くなり、喉がつまりました。
読み返しても、今こうやって書いているときも、そうなります。

覚悟も新たに、眠っている米沢を叩き起こすための私・渋間とその仲間の戦いである山形県議会議員選挙の真っ最中です。


渋間かすみよ、 ⇒⇒⇒ 眠っている米沢を叩き起こせ!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
にほんブログ村 ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓
↑参加カテゴリーを政治家(市町村)から政治家(都道府県)に変更しました。

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                
[PR]

by shibuma | 2015-04-08 00:48 | Comments(2)
Commented at 2015-04-12 09:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shibuma at 2015-04-15 22:15
kytk7290さん、心あたたまるコメント、本当にありがとうございまいした。
ネット選挙と言われる中、あまり活用せず、コメントへの返信も、当選後のブログ更新も、いまごろです。
よって選挙の手ごたえどころか、結果がでてしまってからの返信ですみません。お陰様でした。ありがとうございました。
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line