新憲法を!<日本会議・山形県地方議員連盟設立>

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← にほんブログ村にエントリーしております。

ブログ更新を今後はマメにしますと記し、またそう思いながら、気がつけば前回のエントリーから1週間も経ってしまいました。
この間、衆院選に向けた活動や議会、福島市・伊達市議会の友好会派との広域研修会などもありました。
風邪をひいてダウンした日があり、ブログに着手できなかったのは体調不良で気持ちによるところが大きいです。

さて体調を整えた週末、日本会議・山形県地方議員連盟が設立されました。
設立準備に関わってきただけに、感慨深いものがあります。

なお日本会議とは真正保守を標榜し、次のような日本を目指そうとするものです。
・美しい伝統の国柄を明日の日本へ
・新しい時代にふさわしい新憲法を
・国の名誉と国民の命を守る政治を
・日本の感性をはぐくむ教育の創造を
・国の安全を高め世界への平和貢献を
・共存共栄の心でむすぶ世界との友好を

日本会議は提言する団体であり、実際、先の9月には国会で、領海警備強化法案が成立し、尖閣諸島を守る国民運動に大きな一歩となりました。
そういう日本会議の地方議員連盟を山形県にも!という機運になり、ようやく今月設立の運びとなったのです。
d0129296_22193046.jpg

記念すべき山形県での設立にあたり、講演会が催されました。
講師はジャーナリストの桜井よし子さんと日本大学教授の百地章先生です。
桜井さんは『「誇りある日本」を次世代に伝えるために』百地さんは『尖閣防衛危機と領土問題』で、素晴らしい講演でした。

共通していえるのは、新憲法の制定の必要性です。

そもそも今の憲法は、占領軍による押し付けられてできた憲法で、日本の弱体化を目指したものです。
憲法前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあります。

日本の隣国は、およそ公正と信義を信頼してよいのか甚だ疑問がある国ばかりで、日本国民の生存をそんな前提に任せて良いのでしょうか?
そんな前提(=諸国民の公正と信義)は既に崩壊していることは、尖閣諸島や日本の領海領土をめぐる一連の暴動事件などで証明されております。

ここは新しい憲法について議論する必要があるのは言うまでもありません。
衆議院が解散され、総選挙となります。
報道では枝葉のようなことが選挙の争点として取り上げられておりますが、国家の根幹となる憲法についてどう考えるのか、本来の争点であるように思えてきた講演会そして議員連盟の設立となりました。

次の総選挙の争点は、 ⇒⇒⇒ 新憲法制定!と思う。
(↑↑↑ そう思う、という方はクリックを!多くの方の目に触れる機会になります)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 米沢情報へ
にほんブログ村 ← 米沢の情報はこちらのブログから

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ← いろんな方のブログもご覧ください↓↓↓

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
                     フェイスブックご登録の方↓↓↓ 
[PR]

by shibuma | 2012-11-25 22:21 | Comments(0)
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line