日本一高い山は富士山。二番目は?

日本一高い山は富士山。
世界一高い山はエベレスト。

それでは日本で二番目に、世界で二番目に高い山は何でしょう?
みなさんは、おわかりでしょうか?(大丈夫です、ほとんどの人が知りません)
d0129296_2203513.jpg

そんな話で始めた一般質問に立ちました。
実はこのクイズ、質問の内容に大いに関係しております。
(質問について記す前に、本日傍聴にお越しいただいたことに感謝申し上げます)

質問内容については、事前に報告しました。
一般質問内容の事前報告をご覧ください。

国の事業仕分けで、米沢にも大いに関係している科学技術振興策が相次いで廃止とされております。
その象徴的なものが世界一を目指すという次世代スーパーコンピューターの開発費が廃止とされ、その理由が「世界で2番目でいいんじゃないか」「追従でいいんじゃないか」という、あまりにも愚かなものです。

日本で二番目に高い山の話ではありませんが、2番では、ほとんどの人が知らないのです。
1番が持つ圧倒的な知名度、1番ゆえに産業界では市場シェアの多くを占めることができるという優位性をもつことができるのです。

そんなことも理解できない国の事業仕分けで、国家に損失を与えようとしております。
同じようなことが米沢市政にもあてはまります。

さまざまな提案をしても「後発の優位性」とかいって、先進的取り組みや1番が持つ優位性を理解できていない現政権と同じ米沢市政です。

事実、先の9月定例議会一般質問で「住民公募債」の提案をしました。
やらない、という論拠をすべて覆したにもかかわらず、「後発の優位性」という論拠にもならないことで、やらない理屈にしておりました。

今回も提案型の質問なので、得意の「後発の優位性」が出てくる可能性がありました。
肝心の答弁はどうかというと、そうでもなくて、前向きなものでした。

それでも提案のLLPについては、「米沢市LLP創設日本一」を目指そうとしたので、日本一はどうかと問うと、ここまでは前向きにはなれないようだ。
やるなら日本一なのだ!
でもまあ、前進した感じ・・・

なお日本、世界で2番目に高い山の答えですが、
日本2番目に高い山は北岳。
世界2番目に高い山はK2という山です。


  
1番とは →→→ 圧倒的な知名度、優位性がある

 

d0129296_23241543.gif にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ←いろんな方のブログをご覧ください

城戸淳二教授ブログ http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/
じ~この台湾情報 http://velvetofficial.blog71.fc2.com/
[PR]

by shibuma | 2009-12-09 22:02 | Comments(8)
Commented by ふじた at 2009-12-10 06:35 x
とっても面白い話ですね。他のところで使わせてください。ところで、事業仕分け。2番では意味がないというのはその通りあと思います。せっかく節約したのに節約した金額以上に財政出動するというのでは、矛盾もいいところ。自己否定そのものですね。何のための事業仕分けかと言いたいです。昨今の政治状況を見ると、来年夏の参議院選の結果は今から決まったような気がしています。
Commented by shibuma at 2009-12-10 21:59
日本で2番目の山は?の話、どうぞ、使ってください。
事業仕分け、政治的にもマイナスですが、実は経済的にとってもマイナスです、実体経済として。政治的にマイナスなのは、それこそ政治ですから人々の感情が左右しますが、経済的にマイナスなのは、国民生活に直結するからタイヘンです。生活が第一、というキャッチコピーがありましたが、遠い昔の話みたいに思えてしまいます。
Commented by じ~こ at 2009-12-12 01:29 x
2番煎じ・・・

納得できませんね
Commented by shibuma at 2009-12-12 21:22
2番煎じ、どころか米沢市政の場合、ラストもラストのほうを行こうとしております。ブログ本文にある住民公募債は、国による緩和がなされてから10年近くになります。今年ようやく財政指標で健全化レベルになった米沢なので、この機会に住民公募債を提案したのでした。なのに・・・後発の優位性、という答弁。他にもビックリするようなことが安部市政で行われております。
Commented by 腹黒 at 2009-12-14 10:32 x
この話がでてきて、よくよくこの日本というのは「競争社会」という
ギスギスした世の中になったものだと嘆かわしく思う。
科学者、物理学者、数学者、どんな人でも一番になること、つまり
競争して相対的な優位を持つことを目的にしているわけではない。
興味から探究になり研究になり、そして成果が花開く。そして結果として
その成果が世界で一番だったと認められたということでしょう。
あの民主党のレンホーとかいう人間に、それら研究者たちの努力が、
ただの「競争での一番」として一蹴されてしまうのが悲しいというか虚しく聞こえて
仕方が無い。研究は理解されていないことへの探求であり、決して競争ではない。
輝度教授は決して一番をめざした訳ではないと思う。有機ELの可能性を発見し、
追求した結果として、世界で一番と認められたということではないか。
競争するための研究なんて、決して一番にはなれないということは歴史も語っている。
Commented by shibuma at 2009-12-14 22:11
腹黒さん、コメントありがとうございます。ご指摘のように、レンホーさんが研究者の分野にも1番の話を持ち出したための議論であります。
研究者が研究を重ね、成果を出す。その成果が今度は競争にさらされるこというパラドクスもあります。一方、1番とか成果としてわかりにくい研究もあります。『国家の品格』の著者で数学者の藤原正彦さんが、「数学は直接的・即効的には役に立たないけど、役に立たないことを一生懸命やっている国は国力があり、将来的に生き残る国になる」と、確かこんなふうに書いておりました。直感として理解できます。
研究分野での例えを出したことについては誤解があったと思います。しかし、競争社会について思うところは、好むと好まざるにかかわらず、自由と民主主義の世界で競争はあるとうことです。市場における優位性を確保するために1番を目指すことになります。そういう競争社会にあって敗れた人でも再出発できるようセーフティネットを張るために、市場での勝利者からの利益の再配分をキチンとする、という考えを持っております。今の政治で問題なのは、利益の再分配の仕方であり、再分配できる人の元気まで失わせようとしていることです。
Commented by 腹黒 at 2009-12-15 13:25 x
誤解があるといけないので。
同じこと言ってます。
あんな幼稚な議論で、貴重な研究を止めさせるという暴挙。
地方のためになる?などという当事者(地方人)でないくせに
勝手な理由をつけて予算をカットしていく様子をみていて
民主党に将来は無い、できれば年内で終わりにしてもらいたい。

そう思っただけです。
Commented by shibuma at 2009-12-15 20:33
確かに、よくよく読み込むと同じ意見だとわかりました。ご指摘ありがとうございます。冒頭の「競争社会というギスギスした世の中・・・」が脳裏にあり、一部誤解がありました。
本当に地方のためにも国のためにもなっていない政権はスグ退場してもらいたいものです。
いずれにしても、コメントを通じて有意義な考察になりました。今後もコメントよろしくお願いします。

追 「腹黒さん」と返信するのに躊躇してしまうコメントネームです。余計なお世話かもしれませんが、変えてみませんか?
line

山形県議会議員 渋間かすみのブログです。議会や議員活動の報告をしていきます。


by shibuma
line